豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
投稿
  • HOME »
  • まるこBlog

まるこBlog

豊田市の丸子歯科 「コロナウイルス対策」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの吉田です。

丸子歯科ではコロナウイルス対策を行っています。

受付にて検温・手先の消毒や体調確認問診表の記入のお願い、

パーテーションの設置、診療室にて治療前の全員の方にうがいのお願い、

治療後に徹底した消毒、また換気を行っています。

各チェアーの間にもパーテーションを設けて感染対策を行っています。

密を避けるために、待合室が混み合う時間帯にはお車での待機を

お願いさせていただいておりますのでご協力をお願いします。

まだまだ油断はできないと思います。

私自身も手洗い・うがいや消毒などを徹底して行い

マスクの着用を常にしていきたいと思います。

丸子歯科に受診される際には必ずマスクの着用や消毒などの

ご協力をお願いいたします。

豊田市の丸子歯科 「ZOOMミーティング」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松井です。

丸子歯科では月に1回、スタッフ全員でミーティングと

勉強会を行っています。

新しいマニュアルや材料、商品など知識をみんなで共有しています。

しかし新型コロナウイルスの影響で、全スタッフが集合することが

難しくなってしまいました。

そこで丸子歯科でもZOOMを取り入れてミーティングを行うことになり

各スタッフが自宅からパソコンやスマホで参加しました。

初めは上手くいくか心配でしたが、音声や画像のトラブルもなく終えることが出来ました。

顔を合わせて話をすることも大切ですが、新しいことや便利なことを取り入れるのも

これから大切にしていこうと思います。

豊田市の丸子歯科 「丸子歯科の感染対策」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの渡邊です。

今回は丸子歯科で行っている感染対策の1つを取り上げたいと思います。

うがいや手洗いは接触感染を防ぐために行われていますが

飛沫感染もコロナにかかる原因になります。

歯の治療において飛沫が起こってしまいますが、対策を強化するためにも

口腔外バキュームを使用しています。

お口の中の水を吸引する機械とは別に、空気中に飛び散った水を吸引することが

できる口腔外バキュームを導入しています。

その他にも、対策としては当院ではフェイスシールドを着用しており

みなさんが安心して来院できるようこれからも感染対策に努めていきたいと思います。

豊田市の丸子歯科 「虫歯ゼロを目指して」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの鈴木です。

我が家の2歳になる孫は、歯磨きが大嫌いです。

ママが歯ブラシを持ってくると逃亡します。

似たような話を丸子歯科に来院されるお母さん達からもよく聞きます。

虫歯にならない様にしっかりと歯磨きをしなくちゃ!

と思う気持ちはよくわかります。

でもその歯磨きの時間は、お母さんもお子さんも苦痛な時間になっていませんか?

幼児期の歯磨きは習慣づけるのが大事です。

お子さんが嫌がるからと、急いで硬い歯ブラシでゴシゴシ怖い顔で磨いていませんか?

楽しく歯磨きをするために、おしゃべりしながらや歌に合わせて

やわらかい歯ブラシで力を抜いてやってみるなどありますが、

普段から家庭用フッ素を取り入れたり、おやつをダラダラ食べないなど

家庭でできる虫歯予防をやってみませんか?

「虫歯ゼロをめざして」様々な情報提供を行っています。

豊田市の丸子歯科 「食欲の秋」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの広森です。

だんだんと肌寒くなり、秋がやってきました。

秋と言えば、ご飯がおいしい季節ですね。体重が増えてしまうのも気になりますが

食事をした後のお口の中は虫歯になりやすい環境になってしまいます。

なので、おいしい食べ物を食べた後はしっかりと歯を磨きましょう。

また、ダラダラ食べはお口の中の環境がずっと悪い状況になってしまうので

食べる時間を決めてその時間でしっかり食べるようにしましょう。

特に甘い砂糖が入っている物は口の中が酸性に傾いてしまい、

その酸が歯を溶かして虫歯になってしまいます。

秋が終わると冬になりますが、体調に気を付けてお過ごしください。

豊田市丸子歯科 「ホワイトニング体験談」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの藤村です。

みなさんご自身の歯の色が気になっていませんか?

