豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
投稿
  • HOME »
  • まるこBlog

まるこBlog

豊田市の丸子歯科 職場体験実習/おやつの影響

『職場体験実習』

こんにちは。丸子歯科スタッフ 鈴木です。

6月15、16日の2日間、今年も丸子歯科に職場体験実習に梅坪台中2年男の子が2人来てくれました。

梅坪台中2年男の子

1日目は、歯医者の器具を消毒したり、片付けしたり、薬品の味見をしてり・・・と緊張の中頑張っていました。
2日目は自分の歯型を採ってマウスピースを一緒に作ったり、お互いにムシ歯のチェックをしたりと多少慣れたのか笑顔も見られる様になりました。

歯型を採るのは、結構大変で苦手な患者さんもたくさんいらっしゃいます。
2人も「気持ち悪い!」とかなり苦戦している時に「もっと小さい子たちもやるよ」と言ったら、すごく驚いていました。

2人になぜ職場体験に「丸子歯科」を選んだのか?と聞いたら将来、医療に携わる仕事に就きたいと言っていました。

職場体験実習 職場体験実習

今日のこの体験学習が二人にとって、少しでも将来の参考になったら嬉しいと思いました。

『おやつの影響』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ 内田です。

皆さんは、どれくらいの頻度でおやつを食べていますか?
ムシ歯予防を心がけていても、おやつを食べる回数や飲み物の影響を見過ごしていることがあります。
砂糖はムシ歯の好物です。
お米など穀物に含まれるデンプンも糖に変化しますが、砂糖のリスクは、より大きなものです。

ムシ歯になりやすいおやつは、糖分が多く、歯に付きやすいです。

・キャラメル
・チャコレート
・ウエハース
・ジュース類
・イオン飲料
・チョーブ入りアイス
・クッキー
などがあります。

ムシ歯になりやすいおやつ

逆に、ムシ歯になりにくいおやつは・・・

・おにぎり
・おせんべい
・果物
・チーズ
・無糖ヨーグルト
・ゼリー
・焼き芋

などがあります。

ムシ歯になりにくいおやつ

小さいお子さんのおやつを選ぶときは、できればむし歯になりやすいおやつを避けるとムシ歯のリスクが少なくなります。

豊田市の丸子歯科 お口のトラブル/なた豆効果

「お口のトラブル」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ日比野です。

皆さん!お口のトラブルはありませんか?
歯ぐきから血が出る、咬むと歯やあごが痛い、口臭がするなど悩みは人それぞれです。

これらの悩みは、細菌と咬みしめが原因です。
歯を失う三大原因は・・・
1位歯周病
2位ムシ歯
3位破折です。

破折とは、歯が折れたり、ヒビが入ることです。食べ物の入口でもあるお口の健康を保つ事が、体全体の健康の第一歩です。
歯やあごにトラブルがあると、食べ物を十分に咬めず、結果的に胃腸の負担になります。腸は最大の免疫器官とも言われる程、免疫力と深い関わりがあるので、胃腸に負担をかけると免疫力の低下を招きます。

トラブルのもとである細菌のコントロールと咬みしめを意識することで、悩みを軽減し健康を保ちましょう。
お口に悩みについて、詳しくは

歯周病
口臭
かみしめぐせ」ここをクリックしてください。

歯とブラシ 困った歯

「なた豆効果」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ大橋です。

5月に入り、新しい環境にも慣れたころだと思います。ストレスや緊張の連続。
そんな時、気をつけたいのが口臭です。

新たな出会いも多いはずです。そこで、最近よく耳にするなた豆!!

なた豆

私も気になり使ってみました。
使って見たのはこちらです(下の写真です)

なた豆

気になる味は、普通のミントフレーバーを少し苦くした感じです。
磨いたあとのお口はさっぱり。人によって感じ方は違いますが、私の感想としては、使い続けると朝起きた時のお口の中に違いを感じられました。

ハミガキ粉だけでなく、なた豆茶も注目されています。
ただし、なた豆については、余り学会発表や、文献がでていないため今後の評価を待ちたいと思います。

豊田市の丸子歯科 職場復帰しました

『職場復帰しました』

こんにちは。丸子歯科スタッフ矢頭です。

昨年12月から約7年ぶりに、また丸子歯科で仕事をさせてもらう事になりました。院長先生をはじめスタッフの皆さんが、温かい笑顔で迎えて下さってとてもありがたいと思いました。

2人の娘の母親になり、以前にも増して小児治療や、虫歯予防などに関心を持つようになりました。これからお母様方と予防方法のご相談をしたり、お子さんのお口の健康に少しでもお役に立ちたいと思っています。

子供のはみがき

患者さんに、安心して笑顔で返って頂けるような応対の出来るスタッフを目指して頑張って行きたいと思っています。

歯のイメージ

豊田市の丸子歯科 デンタルショーに行ってきました

『2015中部日本デンタルショー』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ藤沢です。

2月22日(日)に吹上ホールで行われた、中部日本デンタルショーという最新の歯科医療の展示会へ、スタッフ18名行ってきました。

デンタルショーに行ってきました デンタルショー

午前中は、”子育て歯科”~歯並びのよい子に育てる~という講演を聞きました。歯並びは親の遺伝もありますが、子育ての段階でもいくつかポイントになるお話がきけました。

午後には、各企業が展示している最新の歯科グッズや、器具を見て周りました。当院でも取り扱っている音波振動歯ブラシ「プリニア」を体験し、口の中がスッキリしたのを実感でき、その場で購入しました。
どういった物か気になる方がいましたら、置いてありますので声をかけて下さい。

デンタルショー デンタルショー

豊田市の丸子歯科スタッフ中井です。

私も皆と一緒にデンタルショーに行き午前中の”子育て歯科”についての講演を聞きました、大人になってきれいな歯並びにするには、乳歯の歯並びがキレイであることが条件だそうです。
そのためには、ご飯を食べる時に足場を作り、咬む力を強くするなど、子育てをしていく中で出来る工夫がありました。
興味深く、ためになるお話が聞けました。

講演が終わってから、スタッフの皆でサッポロビールで有名な浩養園に向かい、お昼ご飯を食べました。食べ放題で美味しかったので、食べ過ぎてしまいました。スタッフ皆で、和気あいあいと食べるご飯は、格別でした。

今回学んだことを含め、皆さんのサポートをしていきたいと思いますのでどんなことでも、気軽にご相談下さい。

午前中の"子育て歯科"についての講演を聞きました 浩養園

豊田市の丸子歯科 お口から始まるアンチエイジング

『お口から始まるアンチエイジング』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ中川です。

今、「おもいっきり」を楽しめていますか?いつまでも若々しく、やりたいことをしたいですよね。年齢を重ねると、歯がこすれて短くなったり、歯と歯ぐきの間にすき間ができたり、歯ぐきが痩せてきたりすることがあります。
しかし日頃からケアをしていれば、歯が抜け落ちることなく、一生自分の歯で「おもいっきり」を楽しめる可能性が広がります。

この「おもいっきり」は、「話す」「食べる」「笑う」という口を動かす動作が基本です。口の中をいつまでも良好な状態に保つためには、適切なセルフケアして、定期的プロケア(医院でのクリーニングなど)を受けることがとても大切です。
口元が美しく健康的だと顔全体の印象が明るく見えると言われています。

これからも健康的で明るくいるために、体の定期検診と共にお口の検診を受けることをおすすめします。きっと長い目で見ると、お口のアンチエイジングにつながりますよ。

アンチエイジングについて詳しくはこちら>>

『歯を溶かす酸蝕症について』

こんちには。豊田市の丸子歯科スタッフ高岡です。

酸蝕症とは、食べ物や飲み物に含まれる酸によって歯が溶けることをいい、虫歯、歯周病に次ぐ第3に歯科疾患と言われています。

国内では、成人の約6人に1人が酸蝕症に羅漢していて、健康志向が高い人ほど多く見られる傾向があります。
酸蝕症は飲食の変化で増加しており、

1、運動時はスポーツ飲料で水分摂取をする。
2、柑橘系の物を毎日食べる。
3、朝晩、黒酢ドリンクを飲む

などの健康のための習慣ですが、逆に酸蝕症になりやすいのです。
また、市販飲料は約7割の物がエナメル質を溶かす酸性度の高い物であり、私たちの知らずに歯を溶かし飲食物を飲んでしまっているのです。

対策としては、酸性の飲食物を口にしたら、すぐに水やお茶を飲むか、うがいをして、30分は歯磨きを控える。フッ素いりの歯磨き剤やフッ素ジェルを使って歯磨きをする。
フッ素配合のガムを咬むなどを行うことで、酸蝕症にならないように注意しましょう!

酸蝕症について詳しくはこちら>>

豊田市の丸子歯科 荒井寿司で忘年会

『荒井寿司で忘年会』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ永井です。

12月に入り、丸子歯科忘年会を井上町の荒井寿司で先日行いました。
ここには、前スタッフの美沙さんが嫁いでいるせいか、とてもボリュームたっぷりで、いつもサービス満足!みんな大好きです。

荒井寿司で忘年会

丸子歯科には約40人のスタッフがいます。こんなに大人数でやる忘年会は、毎年とても楽しいです。
今回久しぶりに幹事をすることになったので、新人のスタッフにも楽しんでもらえるようゲームなどを用意しました。「丸子歯科スタッフBINGO」やロシアンジュースなど、みんなが盛り上がってくれてすごく良かったです。

荒井寿司で忘年会

忘年会を行う時間を毎年必ず作ってくれる院長先生に感謝です。
そして、来年新しく入るスタッフが楽しくやりがいのある職場と思ってもらえるように、みんなで協力して楽しく仕事をしていきたいと思っています。

豊田市の丸子歯科 クリスマスシューBOX

『クリスマスシューBOX』

こんにちは、豊田市の丸子歯科スタッフ小出です。

今年もクリスマスの季節がやって来ました。
丸子歯科では、去年からこんなことにチャレンジしています。
仙台の「サマリタンズバース」という団体が主催している、世界の恵まれない環境で生きる子どもたちに、クリスマスプレゼントを送ろうという企画です。

クリスマスシューBOX

シューズBOXの中に、子どもたちが喜びそうな物を入れて送るのですが、さすが歯科です。歯ブラシは欠かせません!
今年は6箱のプレゼントができましたが、すべての箱の中に何本かの歯ブラシが入りました。

