豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
投稿
  • HOME »
  • ホワイトニング

ホワイトニング

豊田市の丸子歯科 歯は何で汚く見えるの?

歯は何で汚く見えるの?

歯の色は人によって様々です。黄色ぽい人もいれば、グレーぽい人もいたりなどします。健康な歯全て同じ色の人はまずいません。歯1本ずつ色のトーンが違います。日本人の平均的な色調はA3、A3,5くらいです。

ホワイトニングシェード

白く見える人でもA2くらいです。歯が汚く見える原因は主に2パターンです。
「外因性着色」「内因性変色」です。

まず外因着色とは、主に歯の表面についた汚れです。お茶・コーヒー・赤ワインなど色の濃い物の着色の汚れや、タバコのヤニの色、歯石の付着した汚れなどです。

歯の表面に汚れが付着していることで、元々きれいな歯の色でも暗く見えてしまいます。歯の表面に付着した汚れは、1か月以上経ってしまっている汚れだと、お家のハブラシだけで白く綺麗にするのは難しいですが、歯医者での専用の機械で白く綺麗にするのは可能です。

お口のクリーニングをおすすめ!

まずはホワイトニングをする前にお口のクリーニング(PMTC)をお勧めします。歯の表面の汚れを取るだけでもとても明るく綺麗になります。

もう一つの内因性変色とは、簡単に言えば歯の中の(歯質自体)に色素が染み込んだ色で、主に加齢による変色、抗生剤の副作用による変色(テトラサイクリン)、全身的疾患による変色、エナメル質形成不全、歯のケガによる変色などです。

内因性変色と見られる歯でも色の明るさは、人それぞれで、色が気にならなければ、治療する必要はほとんどありませんが、色が気になる人は治療の相談になります。

それがホワイトニングです。

内因性変色は歯の中から色が変わっています。クリーニングだけで綺麗にすることは難しいので、まず検査・診断をしてなるべく削らない治療の1つとしてホワイトニング方法があります。

ホワイトニングだけでは白く綺麗にすることが出来ないこともあるので、一度お口の中を確認させてもらってからの相談になります。

人それぞれ歯を綺麗にしたい目的が違います。クリーニングで満足いく人もいれ、審美的に歯を削って綺麗にする人もいます。

歯を白くする方法はいくつかあります。その中でしっかりカウンセリングを受け、ご自身が納得いく治療をするのをお勧めします。

ホワイトニングは1回やったからと言って目に見えてすごく白くなることは無く、何度か使用をして白くなって行くものなので、歯の色で悩まれている方は一度相談だけでも来ていただくといいと思います。

▲ホワイトニングのTOPへ

歯を削らずに、歯を白く

ホワイトニングは加齢や遺伝によって黄ばんでしまった歯を白くすることができます。
何よりも、健康な歯を削らずに手軽に白くできる事がメリットです。

トレーとホワイトニング剤

1.ホワイトニングについて>>

2.流れと費用>>

3.歯を白くする方法>>

4.歯肉の着色除去>>

5.ホワイトニング診断>>

6.ホワイトニングQ&A>>

7.歯は何で汚く見えるの?>>

ホワイトニングについて

歯を白くするにはどうしたらいいの?

歯を白くするには以下のような方法があります。

1.歯のクリーニング(PMTC)
2.ホワイトニング
3.白い詰め物や被せ物をする

歯のホワイトニングとは?

歯を削らずに、歯を白く

クリーニング(PMTC)をしても、どうしても落ちない頑固な汚れや元々の歯の色を、白くすることはできません。それらを白くするのが、歯のホワイトニングです。ホワイトニングは加齢や遺伝によって黄ばんでしまった歯を白くすることができます。
ホワイトニングは何よりも、健康な歯を削らずに手軽に白くできる事がメリットです。
以前は、芸能人やモデルさんのような白い歯を手に入れるためにはセラミックで差し歯をつくるしかありませんでした。

でも、これでは健康な歯を削ることになってしまいます。ですから、健康なあなたの歯を残したままで、理想の白い歯を手に入れられる手段=ホワイトニングが出てきたのです。
ホワイトニングでは、漂白用トレー(マウスピースの薄型のもの)に、粘り気のある漂白剤を入れ、1日数時間装着することにより、歯の黄ばみを減少させていきます。

こんな方にオススメ

●歯の色をもう少し白くしたい方
●色がやや黄ばんでいると感じる方
●薬の副作用による〈軽度〉の変色

長所

○治療がきわめて簡単にできます。
○歯を全く削りません。
○人工的な歯をかぶせたりしません。
○通院回数が3~5回位でできます。
○後戻りをしても簡単に反復治療できます。

短所

○天然歯のみに有効で、それ以外の部分の色は変わりません。
○歯の黒ずみや黄ばみが目立つことがあります。
○1年位で後戻りしてしまいます。
○場合によっては、歯全体にしみたり、違和感がでたりする人もいます。
○期間が約1ヶ月位かかります。
○装置の管理使用を自分で行う必要があります。