私は元々少し黄色っぽく気になっていました。

ここ数年でホワイトニングをしている人が多くなったことで、

私もホワイトニングをしたいと思い、ホームホワイトニングをしました。

約3ヶ月毎日寝る時にトレーを装着し、これ以上は白くならないと言われるまで頑張りました。

でも私の歯質では、芸能人のように白くはなりませんでした。ですが満足いく白さになりました。

途中冷たい物や温かい物がしみたり、咬み合わせると少しギシギシするような

嫌な感じの症状が出ましたが、あまり気になる時は1日2日やめたりしながら続けました。

面倒くさがりの私でも、白くしたい一心から毎日の装着・トレーの洗浄をやってこれました。

白くなった後も放置すると少しずつ元の色に戻ってしまうので

月に2,3回行って白さをキープしています。

ただ、今はコロナウイルス流行でマスク生活なので見せる機会がないのが残念ですが・・・。

ホワイトニングに興味がある方は、当院にご相談ください。

豊田市の丸子歯科「丸子歯科の感染対策」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの渡邉です。

今回は丸子歯科で行っている感染対策を1つ取り上げたいと思います。

うがいや手洗いは接触感染を防ぐために行なわれていますが、飛沫感染もコロナにかかわる原因になります。

歯の治療において飛沫がおこってしまいますが、対策を強化するためにも口腔外バキュームを使用しています。

お口の中の水を吸引する機械とは別に空気中に飛び散った水を吸引することができる口腔外バキュームを導入しています。

その他にも対策としては、当院ではフェイスシールドを着用しており皆さんが安心して来院ができるようにこれからも感染対策に努めていきたいと思います。

豊田市の丸子歯科 「コロナウイルス対策」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの吉田です。

丸子歯科ではコロナウイルス対策を行っています。受付にて検温・手先の消毒や体調確認の問診票の記入のお願い、パーテーションの設置。

診療室にて殺菌水にてうがいのお願い、治療後には徹底した消毒、また、換気を行っています。

密を避けるために待合室が込み合う時間帯には、お車での待機をご案内させていただいておりますのでご協力をお願い致します。

少しづつ感染者の人数も減ってきていますが、まだまだ油断はできないと思います。

私自身も手洗い・うがいや消毒などを徹底して行い、マスク着用を常にしていきたいと思います。

丸子歯科に受診される際は、必ずマスクの着用や消毒などのご協力をお願い致します。

 