クリスマスシューBOX

現地では、歯ブラシを持っていなかったり、家族で1本の歯ブラシを使用している子どもたちがたくさんいます。お口のなかを清潔にする事は、体や心の健康にも繋がります。医院で接する患者さんとは違い、会うことも、喜ぶ顔も見れない相手ですが、丸子歯科から世界の子どもたちに少しではありますが、貢献できた事を嬉しく思います。

どうぞ、素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

豊田市の丸子歯科 ムシ歯ゼロフェスタ

『ムシ歯ゼロフェスタ』

こんにちは豊田市の丸子歯科スタッフ浅利です。

10月23日(木)午前、午後に分けて『ムシ歯ゼロフェスタ』を行いました。
午前の部では、毎年恒例のアルパとフルートのコンサートに今回は、丸子歯科スタッフがフルートと歌で2名加わり、とても楽しいコンサートになりました。

フルートのコンサート フルートのコンサート
そこでは、『魔法の幸せらくらくハミガキ』と題して、笑顔と音楽と愛言葉(褒める+喜ぶ+ゆるす)を使って子供が好きになる仕上げ磨きの仕方を実習してもらいました。

仕上げ磨きのポイント 仕上げ磨きのポイント
仕上げ磨きのポイントは・・・

①軟らかい歯ブラシ
②力を入れない持ち方
③磨く順番です。

一番先に下の奥歯、その次に上の奥歯、それから下の前歯、最後に上の前歯がベストです。
そして、一番のコツは上手にできなくても、子供と自分をゆるすこと!!
寝る前じゃなくてもいいんですよ。1日1回楽しい時に好きな歌(アンパンマンやアナ雪など)かけながら、習慣にすることをおすすめします。

午後の部は初めての試みで『キッザニア』を開催しました。
子供たちはみんな白衣を着て、「小さな先生!」になってもらいました。

《チェアー体験》

丸子歯科スタッフ大橋です。
私は、チェアー体験の担当をさせていただきました。この体験では、お父さん、お母さんに患者さんの役をしていただき、子供たちにはチェアーの倒し方、ライトの付け方、お水の出し方、バキュームの持ち方などを学んでもらいました。
お水を出してお口の中の簡単なお掃除をしてもらいました。
子供たちはみんな真剣で、中には顔がお母さんの口の中に入ってしまう程、覗き込む子もいました。

チェアー体験1 チェアー体験2
少し年齢の大きな子供たちには、模型を使ってムシ歯を削った後、白いつめものをつめてもらいました。光を当てて固まる事にとても驚いていたのが、印象的でした。
いつもは、ドクターが座るイスに掛けて「お口を開けて下さい!」と声を掛ける小さい先生は、とてもたくましく、格好良かったです。

《ブラシ体験》

丸子歯科スタッフ藤沢です。
私はブラシ体験の担当をしました。実際に先生が座るイスに座って体験するコーナーでは、お母さんの口の中を、『こども先生』が見て全部で何本あるのか、銀歯は何本あるのか数えたりしました。
銀歯がある場所もしっかりと確認して、お母さん専用カルテに記入したり・・・。
前歯を赤く染め出しをして、赤く色が残った磨き残しを部分をこども先生が歯ブラシを使って一生懸命磨いていました。
どうやったらキレイに磨けるかな~?と考えながら工夫して、磨いている姿も印象的でした。
いつもは仕上げ磨きをやっているお母さんたちも、今回は仕上げ磨きをされている逆の立場になってみると、何か気づくことがあったのではないでしょうか?

ブラシ体験1 ブラシ体験2

《型取り体験》

丸子歯科スタッフ諫山です。私は型取りの担当をしました。
本当は歯の型を取る材料で、指の型を取ってみました。
粉と水を混ぜて作る粘土のような物に指を入れていきます。
ひんやりしていて、子供達も、お母さん達も「うわ~」「すごーい」等不思議そうに粘土のような物が固まるのをじっと待ちます。
すると・・・自分の指の形だけポッコリと穴があき、そこに石膏を流し入れると自分の指の模型が出来上がり「ます。

型取り体験1 型取り体験2

その模型で作った自分だけの世界にたった一つのボールペン!!
それを見た子は、びっくりする子、きみ悪がる子、大喜びの子等様々でした。
初めてのキッザニアでしたが、参加者もスタッフもみんな笑顔で終わることができたと思います。

豊田市の丸子歯科 オーラルケアのQ&A/サッカー応援

『オーラルケアのQ&A』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ加藤です。

普段から何げなく行っているお口のケア。こんな時どうしたらいいの?
という質問をピックアップしました。
ぜひ、参考にしてみて下さい。

Q1)よく耳にする「フッ素」ってどういうもの?
A1)酸で溶けかけた歯を守り、エナメル質を強くします。フッ素は、毎日の食生活の中で酸に溶かされた歯を、修復しようとする働きが 期待されています。フッ素入りのハミガキ粉やガムなど、気軽に 続けられる方法で活用してみましょう。

Q2)1日3回磨けば大丈夫?
A2)歯磨きの最終目標は「何回磨いた」ではなく、「お口の健康の維持」が重要です。お口の中にはたくさんの細菌が潜んでいます。
簡単に1日3回おおまかに磨くよりも、1日1回しっかりお口の中の汚れを取ることが細菌を減らすためには大切です。
1日のうち1回は健康増進のために部分掃除にも時間をかけて下さい。

『サッカー応援』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフマツノです。

サッカーのW杯も終わり数ヶ月が過ぎましたね。
日本は残念な結果となってしまいましたが、選手の皆さんは頑張って戦ってくれたと思います。私ども丸子歯科でも、代表のセンターバック吉田選手を応援いています。吉田選手の母校である、豊田高校出身のスタッフが多いこともあり、みんなで応援しました。

院内の掲示板に選手へのメッセージカードを貼り患者さんたちに寄せ書きをしていただき、つてを頼りに本人に届けました。
とても喜んでくださったとの事で、サイン入りのメッセージをもらいました。
そして、今回新しいメンバーに選出されました黒星発進からのスタートにはなってしまいましたが、アギーレJには、欠かせない選手になってほしいと心から願っています。

吉田選手の気遣いに感謝すると共に、今後の益々のご活躍をスタッフ一同心より応援していきたいと思っています。

お守り サイン入りのメッセージ

豊田市の丸子歯科 タービン、器具の滅菌について/フロス

『丸子歯科の滅菌について』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ中川です。

現在雑誌などで話題になっている、滅菌などにについてご紹介していきたいと思います。

当院では、院内感染を防ぐため、消毒や滅菌などにはとても気をつけています。中でも、歯を削る器具は、患者さんの唾液が付くのはもちろん、歯の削りカスがついたり、血液が付きます。
血液は院内感染の最大のリスクです。そのようなことを防ぐため、患者さん1人1人の器具は滅菌済の物を使用しています。

タービン、器具の滅菌 タービン、器具の滅菌

使用済みの物は、その都度洗浄し、中に圧をかけて器具の中も洗浄した後に滅菌していきます。
そして、患者さんにつけているエプロンや、器具を置くシートは、ディスポーザブルになっています。

当院では、1人1人の信頼を大切に、これからも清潔で明るい歯科医院を目指していきたいと思います。

『フロス』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ藤原です。
フロスというものをご存知ですか?
フロスとは、歯間の汚れを取るナイロン製の糸のことです。糸をスライドさせると糸の繊維で食べかすや歯垢をからめ取ることができるのです。

私がフロスを使うようになったきっかけは、矯正でした。
取り外し式の装置を1日中付けていました。その時に、歯磨きと一緒にフロスを使うと良いと教えてもらいました。
歯ブラシだけで落ちる歯垢は60%程度、フロスを使うと90%程度除去率が上がると言われています。実際に、歯磨き後フロスをすると、食べかすが出てくることがあります。

みなさんもぜひ、歯ブラシとフロスを併用してみて下さい。使い方が分からなければ、気軽にスタッフに聞いて下さい。

☆使い方の参考にしてください☆

株式会社オーラルケアパンフレット

<株式会社オーラルケアパンフレットより>

豊田市の丸子歯科 親知らず抜歯体験記 その2

『親知らず抜歯体験記その2』

こんにちは。豊田市の丸子歯科副院長丸子裕美子です。
今回は親知らずの抜歯体験記その2を報告させていただきます。

半田市民病院にて、親しい友人が3泊4日で左右2本の親知らずの抜歯をしました。

ここから友人のレポートです。

<5月1日>

午前中から入院、夕方から歯の掃除と主治医からの説明があるとのこと。
それまでは自由時間!主治医からの説明は、外来で受けた内容とほぼ同じでした。ただ、付き添いの方にも理解、承諾をしてもらうということでした。

<5月2日>

シャワーを浴びて手術着に着替えました。歯の手術なのに大げさな気もしましたが、気持ちはだんだん病人になってきます。
11:15点滴(ポタコール)開始。朝から絶食なのでさすがにお腹が空いてきました。
13:30手術室へ歩いて行く。今日の手術は自分ともう一人男性がいました。
彼は、3本らしい・・・負けた。

診察台に座り、止血剤、抗生物質の点滴を入れられ目の前にぶら下げられると、少し怖くなってきました。
「麻酔を入れますよ!」と点滴のキャップから注射で入れられると、あっという間に腰や腕が重くなり、意識なし。

先生の「右!終わり」の声でうっすら意識が戻るが、痛みは全くなく、またすぐもうろうとしてきました。
左側の時に「もう一回、もう一回」という声が聞こえたが、この時も痛みはない。
そしてまたもうろうとしてきました。
「終わりましたよ!起きれますか?」と言われたが、体が重くてうなずくくらい。
1時間の予定でしたが、「単純な生え方だったから早く終わりました。30分!順調!!」と言われて一安心。
ベットが横に付けられ、おしりからゆっくり移動して横たわる。頭が重く、目も自然に閉じてくる感じでしたが、声はしっかり聞こえました。

部屋に戻ると、看護師さんがガーゼをくちの中に入れ、「1時間咬んでいてね」と言って去って行きましたが、ガーゼが分厚く口が閉じられなくて、乾燥してくる。
唇と顎にしびれた感じが残っている。
主治医が診察にきて「顎のしびれは、徐々に取れますよ」と言ってくれたので、安心しました。
18:00点滴の痛み止めも切れてきて、少し痛いような感じがしたので、すぐにロキソニンを飲んだ。
18:30気分も落ち着き、お粥を食べる。
夕食後そっと歯みがきをしてみるが、口が大きく開けられず、違和感を感じる。うがいをすると血がに混じるがしみる感覚はない。舌で歯をは触ってみると糸がピヨーンと出ていた。(気になる・・・・薬のせいか、17:30就寝。