禁忌症

●虫歯による変色
●知覚過敏の強い方
●薬の副作用による〈重度〉の変色
●外傷、神経処置後の変色
●20歳未満の方
●妊娠中の方、アレルギーのある方
●さし歯が多い方

期間

平均2~8週間(ただし個人差があります。)

歯のクリーニングとホワイトニングの違い

歯の表面の汚れ(茶渋やヤニ)などを落とすのが、歯のクリーニングです。
歯のホワイトニングは、表面のよごれではない「黄ばみ」を白くします。
例えを言うなら、汚れてしまった白いシャツを洗濯するのが「クリーニング」。
年月が経って黄ばんでしまった白いシャツを、漂白剤で白くするのが「ホワイトニング」です。

▲ホワイトニングのTOPへ

ホワイトニングの流れと費用

ホワイトニングの手順

漂白用トレー(マウスピースの薄型のもの)に、粘り気のある漂白剤を入れ、装着することにより歯の黄ばみを減少させていきます。

トレーとホワイトニング剤

1回目 診査・診断

①適応症か禁忌症か判断
②歯面を清掃
③トレーを製作するための歯型を採る

2回目 ホワイトニング剤の使用方法とトレー装着練習

自宅で一週間程度装着

3回目

①色の変化のチェック
②不具合はないかチェック
1.歯肉の痛み 2.歯の痛み 3.その他

続けて自宅で一週間程度装着

4回目 歯の変化のチェック

5回目 色の変化がなければ薬剤の種類をかえて継続

料金(税別)

28,000円 + 漂白剤1本につき1,000円(約5~10本必要です)

上・下両方を漂白される場合は料金が2倍になります。
中断する場合は返金はいたしかねますので、ご了承ください。

▲ホワイトニングのTOPへ

歯を白くする方法

まずは歯科医院で歯のクリーニングをしてみましょう。

歯が黄ばんできた・・・、変色してきた・・・と感じたら、まずは歯のクリーニングをお試し下さい。歯の治療中の方であれば、治療の前後にクリーニングをすることができます。また3ヶ月に1度を目安に定期健診をかねて、歯のクリーニングに来院していただいても大丈夫です。

緑茶や紅茶、コーヒー、赤ワイン、またタバコなどの汚れや着色が歯に付着した場合、歯が変色する場合があります。実は白く見える豆腐でさえ、歯を黄色くしてしまう成分が含まれているんです!

そのため歯の表面についた汚れを落とすだけで、歯本来の白さを取り戻すことができます。

ホワイトニングが無理な場合は、歯科治療を行います。

神経のない歯は血液や栄養分の補給ができなくなり、黒ずんで見えます。

ボールなどが歯に強く当たってしまった場合、歯の神経が死んでしまい、歯の神経がないのと同じ状態になることがあります。
歯の神経がない歯は血液や栄養分が行き届かなくなり、黒ずみます。

また何かに強くぶつかってしまった場合も歯の神経が死んでしまい、神経がない状態と同じようになります。
遺伝や加齢による歯の変色に関してはホワイトニングで歯を白くすることはできますが、以前の歯科治療や外傷などが原因で歯が黒ずんで入る場合は、ホームホワイトニングだけでは、歯を白くすることが難しいです。

そのような歯には、歯の表面を少し削り、歯と同じ色の薄い板(ラミネートベニア)を貼ったり、神経に問題がある歯にはセラミックなどを歯に装着することをお勧めします。

そのため歯の表面についた汚れを落とすだけで、歯本来の白さを取り戻すことができます。

神経が無い歯のホワイトニング

歯の神経がなくなったり、神経を取る治療をした歯は、時間がたつと表面の色が変色して黒ずんでくることがあります。
そこで、歯の中に薬を入れて内側から漂白すると、歯の表面が白くなり周りの歯と比べて目立たなくする事が出来ます。

歯の断面

《治療可能な範囲》 基本的に上の前歯のみ治療可能です。

料金(税別):●漂白剤 歯1本につき3,000円 × 2~5回 ●中和剤 3,000円(1回)

※実施回数3~4回で白くなってくることが多いですが、個人差がかなりあります。
※ご希望の色になったら、薬を中和させるための薬(中和剤)を中に入れます。
※保険外(自費)治療になります

料金例:前歯1本を3回ホワイトニングした場合

料金(税別):●漂白剤 3,000円 × 1本×3回 ●中和剤 3,000円(1回)

¥12,000円税別)

以下のような歯におすすめです

神経をとって数年以上経過している歯
歯につめものがほとんどない歯
1~2本のみの変色
周りの歯が綺麗な場合
歯の色がある程度改善すれば良い場合

適応できない方・適応できない歯

20才以下の方
虫歯や詰め物が広範囲にある歯
変色が著しい歯
金属由来の変色がある歯
厚みが薄い歯、ヒビがある歯
根の状態があまりよくない歯
冠の入っている歯

注意事項

歯の質により、漂白効果があまり出ない場合もあります。
歯の内側深くからの変色がある場合、完全に白くするのは困難です。
漂白後、数年くらいで色が元に戻ります。(日焼けした皮膚がしばらくすると、元に戻るイメージです。)
歯の根に問題がある場合は、先にその治療が必要です。
歯に詰め物がある場合は、漂白後に詰めなおしが必要な場合があります。(詰め物は白くならないため。)