<5月3日>

明け方少し痛みが出てきたので、ロキソニンを飲む。朝食後の歯みがきでも血が混じっていた。顎が固くて腫れた感じがする。笑おうとすると、引きつる感じで、口を横に広げられない。
10時から抗生物質の点滴で、すっかり病人になってしまった。16時に点滴が終わり、シャワーを浴びる。その後またロキソニンを飲む。
昨日よりは口が開けやすくなってきた。しびれも全くなくなった。

<5月4日>

顎の腫れがすごいことに・・・。先生によると、手術後1日目は痛みがピーク、2日目は腫れがピークということらしい。当てはまっている私は「順調です!」
と言われてしまった。でも、痛みの方はロキソニンのおけげで、ほとんど嫌な思いはしていない。腫れのせいで、また口が開けづらくなってしまった。

午前中に退院。
退院前の回診でも、「腫れはしばらく続きますが、傷口はとてもキレイで(ほめられても嬉しくないけど・・・)順調に回復すると思われます。」
と言われ、安心して退院できました。

自宅では、ほぼ日常生活に戻れたけれど、歯みがきの時に、歯ブラシの先端が頬の内側に当たると、涙がでそうなくらい痛かったです。歯みがき恐怖症になりそう(笑)うがいをたくさんたくさんしました。
抜糸までは、引きつる感じしてロキソニンを1日に2回ずつ飲んでいました。

<5月9日>

糸が取れたら、口が楽に開けられるようになった。歯みがきの時も、歯ブラシが当たっての痛みもほぼなくなってきました。
でも、痛いような、違和感があるのでロキソニンは1日2回飲んでいる。

以上3泊4日の「親知らずの抜歯」友人からのレポートでした。
親知らずを抜きたいけれど、入院と聞くとなかなか決心が付かない方も多いと思いますが、入院から手術、そして術後の経過や、お口の様子などが少しでも参考にして頂ければ嬉しく思います。

豊田市の丸子歯科  『元気な歯でおいしい物をたくさん食べよう!!』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ諫山です。

桜も満開になり、入学シーズンですね。
私の娘もこの4月から高校生になりました。
入学してすぐに健康診断などがありますよね?もちろん歯科検診もあります。
みなさんお口の中の状態はいかがですか?

歯医者はどうしても縁遠くなりがちですが、痛くなってからよりムシ歯が小さい時に治療した方が歯へのダメージが少なく済みます。
歯科検診などでムシ歯があると言われたら、早目の受診をおすすめします。

元気で健康な歯で花見に出掛けおいしい物をたくさん食べたいですね。

さくら さくら

豊田市の丸子歯科 あなたの歯周病知識は最新ですか?

『あなたの歯周病知識は最新ですか?』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ川崎です。

3月6日(木)14時から丸子歯科で衛生士ミーティングがありました。
「あなたの歯周病知識は最新ですか?」というテーマで、最新歯周病治療について勉強しました。

歯周病は完全に治す事はできませんが、再発を防ぐ事はできます。
歯ぐきが腫れたり、出血する原因は、免疫力の低下が関係しています。
もちろん、歯ミガキをする事は、歯周病菌を減らすために大切ですが、ストレスや不規則な食生活を見直す事も同様に大切である事を学びました。

また、スウェーデンの現状についても勉強しました。
スウェーデンの予防歯科受診率が80%を超えているそうですが、日本は、10~15%の人しか予防の為に歯科医院を受診する人がいないそうです。
痛くもないのに歯医者に行ってもいいの?という声もよく耳にします。
いいんです!!スウェーデンでは、歯科医院はムシ歯予防の為に行く所という認識がされています。

スウェーデンでは、30年間の予防歯科の実践の結果から、ムシ歯と歯周病になった羅患率が日本の3分の1だそうです。8020も軽々クリアする国になっています。日本は以前よりかなり改善しましたが、まだまだです。

丸子歯科もスウェーデンスタイルを目標に、3ヶ月ごとの定期検診に取り組んでいます。みなさんも一度歯科医院に行って予防歯科の実践をしてみませんか?丸子歯科では、分かりやすい説明でみなさんの歯を守る為に何をやったら良いのかをお伝えしています。

「あなたの歯周病知識は最新ですか?」というテーマ 「あなたの歯周病知識は最新ですか?」というテーマでミーティング

豊田市の丸子歯科 デンタルショー

こんにちは、丸子歯科スタッフ伊東です。

2月16日吹上ホールでデンタルショーがありました。
最新の歯科医療機器、歯ブラシや歯摩剤の新製品の展示がされていました。会場は、大勢の歯科医師や歯科関係者でにぎわっていました。

試供品も色々いただいたので、使ってみて、いいなと思えるものは丸子歯科で取り入れていきたいと思います。
また、会場では講演も行われていました。
「インプラントのメインテナンス」と「周術期の口腔ケア」について勉強しました。

デンタルショー

丸子歯科ではインプラントを入れてメインテナンスに通っている方がたくさんいらっしゃいます。
その方たちにより良いメインテナンスが出来るようにしていきたいと思っています。

デンタルショー デンタルショー

豊田市の丸子歯科 衛生士と患者さんのためのSPT

「衛生士と患者さんのためのSPT」

こんにちは、丸子歯科スタッフの宮崎です。

3月2日(日)1時から4時までウインクあいちにて「衛生士と患者さんのためのSPT」の講習会がありました。
講師は内山茂先生でした。Dr1名、スタッフ2名で参加しました。

講演会では、定期的に検診に来院してクリーニングを30年間やってもらった人は成人だと、歯を失った本数が約1本です。
日本の現状は、30年間で10.5本失ってしまうそうです。
改めて定期検診でのクリーニングの大切さを実感することが出来ました。

しかし、定期検診を受けている人は、1.49%しかいないという事でした。
高齢者誤蒸性肺炎の発生も抑えることができるそうです。
歯科のクリーニングの必要性を伝えていくのも、私たちの役目だと再確認できた講演でした。

豊田市の丸子歯科 プラス言葉エネルギーをいただいて

「プラス言葉エネルギーをいただいて」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ浅利です。

「やる気が出た、前向きになれたという言葉ってありませんか?」
私たち丸子歯科スタッフは、月に1度スタッフ1人が順番に講師となって学ぶミーティングをしています。

ミーティング

今回私は「教えると教わるを考える」をテーマにしました。
そこで、「自分の人生でやる気が出た、前向きになれた、心に残った等の プラス言葉とエピソード」を教えて下さい。とお願いしました。スタッフみんなから30ものアンケートが集まりました。

ミーティングをしてみると、そのプラス言葉から教わることや、感動する事がたくさんあり、プラスのエネルギーがいっぱいで考えさせられるミーティングになりました。

アンケートから2つだけ紹介させていただきます。

1つ目は、若い衛生士のエピソードです。
彼女が患者さんにクリーニングをした時、「今日のクリーニングは気持ちよかったよ。丁寧にやってくれてありがとう!」そして退席される際に「丸子さんは、みんな優しくて、腕もいいね。
僕は友達みんなに丸子さんを紹介しているんだよ!あなたもその腕を落とさないように頑張ってな!!」と言っていただきました。
「すごく嬉しくてこれからも、もっともっと頑張ろう!と思った」とキラキラと話してくれました。
私は、「有難いね。プラス言葉をいただけたね!」と感謝しました。

2つ目は、受付での私のエピソードですが、他の患者さんの会計をしている私をご覧になった方が「あなたを見ていると気持ちがいいよ。元気になれるわ!あなたがいてよかった!」と言ってくださいました。
ほんとうにほんとうに嬉しくて”あ~よかった!患者さんを元気にするお役にたてれなんて幸せだな~!”と心から感謝しました。

「やりがい」というのは”生きる三つの喜び”からなるものだそうで、「ほめられること・役にたつこと・必要とさせること」だといいます。

確かに、生まれた時からこの三つの喜びを「誰かにもらいながら」「誰かにあげながら」育ってきていますよね。

私たちスタッフは、患者さんにこの三つの喜びの言葉エネルギーをいただいてプロとしても、人としても育てられているとつくづく思いました。

患者さんがプラス言葉エネルギーで私たちを育ててくださると思うと、若いスタッフが成長して輝いて行くのがほんとうにほんとうに楽しみです。

もちろん、私もまだまだ成長途中なので、スタッフとの出愛や患者さんとの出愛からいろんな事を教わりながら自分もプラス言葉エネルギーを出して成長して行けたらと心から願っています。

--

豊田市の丸子歯科 歯医者さんの考えたチョコレート/若く見られたい!

『歯医者さんの考えたチョコレート』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ藤沢です。

この間新年を迎えたばかりと思いきや、もう2月を迎えようとしています。
時が経つのが早いと思うこの頃です。

さて、2月を迎えるといえば・・・女性の方は張り切って作る方もいるのではないでしょうか?バレンタインデーがありますね。
今日は、歯医者さんが考えたチョコレートを紹介していきます。

歯医者さんが考えたチョコレートとは、子供たちの大好きなチョコレートで楽しくむし歯を予防したいと願う歯科医師の発案で生まれました。
チョコレートの中でむし歯を作る原因となっているのは砂糖なんですが、砂糖を全く使わず甘味料を100%キシリトールを使用し、チョコレートを食べることによってむし歯菌を減らす効果があります。つまり、むし歯予防ができるチョコレートなんです。

丸子歯科では2月14日、バレンタインデーの日には、男性の方限定にはなりますが歯医者さんが考えたチョコレートを渡しています。
皆さんが楽しくむし歯予防できるバレンタインデーになりますように・・・。

♥ハッピーバレンタイン♥

歯医者さんの考えたチョコレート 歯医者さんの考えたチョコレート

『若く見られたい!』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ大島です。

みなさんは年齢より若く見られたいですか?私は、もっと若く見られたいです。
年齢の『齡』という字は歯に令という漢字からつくられています。昔の人は、残った歯の本数で年齢を知ったそうです。歯がなくなると上下の顎が薄くなり口元がつぶれたようになって、老けてしまいます。
歯は若々しさを保つ重要項目のひとつです。

また、歯がなくなるとバランス感覚が低下し、転びやすくなる原因になるそうです。歯を残すことは、栄養を摂り基礎体力の保持と全身の筋力を保つという役割につながってきます。

先日、90歳の方が来院されましたが、歯がほとんど残っていたのでスタッフのほとんどが70歳くらいだと思い驚きました。歯があることで外見にこれだけ影響があることに一同感じました。

いつまでも若く健康にいられるように、そして一生自分の歯で食べる為にも、自分の歯を残す努力をしましょう。

歯がなくなるとこのような顔貌になります

A乳児B小児C成人D歯のない人です。歯がなくなると顎の骨がC~Dのように急激になくなってしまいます。そのためイラストのように、歯がなくなってしまうと口元が実年齢より高年齢見えてしまいます。

豊田市の丸子歯科 クリスマスシューズBOXボランティア

『シューズBOXボランティア』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ小出です。

最近、急に寒くなってきましたね。
この時期になると丸子歯科でも、これまでの秋の飾り付けから、クリスマスの楽しげな飾り付けに変わるんです。お気づきになりましたか?
そして今年は、スタッフみんなでちょっと変わった事に取り組んでみました。

サマリタンズパークという団体がやっている、クリスマスシューズBOXのボランティアです。
“世界の恵まれない子供たちに、シューズBOXにプレゼントを詰めて送る”というものです。(家にある使わない新品のものでいいそうです)私達が、心動かされたのは、一人の女の子の話でした。
彼女は1本の歯ブラシを施設のみんなでまわして使用していました。
でも、あるクリスマスの日、このクリスマスシューズBOXが送られてきてその中に1本のハブラシが入っていたそうです。彼女は生れてて初めて自分の歯ブラシを持てた事に、とても感激したそうです。
そして、自分のために何かをしてくれる人がいるということにとても勇気づけられたそうです。

この話を聞き、私達もクリスマスシューズBOXを作成してみました。
当初の目標はは2箱のつもりでしたが、なんと8箱も出来上がりました。
もちろん歯ブラシもたくさん入れましたよ!!

一人でも多くの子供が笑顔になれればいいですね!!
また、是非このような機会があれば、みんなで参加したいと思います。

クリスマスシューズBOXボランティア クリスマスシューズBOXボランティア

豊田市の丸子歯科 ゼロフェスタ

『丸子歯科虫歯ゼロフェスタ』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの小出です。

今年も、この季節がやってきました!そうです。『虫歯ゼロフェスタ』!!
虫歯ゼロフェスタは、子供たちやそのご両親に楽しく、虫歯予防をしていただく為、私たちが毎年行っているフェスタです。

今日は、その中の午前中の部でやるコンサートの練習です。
今年はなんと!私たちの仲間の亜紀ちゃんがプロの方達にまじってフルートに挑戦!!他のスタッフもハープやフルートの音色にうっとりです。
本番もご期待くださいね。

午後は、マジックや紙芝居などもやりますよ。もちろん、楽しく虫歯予防のお話もあります。お楽しみに!

ゼロフェスタ ゼロフェスタ

豊田市の丸子歯科 赤ちゃんの歯はいつ生えてくるの?/お薬手帳

『赤ちゃんの歯はいつ生えてくるの?』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの藤沢です。

先日、2歳の子を持った兄に「いつになったら乳歯が全部生えそろうの?」と聞かれました。
みなさんも赤ちゃんの歯が生えてくる時期や順番を気にしたことはありませんか?赤ちゃんの一番最初の歯が頭を出すのは、生後6ヶ月くらいから生え始めます。
下の前歯→上の前歯→上下の前歯の隣の歯という順番に生えてくるのと一般的には言われています。

人より生えてくるのが遅いといって、特に不安になる心配はありません。
大体乳歯が生えそろう時期には2歳前後になります。

兄の子は2歳になりましたが、まだ生えそろってはいませんでした。
歯の生え変わりの時期と順番にはあくまで個人差があるということです。
4歳になっても乳歯が生えそろっていない場合は、先天的にないとこもありますのでレントゲン写真でチェックする必要があるかもしれません。

ムシ歯予防はマイナス0歳からできます。
まだ歯医者に行ったことのない赤ちゃんも、ぜひ一度歯医者さんに行ってみてはどうでしょうか?

赤ちゃんの歯

『お薬手帳』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ大島です。

お薬手帳をご存知の人は多いと思います。
お薬手帳にはそれまでに処方された薬などの名前や飲む量、回数などが記入してあります。
一冊にまとめておくと、複数の病院に通院されている人などは薬の悪い飲み合わせ、重複している薬がわかります。
また、副作用歴、薬アレルギーなどの確認もできます。

旅行や出張などの時持ち歩き、また災害時にも持ち出せるようにしておけば一目で薬の確認をすることができます。
同じ薬がなくても、入手可能な替わりの薬を処方できることもあります。
薬を飲んでいる方は、丸子歯科に来院の際は薬の相談をするときに役立ちますので、お薬手帳を持参されることをおすすめします。

お薬手帳

豊田市の丸子歯科 歯周病/舌の痛み

歯周病「あなたの歯ぐきは健康ですか?」

こんにちは豊田市の丸子歯科スタッフ加藤です。

「歯を磨くと血が出る」、「歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい」など・・・、
お口の中にこんな症状はありませんか?
もしかすると歯周病にかかっているかもしれません。

平成17年「歯科疾患実態調査」によると、日本人全体の7割の方が歯周病に罹患しているというデータがあります。
中でも30代後半の方では8割、50代では9割近くの方が歯周病に罹患しているといわれています。

歯周病とは、歯を支える歯肉や骨などが破壊される病気です。
歯周病が厄介なのは、歯周病が進行していても痛みがほとんどないことです。そのため、気づいた時には触るだけで歯がグラグラする状態になっていることが多いです。
まず、下の表で歯肉の健康をチェックしてみましょう。

歯肉の健康をチェック

「舌の痛み」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ松井です。

舌に違和感や痛みを感じたことはありませんか?
今日は、舌の痛みついてお話ししたいと思います。

一般的には舌に痛みを感じる場合は、次のような原因が考えられます。

①口内炎
②つめ物や入れ歯、鋭い歯などに触れることで起こる舌の傷。
③口腔内乾燥
④ウイルスの感染でお口の中が荒れたときなど。
⑤ビタミン不足による舌の痛み

などが考えられます。
その原因が改善することで、痛みは少なくなります。

すっきりと治らない場合は、「舌痛症」と言われます。
40~0才前後の方、特に女性の方に発症率が高く、舌の先や舌全体にヒリヒリした痛みや、灼熱感、しびれなどが長期間続く場合があります。

原因は、明らかになっておりませんが舌に痛みなどで不安を感じたら相談してみることをおすすめします。

舌の痛み 舌の痛み

体力づくり/小児治療について

『体力づくり』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ諌山です。

先日スタッフの一人と一緒に、足助山に山登りに行ってきました。
最近体力がなくなってきているので、頂上まで行けるか不安でしたが、山を登りながら色々な話をして、自分を見つめ直す時間が持てました。
気付くともう頂上がすぐそこで、一生懸命登って見た頂上からの景色はすがすがしく達成感で感無量でした。

1時間30分程度で登れてしまうののと、とっても気軽に行けてしまう距離なので皆さんも是非行ってみて下さい。

足助山に山登り

『小児歯科治療について』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ中川です。

8月1日(木)に小児治療について、スタッフ同士でミーティングをしました。
最初に、診療室に来るときに泣いていても、帰りには笑顔になっていることが、私達の目標です。
5才以下の子に関しては、診療チェアーに座るのは難しい場合が多いので、カウンセリングコーナーで見せて頂くこともあります。
もし、むし歯になってしまってもやむを得ない場合を除いて、基本的には器具や、器材でスタッフと楽しく遊んで、慣れた頃に治療をします。
治療終了後も、再びむし歯にならないようにアドバイスさせていただいたりします。

普段のハブラシの仕方やむし歯予防に興味のある方は、是非一度ご相談下さい。

小児

豊田市の丸子歯科 歯科健診/たばこと歯周病

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの松野です。

みなさんは歯の検診をしてますか!?

私は先日検診を兼ねて歯のクリーニングをしてもらいました。
久しぶりではあったのですが、なんとそのクリーニングのおかげで、何十年も前に治療した冠がゆるくなっていたのを見つけてもらい再治療することが出来ました。
クリーニング前はまったく自分ではゆるんでいることに気づかず、本当にラッキーだと思わずにはいられませんでした。

大人の方であっても、歯科はなかなか足が向かないと思いますが、たまにはかかりつけの歯医者さんで、検診を受けてみてはいかがでしょうか!?

歯科健診 歯科健診

『たばこと歯周病』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの松井です。

喫煙者は歯周病にかなりの罹りやすい事が明らかになっています。

<喫煙によって歯周病が進む理由>

1、たばこのタール成分の付着が歯周病の原因となる歯垢・歯石を着きやすくする。
2、たばこのニコチンが歯肉の血管を収縮させて、血流障害を起こす。
3、歯肉を修復させるために必要な繊維芽細胞の働きが抑りされる。

たばこの煙には、4000種類の化学物質と200種類の有害物質と37種類の発ガン物質が含まれています。吸い続けることにより、年齢と共に歯肉が痩せていきますが、喫煙しない人の老化と比べて喫煙者の歯肉の老化は、10~20年進んでいきます。
喫煙者は、自分の歯を早く失ってしまう可能性が高いのです。
どうしても禁煙出来ない方は、歯科での定期的なメンテナンスをおすすめします。

 日本ヘルスケア歯科研究会パンフレットより
日本ヘルスケア歯科研究会パンフレットより

豊田市の丸子歯科 フレーバーハミガキ/AED

『フレーバーハミガキって何?』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの諫山です。

先日友達からもらった不思議な歯磨き粉、それはフレーバーハミガキというもの。
その味はカフェオレ味とパンプキンプリン味でした。
本当にそんな味が?と試してみると、確かにほんのりとパンプキンやカフェオレの味がしました。
他にもトロピカルパインやハチミツ、インドカレー味などがあるそうです。
その不思議な味に我が子は大喜びで使っています。

たまにはこういった変わった味を試してみるのも楽しいかもしれませんね!!
興味のある方は「ブレスパレット」で検索してみてください。

以前は東急ハンズやロフトにありました。今でも取り扱っているかもしれません。
楽天で(株)マーガレット・ジョセフィンが販売しているブレスパレットという商品名で1本210円+送料で取り寄せすることもできます。