▲ホワイトニングのTOPへ

歯肉の着色除去

着色の原因

歯ぐきが黒いのはなぜ・・・?
主な原因として3つがあげられます。

(1)メラニンの沈着
ほとんどの場合は、メラニンの沈着によって歯肉が黒っぽくなります。

(2)タバコによる色素沈着
喫煙者本人のみではなく、同居している家族にも歯肉の色素沈着は起こります。

(3)金属の溶出
金属の種類によって、つけてから年数が経過していると金属が少しずつ酸化していき歯肉に色素沈着が起こることがあります。

治療方法

『メラニンの沈着』『タバコによる色素沈着』この2つの原因の場合、歯肉に麻酔をかけ、高周波をあて色素沈着を除去します。
黒くなっている部分にあてることで、色素沈着が浮き出てきて表面が剥がれ落ちます。
治療後2~3日は火傷のような軽い痛みが残りますが、1週間ほどでおさまります。

料金

1歯につき1,000円(税別)

[料金例] 下の前歯6本分の範囲をやった場合
1,000円×6歯分=6,000円(税別)

歯肉の着色を除去をしたい箇所が多い場合、数回にわけて治療をします。
一度にすべての箇所を治療してしまうと、麻酔がきれたあとに症状が出やすくなってしまうからです。

ご希望の期間までにすべての箇所を終了したい場合はご相談した上で治療を開始していきます。

金属の溶出での色素沈着は、金属を除去して新しいものにかえる治療をしても色素沈着の改善はあまり期待できません。
歯ぐきの色は元々黒かったと思っておられる方もいると思いますが、実際は元々の色ではなく何かの原因で色素沈着した可能性が高いです。

ただし、歯ぐきに色が着いてしまっても身体に悪い影響はありません。
歯肉の着色について気になる方は、詳しく検査の上治療方法を相談しますので、ご相談下さい。

▲ホワイトニングのTOPへ

ホワイトニング診断

当院でのホワイトニングの診断について簡単にご説明します。
丸子歯科では、ホワイトニング診断用紙があります。
この用紙は、ホワイトニングをやる前の歯の色や状態を記入していくものです。

ホワイトニング診断用紙

ホワイトニングは、どの歯も全て白くなるわけではありません

例えば、前歯にかぶせ物やつめ物が入っている場合その部分だけは白くなりません。
そうなると白くなった所と、なっていない所の色の差が出てきてしまいます。

ホワイトニングをやる前に、このような歯の状態を患者さんに知って頂くために診断用紙を記入しています。
これをやることで、患者さんがどこを一番気にされているのか、ホワイトニングで白くなりやすい歯なのか、ホワイトニングの薬剤で症状は出やすいのか などいろいろなことがわかるようにこの用紙を使用しています。

診断に少し時間はかかりますが、細かい診断をすることで安心して頂けると思います。

この診断用紙以外にも、歯の状態の写真を撮ります。これは、ホワイトニングをする前の歯の色を写真に残します。開始前と終了した後の写真を比べると、大きく差が出ていて患者さんにもとてもわかりやすいようになっています。

最終確認

最終確認

最後に、最終確認のため「ホワイトニング確認書」で1つずつ説明していきます。

これは、ホワイトニングをするにあたっていくつかの症状や変化があることを説明し、場合によってはホワイトニング後に治療をすることもあるなどと説明していきます。
この説明内容については人それぞれ個人差がありますので説明内容が異なることもあります。

以上が丸子歯科でのホワイトニング診断です。
ホワイトニングをしてみたい方、又一度話だけでも聞いてみたい方、気になる方はお気軽に声をかけて下さい。

▲ホワイトニングのTOPへ

ホワイトニングQ&A

Beautiful young woman

ここが聞きたい!ホワイトニングQ&A

Q1.ホワイトニングの診断で術後を予想できますか?

A.ある程度は予想できます。
しかし、変色原因・変色程度・歯質など数多くの要素が関係してくるため「白く美しい歯」といっても個人差が大きく、どの程度まで白くできるかを確実に予想することは困難です。
さらに、ホワイトニングを実行する回数や時間などでも差がでてきます。

Q2.虫歯がある場合もホワイトニングできますか?

A.できます。
虫歯部分がそのまま露出した状態でホワイトニングをすると、痛みの原因になりますので、ホワイトニング実施前に虫歯の治療を行います。

Q3.白さはどれくらい持続しますか?

A.半年から1年を目安にして下さい。
コーヒーやワインなど色味の強いものを頻繁に飲食される方とそうでない方では、持続する長さも異なります。

Q4.しみて痛くなると聞いたのですが・・・?

A.確かにしみて痛みがでることはあります。
約50%くらいの方に程度の差はありますが発生します。
しかし、その対策をとりますので、一時的にしみていても数回で改善してくる方がほとんどです。

▲ホワイトニングのTOPへ

PAGETOP