フレーバーハミガキ

『AEDと歯科治療』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの伊東です。

最近は街中でAEDを見かけることが多くなりました。AEDを使った人命救助のニュースを聞くこともあります。AEDは身近になってきました。

丸子歯科でもAEDを設置しています。
持病のある方は歯科の治療で体調が悪くなることもまれにあります。
丸子歯科では問診で、患者さんの全身の健康状態や持病があるかなどを確認させていただき、その上で歯科の治療をしていきます。
もしもの場合のリスクに対応できる体制にしておくことは、とても重要です。
そのためのAEDです。もちろんAEDを使うことがないことを願っています。

AED AED

豊田市の丸子歯科 最近読んだ本/子供さんがいても大丈夫

『最近読んだ本』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの大鹿です。

私が最近読んだ本を紹介します。
渡辺和子さん著の「置かれた場所で咲きなさい」です。
この本を読んだきっかけは院長に勧められたからです。正直、本の苦手な私ははじめは読む気はなかったのですが、読み始めたら今の自分に声をかけてくれる言葉が多く書かれていて、いろいろなことを思い出しながら読んでいました。

かれた場所で咲きなさい

みなさんは夢や希望を持っていますか?
夢や希望というものは簡単には叶いませんよね。
私は夢がまだ叶わない苦しい時期にこの本を読んだので、再度自分を見直し前向きに考えることができたので良かったです。

最近患者さんから「頑張ってるね。色々指導していく立場になったんだね。」と言っていただきとても嬉しかったです。これからも目標を持って仕事に取り組んでいきたいと思います。

「子供さんがいても大丈夫!!」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの武内です。

小さなお子さんがいるお母さんは歯医者さんに行くのも大変ですよね?
時々患者さんの予約をお取りする時に、ご主人やご家族の方の予定に合わせてお子さんを預けてこられる方も少なくありません。
お母さんが治療している間、お子さんが退屈してぐずってしまったら・・・とお母さんの不安もあると思います。

丸子歯科ではそんなお母さんが安心して治療が受けられるようにと、そして小さなお子さんが退屈しないようにと、アニメのDVDをご用意しています。

アニメのDVDをご用意

アニメのDVD アニメのDVD

豊田市の丸子歯科 厚生病院にて親知らずの抜歯体験記

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの川崎です。

今回私は厚生病院に入院して親知らずを抜いてきました。
その体験記を報告致します。

厚生病院

約3ヶ月前、下の奥歯に痛みを感じ、鏡で口の中を見てみると歯茎が赤く腫れていました。

最初は気にしていませんでしたが、疲れたりお酒を飲んだりするとズキズキと痛みを頻繁に繰り返すようになってしまいました。

親知らずは完全に生えてはおらず、1mmくらい頭が出ている程度でしたが、いよいよ口腔外科に入院して抜くことを決心しました。

初めて厚生病院の口腔外科に行ったのは昨年の10月中旬です。
その日はレントゲン写真を撮って診察をし、抜歯をする日を予約しました。
予約状況で手術日はかなりあいて、3ヶ月後になりました。
手術の前に血液検査も必要だったため、採血の予約も取りました。

次に病院に行ったのは12月中旬です。
血液検査をし、次回の入院についてのお話を聞きました。手術の同意書や入院申込書などの書類はその日に全てもらいました。
親知らずを抜いた後は軟らかい食事しかとれないと知っていたので、手術の前日は大好きなしゃぶしゃぶと甘いものをたくさん食べました!

入院食

1月28日、いよいよ入院の日です。
10時に入院受付を済ませ病棟に案内されました。食堂で昼食を済ませ、点滴をしました。
病室は親知らずを抜く人たちばかりで、呼ばれた人から順番に手術に行きます。
私が呼ばれたのは15時くらいでした。

点滴をしながら歩いて口腔外科のブロックまで行き、中に入りました。
麻酔をしてしばらくすると頭がボーっとしてきました。鎮静法という麻酔なのでまったく記憶がないわけではありませんが、ほとんど覚えていません。
顔にかけられた布の隙間から先生とアシスタントの方が見え、骨を削る音が聞こえましたが、術中の痛みは最初の麻酔以外はまったくありませんでした。
顎が疲れたなぁと思い始めた頃に手術は終わりました。

術後は頭がボーっとしていたため車椅子で病室まで戻りました。
自分自身の感覚では15分くらいで終わったなぁと思っていましたが、時計を見ると1時間半たっていました。全身麻酔ではないのですが、鎮静法という麻酔のおかげでほとんどつらくありませんでした。

術後も麻酔が効いていたので夕食がとても食べづらく、自分の唇がタラコ唇になっている感じがしました。19時過ぎくらいまでしびれが続きました。
痛みはありませんでしたが消灯時間に薬を飲んで寝ました。

朝方4時頃、薬の効果が切れたのかジンジンとした痛みで目が覚めました。
朝食の時間まで我慢し、やっと薬を飲むことができました。
午前8時半頃もう1度診察を受け、止血確認と消毒をしてもらいました。
病室に戻って退院の説明を受けて、10時頃退院しました。

看護師の方が病室に来てくれる度に、痛みはないですか?と優しく声をかけてくださり、安心して1泊することができました。
術後は頬が若干腫れましたが、私の場合は2日もすれば引いてきました。まだ少し痛みはありますが、3ヶ月前のような痛みから解放されてとても嬉しいです。
厚生病院の口腔外科の先生・看護師さん、ありがとうございました。

入院日数は、私は3本だったので1泊2日でしたが、4本の場合は2泊3日になることもあります。
かかった費用は私の場合は約3万円でした。これも入院日数によって差があるようです。
私の場合は歯が骨の中に埋まり込み本数も多かったので入院でしたが、患者さんの都合で入院できない方や、本数が少なかったり埋まり方が浅い場合は入院せずに対応してもらえますので、口腔外科の担当医と相談してみてください。

豊田市の丸子歯科 吉田麻也選手を応援します!!

新年あけましておめでとうございます。豊田市の丸子歯科院長の丸子健二です。

みなさんご存知とは思いますが、サッカーの吉田麻也選手は豊田高校の出身です。
当院にも豊田高校の出身者が多く、彼の同級生がいたり、後輩がいたり、かなり先輩がいたり・・・。グランパスに在籍していたこともあって、以前から私はもちろん多くのメンバーが注目し、応援していました。

特に日本代表になってからは、世間の注目も集まり、サッカーファンなら誰もが知るようになりました。さらには、ロンドン五輪でキャプテンとして大活躍したため、その存在は日本中のほとんどの人に知れ渡るようになりました。

私自身は、サッカーの技術的なことはほとんどわかりませんが、彼のプレーを見ていると、とても応援したくなります。
それはテレビ画面を通して「ひたむきさ」が伝わってくるからです。
そして試合のあとの姿に、勝った時は「出しきった嬉しさ」が、負けた時は「出しきっても負けた悔しさ」が感じられるからです。

我々の仕事はチャレンジや失敗は許されないかもしれません。
しかし、彼のプレーから感じられる「ひたむきさ」「出しきるプレー」は、とても参考になりますし、良いお手本となります。

以前のミーティングで「輝いている存在になろう」というテーマでディスカッションしている時に、その代表としてイチロー選手、京大の山中教授とともに吉田麻也選手の名前が挙がりました。
レベルの高いリーグに入ってとても大変だとは思いますが、ケガなく輝く存在の代表者であり続けてほしいと強く願っていますし、丸子歯科スタッフ全員で応援しています。

私たち丸子歯科も持てる技術と幸せの風を出しきって、皆さんと幸せを共有したいと思っています。

縁のある方を通して吉田麻也選手のサイン色紙をいただきました。
待合室に飾ってあります。来院した時には是非見てください。本人の実筆です。

吉田麻也選手のサイン色紙

「サッカー選手も歯が命!」

歯科にピッタリのコメントまで書いてくれています。他人への思いやりの心がとても嬉しいです。
これが彼の人気の一つでしょう☆

吉田麻也選手
とてもすばらしい色紙とサインありがとうございました。
これからも勝手に応援させてもらいます!

豊田市の丸子歯科 幼児の歯磨き/お口の掃除

『幼児の歯磨き』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの松野です。

子供さんの歯磨きに悩んでいるお母さんはいらっしゃいませんか?
子供の歯に虫歯はつくりたくないですよね。
そのためには、喜んで口を開けてくれる雰囲気づくりが最も大切です。

例えば、

①大好きな歌を聴きながら
②歯磨き粉の味を子供さんの好みの味にする
③お母さんが楽しそうに自分の歯を磨くなどです。

ご家庭にあった楽しい方法を見つけてみてください。
そして4ヶ月に1度程度、歯科でのクリーニングとフッ素をおすすめします。

☆仕上げ磨きのポイント☆

①ひざの上に子供の頭をおく
②柔らかめの歯ブラシを使う
③痛くないように
④楽しいスキンシップの時間にする

お母さん焦らないでください。やれることからゆっくり子供のペースでやってみてくださいね。

子供の歯みがき

『お口の掃除』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの宮内です。

この時期になると家の大掃除をしている方もいらっしゃると思います。
お口の掃除はいかがですか?

歯磨きは食後に3分間するようにと以前に教えられたこともあると思います。
しかし、プラークは除去されると再び増殖するのには、24時間以上かかると言われているので、最新の予防歯科の考え方は1日1回寝る前に10分程度時間をしっかりかけて、徹底した歯磨きでプラークを取り除く方が効果が高いと変わってきています。

歯ブラシに加えて洗口剤を一緒に使ったり、場合によっては歯間ブラシやフロスを使うことによって1日1回歯の大掃除を行いましょう。

洗口剤 歯ブラシ

豊田市の丸子歯科 ホームページの写真撮影会/指しゃぶり

『ホームページの写真撮影会』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの中川です。

先日プロのカメラマンの方に来ていただき、丸子歯科のホームページ用の写真撮影をしました。

集合写真から各治療風景や、当院で取り扱っているグッズなどを細かく撮ってもらいました。

カメラマンの方が普段通っている歯科医院は、静かで落ち着いた雰囲気で少し近づきがたい感じがあったそうですが、丸子歯科はスタッフが明るく気さくで、歯科医院に対してのイメージが少し変わったそうで、撮影するのがとても楽しかったと言っていただけました。
後でわざわざ戻って来られ、一緒に写真を撮ってくださいと言われたぐらいです!

どんな写真が撮れているか、楽しみにしててくださいね。

写真撮影会 写真撮影会

写真撮影会

今回撮影した写真が丸子歯科の「豊田市矯正相談室」と「豊田市インプラント相談室」にもあります。
是非ご覧ください!!

「豊田市矯正相談室」はこちら>>

「豊田市インプラント相談室」はこちら>>

『指しゃぶりについて』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの大岩です。

お子さんが指しゃぶりをしていて心配されているお母さんがいらっしゃると思います。
2.3歳頃の指しゃぶりは無理にやめさせる必要はありません。しかし、5歳過ぎても一向に指しゃぶりをやめる様子がないという場合は、歯並びに影響が出る可能性がありますので、そろそろやめた方がいい時期になってきます。

丸子歯科では指しゃぶりをしているお子さんにいろいろな方法でアプローチをしています。
やめることができて喜んでいらっしゃるお母さんを見ると、こちらもとても嬉しくなります。「なかなか指しゃぶりがやめられなくて困ってるわ」というお母さん。
よろしければ一度ご相談ください。

指しゃぶり

豊田市の丸子歯科 お母さんは魔法使い/処方せんの期限に注意

『お母さんは魔法使いⅡ』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの浅利です。

今日は魔法の免疫力というお話をします。
免疫力を上げるには食事・運動・睡眠などの方法がありますが、お母さんは魔法の免疫力を上げるすごい方法を使っているんですよ!
何だと思いますか?それは”笑顔”です!!

赤ちゃんが生まれると、お母さんお父さんは赤ちゃんを笑顔にさせようとしますよね。人は本能で笑顔が生きる力であることを知っているんです。
これを魔法の呪文で変換すると”面笑生力(めんえきりょく)”となります。

親の笑顔は子供にとっても面笑生力、子供の笑顔は親にとっても面笑生力。
どんなことも笑顔でできる発想力をつけてあげるのも「生きる力」になると思います。
それは私たち大人にとってもアンチエイジングの魔法がかかるんですよ☆

festa

『院外処方せん期限に注意』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの大島です。

薬を薬局で受け取るための院外処方せん。
有効期限があることをご存知ですか?

院外処方せんの使用期間は、交付日を含め4日間です。期限を過ぎてしまうと、その院外処方せんは使えません。
少しでも早く症状を和らげるためにお薬をお出ししております。
できるだけ当日に、薬局にお薬を受け取りに行ってください。

丸子歯科では、処方せんの使用期間の注意事項を掲示させていただくようにしました。
「かかりつけの薬局」を決めると、他の病院で出た薬などの重複や飲み合わせのチェックができます。なので、できるだけ薬局を1ヵ所に決めることをおすすめします。
丸子歯科来院時もお薬手帳などをお持ちくださるとチェックできますので助かります。

処方せん

院外処方せん期限に注意

豊田市の丸子歯科 乳歯が抜ける/伝える大切さ

  『乳歯が抜ける』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの諌山です。

乳歯から永久歯へ生えかわっていく。これは子供が成長している証拠なのですが、次から次へと抜けていったり、普通より早い時期に抜けたりすると不安になってきますよね。

奥歯の生えかわりは個人差はありますが、たいてい4・5年生で生えかわりますが、うちの子供は3年生で3本も抜けてしまい心配になりました。

ドクターや衛生士に聞くと、レントゲンで下に永久歯があれば何も心配はないとのことでした。みなさんも歯に関することで少しでも不安や心配事がある時は、遠慮なく聞いてくださいね。

はえかわり年齢

『伝える大切さ』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの武内です。

私は丸子歯科で働き始めて4年半になります。
その中でスタッフの皆さんをはじめ、患者さんからたくさんのことを学びました。

先日嬉しかったことをお話したいと思います。
ある患者さんが治療を終えて帰られる時に、「今日クリーニングをしてくださった方に次回もお願いしたい」と言ってくださいました。
お話を聞くとお子さんの治療だったのですが、そのお子さんがとても良かったと感じてくださったそうです。

感じてくださったことにも感謝ですが、それをお母さんに伝えてくれ、お母さんが私たちスタッフに伝えてくださったことがとても嬉しかったです。
素直な子供さんの感覚のお陰で、お母さん、私たちスタッフがとても嬉しい気持ちになれました。ありがとうがざいました。

このことをきっかけに、気持ちを人に伝えるという事がとても大切で、周りの人の心をあたたかくすると感じました。

検診・クリーニング

豊田市の丸子歯科 免疫力を上げるには・・・

『免疫力を上げるには・・・』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの藤沢です。

残暑厳しい毎日が続いていますが、みなさん体調を崩されてはいませんか?
それと同時に歯肉が腫れたり、口内炎ができたり、口臭などが気になったりしませんか?
それは免疫力が低下しているサインかもしれません。

免疫力が低下する原因としては、疲労やストレス、偏った食生活、睡眠、運動不足などがあげられます。
下がってしまった免疫力を上げるには、

①ストレスの原因をできるだけ取りのぞいていきましょう。
笑う、音楽を聴く、趣味を持つなど、ご自分に合ったものを探してみてください。

②食生活の改善をしていきましょう。
塩分、糖分、アルコール、脂肪の摂り過ぎには注意してくださいね。
ビタミン、ミネラル等の不足で、バランスが崩れないようにも気をつけましょう。

③軽い運動(有酸素運動)をしましょう。
軽いストレッチ、散歩などしてリラックスするのもいいですね。少し汗ばむくらいの運動で構いません。

④自分に合ったサプリメントを試してみてください。
食習慣で不足気味になるものを薬局等で相談されるのもよいでしょう。

以上4つのどれか1つでも少し心がけてやっていただくだけで、下がってしまった免疫力を上げることができます。

そしてできるだけ日常生活のリズムを整えて、バランスが崩れないように気をつけていきましょう。
また、お口なのかでトラブルが感じられた場合も遠慮なくご相談ください。

日常生活のリズム

日常生活のリズム

豊田市の丸子歯科 最新式滅菌器/ジュースに含まれる砂糖

『最新式滅菌器が入りました』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの山本です。

丸子歯科に新しい滅菌器「Lisa」が入りました。

滅菌器「Lisa」

これは滅菌レベルが歯科で使われている器材の中でも、最高クラス(クラスB)までできる最新式のものです。

いつも皆さんのお口の中を診せてもらっているミラーやピンセットなど、金属製器具の滅菌ができます!
精製水を使い138度の温度でキレイに滅菌消毒をしてくれます。
タッチパネル式でとても使いやすいので、私はこの「Lisa」がお気に入りです!

丸子歯科では清掃・清潔は、すべての器具に対してとても力を入れています!!
みなさんのお口に入るものなので、これからも「Lisa」と共にすべての物を清潔に取り扱っていきます。

滅菌器「Lisa」

『ジュースに含まれる砂糖の量』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの川崎です。

まだまだ暑い日が続いていますが、みなさんお元気ですか?
熱中症対策グッズなど様々ありますが、やはり1番大切なのは水分補給ですよね。暑い日にはシュワッとする炭酸飲料水がおいしいですね。私も大好きです。しかし飲みすぎも良くありません。

ジュースの中には砂糖が含まれています。
みなさんはジュースにどれくらい砂糖が含まれているかご存知ですか?
「砂糖の量」というプリントを作りましたのでぜひご覧ください。

ジュースに含まれる砂糖の量

糖分の摂取は必要なことですが、砂糖を摂りすぎると体に害があるんですね。
糖分の多いジュースの飲み過ぎには注意しましょう。

豊田市の丸子歯科 子供さんの託児可能です/子供歯肉炎

『歯科治療中、子供さんの託児可能です』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの大島です。

小さなお子さんをお持ちのお母さん!
歯医者に行きたいのに、子供を預かってくれる人がいないとお困りではありませんか?
子供がひどい人見知りだから、迷惑をかけてしまわないかと心配されていませんか?

大丈夫です!そんな心配はいりませんよ!
治療の内容によっては、治療中のみスタッフが子供コーナーやスタッフ室でおもちゃやビデオなどで一緒に遊んでみています。
なので安心して子供さんを連れてきてください。

子供さんも徐々になれてきて、子供さんの歯科予防にもすんなり入れますよ。
頑張って待っていた子供さんにごほうびもありますので、ひとつ好きなものを持って帰ってくださいね!!

歯科治療中、子供さんの託児可能です

『子供の歯肉炎』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの伊東です。

子供のお口の病気は虫歯だけではありません。
10~14歳の子供の4割以上に出血や歯石の沈着などの歯肉の病気が見られます。そのほとんどが歯肉炎です。

子供の歯肉炎の原因は、歯磨きが不十分なことが多いようです。
小学校高学年になると、お母さんが仕上げ磨きをすることが少なくなってきます。歯磨きが面倒という子供もいます。
歯磨きが不十分だと歯肉炎だけでなく虫歯にもなりやすくなります。

丸子歯科では定期検診時に虫歯のチェックとフッ素塗布とともに、歯のクリーニングも行っています。
心配なことがある場合はご相談ください。

健康な状態の歯肉

健康な状態の歯肉

歯肉炎がある状態の歯肉

豊田市の丸子歯科 職場体験学習/酸性の食べ物で軟化

『職場体験学習』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの山本です。

今年も中学生の子が丸子歯科に職場体験学習にきてくれました!!

昨年は歯科医希望の男子生徒が来てくれましたが、今年は女の子です。

梅坪台中学校二年生の’愛知沙樹’ちゃんです!
最初は緊張していた沙樹ちゃんも徐々にリラックスして、素敵な笑顔を見せてくれました。

白衣とエプロンをつけた姿がとても初々しくて可愛かったです!!

今年は自分の歯型をとってそれに合わせて入れ歯を作りました。
入れ歯の元となる液と粉を固めるところから見て、ビックリしたと思います。

他にも器具を洗ったり、所定の場所へ補充をしたり色々な歯医者の道具を見てもらいました。

治療中の患者さんのお口の中も見て、普通では出来ない経験ができたのではないかな?と思います。

沙樹ちゃんに将来したい仕事を聞くと歯科関係の仕事にもとても興味があるようだったので、この職場体験が何か少しでも沙樹ちゃんの将来の夢の参考になれば嬉しいです。

職場体験学習 職場体験学習

職場体験学習 職場体験学習

職場体験学習のお礼の手紙

職場体験学習のお礼の手紙

『酸性の食べ物で軟化』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの武内です。

食事をしたら歯磨きをするのはとても大切な事です。これはみなさんご存知だと思います。

最近どこかで耳にしたことを紹介したいと思います。
「酸蝕症」というものです。言葉は難しいですが、酸性(酸っぱい)の食べ物や飲み物で歯の表面が一時的に軟らかくなり、その時に歯磨きをしたり、硬い物を食べたりすると咬み合わせ部分や、前歯の先端部分が減りやすくなります。
これは酸っぱい物、グレープフルーツ等の柑橘類だけでなく、アルコール・ドレッシング等もそうです。

予防として今後は水やお茶を口に含み口の中を中性に戻し、30分ほどたって歯の軟化が落ち着いてからの歯磨きをお勧めします。

ちょっとした情報を知識の片隅に入れるだけで大きな予防につながります。
みなさんも食べ物と上手に付き合って、お口の中も健康に保ちたいものですね!
丸子歯科ホームページ内の知って得する歯の知識のページにも載っていますので、もっと知りたい方はご覧ください。

酸蝕症について>>

食べ物・飲み物のPH

審美歯科なら豊田市の丸子歯科 歯の美白ケア/母親教室

『歯の美白ケア』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの宮内です。

紫外線が増えてくる季節。お肌の美白をされている方も多いと思いますが、歯の汚れやくすみをキレイにする歯の美白ケアについてご存知でしょうか?
毎日歯磨きをしていてもすっきりしない時は、それに応じた対策をする必要があります。

例えば、歯の汚れの原因の一つに食べ物や飲み物の成分が、歯の表面に沈着することがあります。
この対策となるのが、美白成分の入った歯磨き剤や洗口剤を用いたり、口の中を洗浄する働きの唾液の量を増やすために、よく噛む食習慣やガムを噛むことなどがあげられます。

このようなお家でできるセルフケアに加えて、当院でも行っているプロによるクリーニングを取り入れることによって輝く白い歯を保つことができます。
また、さらに白さをご希望の方にはホワイトニングという方法もありますので、ご相談ください。

『母親教室』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの諌山です。

6月14日(木)に母親教室を開催しました。
今回の内容は「フッ素を上手に取り入れよう、マイナス1歳から始めるムシ歯予防」です。

フッ素を上手に取り入れて、ムシ歯になりにくい歯にしましょう。
①フッ素塗布。歯医者さんで定期的に検診とフッ素塗布をお勧めします。
②フッ素洗口。学校などで週に1度実施しています。
③フッ素入り歯磨き粉。いつも使っている歯磨き粉をフッ素入りにしてみては?

フッ素を取り入れて大人の方もお子さんもムシ歯予防を心がけてみてください。
いつまでも健康な歯でおいしいものをたくさん食べて、元気に生活していきたいものですね!

母親教室 母親教室

母親教室 母親教室

豊田市の丸子歯科 歯の衛生週間

『歯の衛生週間』

こんにちは。豊田市の丸子歯科副院長の丸子裕美子です。

6月4日~10日は「歯の衛生週間」でした。
この時期にはメディアなどでも歯に関する様々な情報が流れたり、また子供の歯科健診の時期も重なり、歯や歯茎の健康について、目や耳にする機会が多くなりますね。

当院で3~4ヶ月に一度定期検診やクリーニングをされている方は問題ありませんが、しばらく歯医者はごぶさたという方はこういう機会に一度健診をされることをお勧めします。症状がなくても虫歯や歯周病が進行していることがあるからです。

さらにプロフェッショナルクリーニング(PMTC)も一度体験してみてください。
普段のケアーでは取りきれない汚れなどもきれいになり、お口の中がさっぱりしますよ!

定期検診

豊田市の丸子歯科 妊娠期と歯周病

『妊娠期と歯周病』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの松野です。

歯周病“この病名をお聞きになったことはありますか!?
そうです、歯の病気です。腫れや出血、炎症といった症状等があらわれます。

その歯周病が、妊娠や出産にも影響を及ぼすことがあります。
どのようなことかと言いますと、歯肉に炎症などがある場合に増加する物質に炎症性物質があり、その物質に子宮を収縮させる作用があるため、早産や低体重児出産のリスクが高まる可能性があるということです。

健康で元気な可愛い赤ちゃんを安心してお腹の中で育む前から、ママのお口の中もバッチリケアして出産に臨んでいただけたらと思います。

歯周病チェックリスト

豊田市の丸子歯科 新人スタッフ紹介

『新人スタッフ紹介』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの加藤みゆきです。

今年の4月より、丸子歯科に新しいスタッフが入社しました。
藤沢有沙です。
愛知学院大学短期大学部歯科衛生士学科を卒業し、衛生士になったばかりですが、丸子歯科では学生の頃よりアシスタントとして3年間アルバイトしており、丸子歯科のノウハウをしっかり理解した頼もしいスタッフです。

まだ新人ですがとても勉強熱心で、チャレンジ精神があり、仕事に対してとても前向きな気持ちを持っています。
きっと患者さんの気持ちを大切にし、頼られる衛生士さんになってくれると思いますので、よろしくお願いします。

新人スタッフ

豊田市の丸子歯科 奇跡を見せる資格がつく

『”奇跡を見せる資格がつく”ってなんですか?』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの浅利です。

今回はある大俳優さんが、ある番組で言われていたお話をします。
その方には大女優の奥様がいました。
でもその奥様が認知症になられて、その介護生活がドキュメントとしてとても話題になったのです。

そんな彼の行動が彼の姪には不思議で聞きました。

「何でわざわざそんな姿を他人に見せるの?」

すると彼は、

「昔の自分は妻の事はほったらかしで、わがままに振舞っていた。
それなのに、こんなに手のかかる困った妻が、愛おしくてしかたないと思っている魂(心)が自分にとって奇跡なんだ。」
「歳をとるということは奇跡を見せる資格がつくということなんだよ!だから僕は奇跡を見てもらいたいんだ。」と言いました。

この彼は長門裕之さんで奥さんは南田洋子さんです。
《歳をとるということは奇跡を見せる資格がつくということなんだよ》すごくうれしい愛のメッセージだと思いました。
不思議なことにその言葉を数日後NHKの朝ドラでもう一度聞くことができました。

丸子歯科で大勢の患者さんやスタッフの仲間に出会えたのが、私にとっては本当に奇跡です。感謝しています。

長くなりましたが、読んで頂いてありがとうございます!

flower flower

豊田市の丸子歯科 くつの履き間違い防止対策/ながら磨き

『くつの履き間違い防止クリップ』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの則内です。

丸子歯科に来院していただいているみなさん、靴箱の隅にくつ履き間違い防止のクリップがあるのをご存知ですか?
「気にしたことがなかった」という方も多いかと思いますので、ご紹介したいと思います。

最近丸子歯科ではくつの履き間違いが多く発生しています。
その場合、同じ日に来院されたすべての患者さんにお電話で確認をさせていただくのですが、なかなか見つからないことも多くあります。

クリップの使い方はとても簡単で、クリップと番号札がセットになっているので、くつにクリップをつけて、番号札を持っておいていただくだけです。

まだ使われている方は少ないかと思います。
せっかくの大切なくつがなくなってしまわないよう、ご心配な方はぜひクリップをお使いください。

スリッパ くつにクリップをつけて

くつにクリップをつけて

『ながら磨き』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの山口です。

お口の中の汚れ(プラーク)は虫歯や歯周病の原因ですが、この汚れをしっかり落とすのはなかなか難しいですよね。私たち歯科の者でも完璧に汚れを落とすことはできません。

歯磨きは少し面倒だなと思っている方、1~2分くらいしか磨かない方にも簡単にできる「ながら磨き」をご紹介します。

テレビを見ながら、本を読みながら磨くという方法です。
この時にフッ素入りの歯磨き粉を使うと虫歯予防にもなります。
この方法ですと10~15分くらい磨けてお口の中の汚れを落とすことができ、気軽にできると思うので皆さんよろしければ1度お試しください!!

ながら磨き ながら磨き

豊田市の丸子歯科 ピセラ歯ブラシ/酸蝕歯

『ピセラ歯ブラシ』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの中川です。

新しく”ピセラ”という名前の歯ブラシが入りました。
ピセラの特徴としては、

①女性のお口に合わせた動かしやすいコンパクトヘッド
②奥歯までしっかり届くゆるやかなカーブネック
③軽く握るだけで手にフィットするハンドル
などがあります。

他にも歯と歯の間も磨きやすいように、長い毛と短い毛を混合した段差植毛により、すみずみまでキレイに磨けます。
幅の広い4列植毛がしっかり歯にフィットして、小さな歯でも安定したブラッシングが行えます。
ハブラシの先端部が山形形状をしており、歯並びの悪い部分もしっかり磨くことができます。

みなさんどうぞ一度お試しください。
ちなみに丸子歯科のスタッフにもとても人気があり、多くのメンバーが愛用しています。

歯ブラシ 歯ブラシ

『酸蝕歯』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの中尾です。

みなさん、酸蝕歯という言葉を耳にしたことはありますか?
酸蝕歯とは、果物やお酢、炭酸飲料など普通に私たちが食べている食べ物や飲み物に含まれる酸により、溶けてしまう歯のことです。

私たちの歯は丈夫なエナメル質に覆われていますが、この丈夫なエナメル質も酸に触れることで主成分のカルシウムが溶け出し、エナメル質を溶かしてしまいます。

では酸蝕歯にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?
食後に歯磨きをしたり、お茶やお水を飲んだり、ガムを噛んで唾液を出すことで酸性に傾いたお口の中を戻すことができます。
酸蝕歯は少し気をつけることで予防できるのです。

丸子歯科では、みなさんの歯がいつまでも健康で、おいしい物を何でも食べれるようにサポートしていきたいと思っています。

酸蝕歯

豊田市の丸子歯科 スタッフ間の情報の共有

『スタッフ間の情報の共有』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの武内です。

私は丸子歯科に入って4年が経ちました。
今日は丸子歯科の取り組みを紹介したいと思います。

私は夕方だけの出勤のため、なかなか顔を合わせることが出来ないスタッフの方もいます。
しかし丸子歯科では「伝達ノート」というものがあります。直接全員が顔を合わせなくても情報がきちんと共有できるようになっています。
この伝達ノートというものはどんなに小さなことでも、スタッフ全員が情報を共有することで、患者さんにより良い対応が出来たりスムーズな治療が行えたりと、スタッフだけでなく直接ではなくても患者さんに繋がっていくことだと思います。

そしてもう1つはスタッフ全員が決まった日に発表する「〇〇報告」です。
これはこの発表をすることで日々の生活の中や仕事やプライベートなど、色々な場面で見逃してしまいがちな出来事に目を止めて、言葉に出して発表することで実感できるというものです。
例えば「ありがとう報告」。思っているだけでは伝わらない感謝の気持ちを、言葉に出して発表することで本人に伝わります。

このように丸子歯科スタッフが毎日行っている日々の積み重ねが、患者さんに対する気持ちの原点だと思います。

「伝達ノート

『はるかちゃん最終日』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの加藤亜紀です。

3月14日にスタッフのはるかちゃんが丸子歯科を卒業しました。

3年間丸子歯科の一員として一生懸命働いてくれました。
はるかちゃんは、受付をしたり診療のアシストをやってくれていたので、ご存知の方も多いと思います。いつも笑顔でキビキビと動いてくれてとても助かりました。

はるかちゃんはこれからは東京で働くことになりました。
はるかちゃんがいなくなってしまうのは寂しいですが、東京に行っても明るく元気に頑張ってほしいと思います。
3年間丸子歯科のスタッフとして頑張ってくれて、ありがとうございました!!

丸子歯科を卒業 丸子歯科を卒業

小児歯科なら豊田市の丸子歯科へ 丸子歯科の小児治療

『丸子歯科の小児治療について』

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの山本です。

丸子歯科の小児治療の方針は、子供さんと一緒になって遊びながらゆっくりと歯医者さんに慣れてもらい、笑顔で通院してもらうことです。
何より歯医者さんは怖くないんだ、楽しい所なんだと歯科に来ることを楽しみにしてもらうことが大事です。

治療だけではなく丸子歯科にはむし歯ゼロクラブという、虫歯が出来ないように定期検診やフッ素をするクラブがあります。1年達成ごとにごほうびがもらえるのでそれを励みに歯医者に来てくれる子もいます。
受付に置いてある家庭用フッ素ジェルを毎日使ってもらうとより虫歯ゼロを守ることができます。

私たちも子供さんと一緒にトレーニングをしていて、その子供さんがすごく楽しそう
だなとか慣れてきたのがわかるととても嬉しいです。

通院中の子供さんたちが歯医者さんを大好きになって笑顔で通院できる医院を目指して頑張ります。

家庭用フッ素ジェル

『春に気をつけたいこと』

こんにちは。豊田市の丸子歯科副院長の丸子裕美子です。

まだまだ寒い日が続いていますが春間近ですね。
春は巣立ちの季節です。
希望に胸をふくらませて次のステージに踏み出す人がいる一方で、小さな子供が幼稚園や小学校に入学する場合、不安などから一時的に指しゃぶりや爪かみなどの癖がぶり返すことがあります。
その場合は精神的な事が大いに関係しているので、叱って無理に辞めさせることをせずに、様子を見てくださいね。

またこの時期は花粉症に伴う鼻症状が原因で歯に違和感を感じたり、痛んだりする「上顎洞炎」がおこることがあります。そんな症状が出た時はお気軽にご相談ください。

また年始、2月に高校と大学の同級生に会う機会がありました。
大学の集まりは同級生の教授就任を祝う会で、頑張っている同級生を刺激に、これからもみなさんの歯の健康サポーターとして丁寧な診療を心がけていきたいと改めて思いました。

同級生の教授就任を祝う会 春は巣立ちの季節

豊田市の丸子歯科 スタッフが増えました

『スタッフが増えました』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの宮内です。

今年の2月から丸子歯科で一緒に働いてくれるメンバーが1人増えました。

新メンバーのコメントです

「こんにちは。加藤菜月です。以前1年間この丸子歯科のスタッフとして働かせていただいており、今回また復帰させていただけることになりました。よろしくお願い致します。」

丸子歯科では現在、総勢40名以上のスタッフが働いています。スタッフ1人1人が同じ理念や目標を持ち、患者さんから信頼され、笑顔あふれる明るく清潔な医院を目指して日々努力しています。

新しいメンバーもそんな丸子歯科の一員として頑張っていますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

丸子歯科スタッフ

豊田市の丸子歯科 インプラント事故報道について

豊田市の丸子歯科です。

最近インプラントトラブルについてのテレビ報道がありました。
それについて、今までインプラントを埋入した方から「私、インプラント入っているけどだいじょうぶ?」また、これから予定されている方から「何か問題が起きないか心配・・・」という問い合わせがありましたので、ご報告させていただきます。

報道にあったような「唇からあごにかけてしびれて感覚がなくなる」「鼻にインプラントが抜ける」といったトラブルは手術中もしくは術後1カ月以内に起こるものがほとんどです。
現段階ですでに冠まで入っている方は、これらの心配は全くありませんのでご安心ください。
またトラブルの原因の多くは歯科医師の技量や経験不足ということでした。

当院のこれまでのインプラントの実績をご紹介します。
平成4年~(約20年)350人で埋入本数約1000本。
そのうち骨と結合しなかったものは1本だけです。
つまり、今のところ成功率99.9%です。
ちなみに、学会に報告されている成功率の平均は約95%です。

また、報道にあったような神経の問題や、鼻の問題はゼロで、定期検診に来られている方の問題も今のところ全くありません。

私の考えは、インプラントは間違った使い方や適していない状態に無理な手術をしなければ、とてもよい治療だと確信しています。
しかし、どんな治療にもメリット・デメリットがあり、メリットが大きい方にはインプラントを提案していますが、リスクの高い方には提案しない方針を取っていますし、すべての人に良いとは限らない治療であると認識しています。

そのため、当院ではインプラント以外の選択肢も色々と準備しています。

豊田市の丸子歯科 レベルアップ!

『レベルアップ!』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの川崎です。

みなさんお元気ですか?
まだまだ厳しい寒さが続いていますが、冬だからこそ楽しめる事ってたくさんありますよね。

私は去年の冬からスノーボードを始めました。
丸子歯科のスタッフの中でもボードをやっている人が多いので話が盛り上がります。
私は初心者なので滑るのがやっとですが、1年前に比べたらだいぶ成長したと思います。成長するためには努力が必要ですね。

仕事でも今の自分のレベルに満足していません。
さらなるレベルアップを目標に、毎日の昼休みの時間に先輩に付き合ってもらいながら、技術の向上に励んでいます。

みなさんに安心・信頼していただけるようこれからも頑張っていきたいと思います。

スノーボードを始めました スノーボードを始めました

『愛犬』

こんにちは。ブログ初挑戦の豊田市の丸子歯科スタッフの松野です。

今日は私の家族(愛犬)の紹介をします。
九州生まれの黒パグで名前は小太郎。6才です。
ちまたでは”ブサカワ”と言われていますが、私にとっては可愛いの一言につきますね。そう、完全な親バカです。

真っ黒なので、散歩中に「熊を連れているの!?」と声をかけられたことがありますが、まぁそう見えなくもないでしょうか・・・。
とにかくラブリーなのです!

そこで小太郎グッズの中から2点紹介します。見てくださいね。

愛犬 小太郎の顔と、ネーム入りのフードボウル

左の写真が愛犬の小太郎です。
右の写真が、スワロフスキーでデコった小太郎の顔と、ネーム入りのフードボウルです。
これからもどんどんグッズを増やしていこうと思っています。
それでは・・・

矯正なら豊田市の丸子歯科へ 新しい矯正装置の勉強会

『新しい矯正装置の勉強会』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの大岩です。

2月4日(土)に診療が終わってから矯正の勉強会を行いました。

矯正の勉強会は毎月1回、患者さんによりよい矯正治療を行えるよう先生とスタッフ、共に知識と技術の向上を目指し開かれています。

今回は新しく開発された、透明で目立たないタイプの矯正装置の勉強をしました。
今までも目立たない装置はすでに導入していましたが、その装置とどこが違うのか、どれくらいの歯並びならこの装置が使えるかなど、現在使っている装置と比較検討してみました。

数ヶ月先には導入する予定ですので、興味のある方はご相談下さい。

矯正治療前と後

透明で目立たないタイプの矯正装置

『節分』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの山口です。

2月3日は”節分”でしたね。
「鬼は外!福は内!」といいながら豆をまき、歳の数だけ豆を食べるはずがつい食べ過ぎてしまい、何粒食べたかわからなくなってしまいましたが、よしということで!!

そういえば2月はもうひとつイベントがあります。
そう、バレンタインです!私は誰にあげようかな・・・

日本ではこのように季節のイベントがあり、楽しく四季が送れます。
まだまだ寒い日が続きます。体調に気をつけてください。
今年はインフルエンザも流行っています。出かけたあとは、うがいと手洗いは忘れずに実践しましょう。

節分

豊田市の丸子歯科 大雪の日

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの松井です。

2月に入ってすぐに、20年に1度の大寒波の影響により、各地方が大雪にみまわれました。
名古屋でも積雪15㎝でしたね。

我が家の庭に積もった雪で、久々に雪だるまを作ってみました。
大きくなっていく雪の塊を見ながら、子供の頃は雪が降ると嬉しいものでしたが、大人になるとこうも雪に対する思いが変わるのかと、ふと悲しくなりました。

みなさんも、寒い日が続きますので、風邪には十分気をつけて下さい。

雪だるま 大雪の日

小児歯科なら豊田市の丸子歯科へ フッ素のお話

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの中尾です。

丸子歯科では定期検診と一緒にフッ素塗布を推進しています。

近年では、ご家庭用の歯磨剤にフッ化物配合のものが増えてきたり、小学校ではフッ素洗口を実施していたりと、身近な所でフッ素を取り入れることで、昔に比べ虫歯が減ってきました。

フッ素(フッ化ナトリウム)には、虫歯の発生と進行を予防する効果があります。

当院では、小児歯科の虫歯予防対策として、ご家庭で使える低濃度フッ素「チェックアップジェル」を販売しております。夜寝る前に塗ると効果的です。
家庭での虫歯予防に役立てて頂けたらと思います。

フッ素の使い方

チェックアップジェル チェックアップジェル

« 1 2 3 »
PAGETOP