豊田市の丸子歯科 「歯科技工士」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの大島です。

先日新聞で、歯科技工士の記事が掲載されていました。

患者さんが歯科に来院されて接するのは、歯科医師・衛生士・助手などです。

記事を読み、歯科技工士は患者さんと接することが少ないので

紹介させて頂こうと思いました。

歯科技工士がしている仕事は、取った歯の型を基に入れ歯やかぶせ物、

インプラント(人工歯根)などの製作をしています。

歯に被せる小さなものなので、コンマ何㎜の違いで歯にはまらなかったり

咬み合わせが合わなかったりします。

細かな作業に集中してやる大変な仕事です。

丸子歯科では外部の技工所に依頼させていただくため

型をお取りしてから2週間程日にちがかかりますので

御理解のほどよろしくお願い致します。

豊田市の丸子歯科 「アルコール消毒」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの藤田です。

私たちの身体のパーツで、他の人や物

もしくは自身と触れ合っていることがダントツで多いのが

「手」と言われています。

新型コロナウイルスの対策としてアルコールが使われていますが

濃度としては70%以上95%以下のエタノールが効果的と言われており

今ではお店などどこかへ立ち寄るとアルコール消毒が当たり前になっています。

当院でも受付にて、マスク着用とアルコール消毒をお願いしており

診療室では換気と消毒を徹底して行っております。

患者さんが安心して丸子歯科に来て頂けるよう

これからも新型コロナウイルス対策を行っていきたいと思います。

豊田市の丸子歯科 「うがい手洗い」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの横山です。

今回は新型コロナウイルス対策で重要視されている

「手洗いうがい」についてお話します。

マスクをするのはもちろんですが、それよりも気をつけたいのが

接触感染を防ぐためのうがいと手洗いです。

これはコロナウイルスに限った話ではなく、インフルエンザや風邪など

感染予防に非常に有効な行動です。

飛沫感染よりも接触感染の方が日常的に可能性が高いため

こまめにうがい手洗いをしましょう。

手洗いでは、石鹸を使って20秒以上洗うのが大切だそうです。

その後に手指のアルコール消毒を行うとより効果的なので

是非実践してみてください。

うがいに関しては、水道水だけのうがいよりも

殺菌効果のあるイソジンやリステリン、次亜塩素酸などが有効と

報道がされています。

少なくとも歯周病菌を減らす効果とコロナウイルス拡散防止の効果は

明らかなので、消毒効果のあるうがい薬を併用されることをおすすめします。

今度うがい薬の効果、歯磨きの効果などが報告されると思いますので

注目して下さい。

豊田市の丸子歯科 「仕上げ磨き」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの横井です。

私には3歳になる娘がいます。

歯科衛生士という職業柄、娘には絶対に虫歯はつくらないぞ!という

気持ちが強く、いつも一生懸命歯磨きをしていました。

そんな気持ちは娘には届かず、だんだん歯磨きを嫌がるようになってしまいました。

歯磨きを上手にできたご褒美にキシリトールのタブレットをあげてみたり、

歌を歌ったり、とにかく娘が歯磨きに興味を持ってもらえるように!と

チャレンジしましたが上手くいきませんでした。

そんな時、仕事でも母親としてもベテランの先輩から

「自分の歯磨きを100%するのが難しいように、子供に100%歯磨きするのはもっと難しい」

というお話を聞いて、ハッと気づかされました。

「虫歯にしたくない」という気持ちが強くて、娘にとっては楽しくない雰囲気だったのかもしれません。

それからは肩の力を抜いて、笑顔で歯磨きをするように心掛けています。

最近は以前よりも嫌がることも減り、『おかあさんといっしょ』の仕上げ磨きの歌を歌いながら

歯ブラシを持ってくるようになりました。

丸子歯科には子育てのベテランの方がたくさん在籍していますので

お子さんの歯磨きに悩んでいる方がいたら是非相談してください。

豊田市の丸子歯科「免疫力を高めよう!」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの山田です。

緊急事態宣言が解除され、新型コロナウイルスも落ちついてきましたが、まだまだ油断は禁物です。

新型コロナウイルスに感染しないために、3つの密を避ける他に、私たちがきをつけるポイントは3つあります。

①手洗い・うがい   ②健康管理(免疫力を高める)  ③換気と適度な湿度保つ  です。

手洗い・うがいはほとんどの方が意識して気を付けている事だと思いますが、その中でもとくに大切なのは健康管理です。

偏った食事や睡眠不足は、身体の免疫力を下げてしまいます。

バランスのとれた食事と十分な睡眠など規則正しい生活リズムを心がけましょう。

当院では免疫力チェックを行っておりますので、お気軽に声をかけてください。

豊田市の丸子歯科 「丸子歯科のコロナ対策」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの鈴木です。

丸子歯科では、感染予防対策として次のことを実践しています。

1、治療前の検温

2.入口・窓を開けて換気

3、加湿器の使用(6台)

4、待合室の人口密度をできるだけ減らす

5、受付や各チェアーごとに仕切りを設ける

6、治療前に消毒液でうがいをして頂く

7、口腔外バキュームを使用

8、アルコールにてチェアー等の消毒

9、スタッフは医療用マスク・防護面を使用

10、使用した器具は高圧滅菌

11、大型空気清浄機の使用

まだ油断はできませんが、今後安心して暮らせる日が早く戻ることを願いつつ

皆さんの健康サポーターとして丸子歯科は日々改善をしていきたいと考えています。

豊田市の丸子歯科 「鼻呼吸でお口も体も健康に」

こんにちは、豊田市丸子歯科スタッフの松村です。

毎年6月4日から10日までの一週間は「歯と口の健康習慣」です。

みなさんはお口の健康について困っていることはありませんか?

今日の新型コロナウイルスの流行により、1日中マスクをして過ごしている方も

多いのではないでしょうか。

そこで心配なのは、口呼吸です。

マスクをすることで息苦しくなり口呼吸をしてしまうと、お口の中が乾燥し

口腔内細菌数の増加・唾液の自浄作用の低下がおこり

虫歯や歯周病への影響が大きくなってしまいます。

また、鼻呼吸では鼻毛がフィルターとなって

ほこりやウイルスをキャッチしてくれますが、口呼吸ではそれがありません。

全身の健康のためにも、鼻で呼吸することを意識していきましょう。

とはいえ、外出の際にはマスクをして感染拡大の予防に努めたいものです。

ただし小さいお子さんの場合には、マスクの装着による呼吸困難や熱中症の可能性も

報告されていますので、マスクの使用は必要最低限をおすすめします。

豊田市の丸子歯科 「子どもの口臭」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの片山です。

私にはもうすぐ1歳になる孫がいます。

先日娘から、孫の口臭が気になると言われました。

子どもの口臭にはいくつか原因がありますが、

生理的なもの、口呼吸によるもの、虫歯やそれ以外の原因があります。

まずはお子さんの様子をよく観察して

どういった時に感じるかを調べます。

朝起きた時は、お口の中の細菌が一番多いです。

しっかりと歯磨きをしてあげましょう。

5歳以上になっても口呼吸をしているようですと

鼻炎やアデノイドの可能性もあります。

耳鼻科の受診をおすすめします。

お子さんの症状をしっかり把握することが大切です。

私も、娘にしっかりリサーチしてアドバイスしました。

気になる方はご相談ください。

豊田市の丸子歯科 「口腔機能を高めるおすすめ食育レシピ」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの都築です。

みなさん、よく咬んで食べると良いと聞いたことはありますよね。

よく咬むことによって沢山唾液がでたり、しっかりお口を閉じてご飯を食べることで

お口の周りの筋肉を鍛えることが出来ます。

日々の料理の中で少し工夫をするだけで、咬み応えをアップすることができます。

そこでおすすめなのが、切り干し大根入りのハンバーグです。

豚ひき肉を使うことで、豚肉に含まれる亜鉛も取り入れることができ、

豆腐も入れることで植物性タンパク質も取り入れることができます。

タンパク質と亜鉛は、免疫力アップにもおすすめなので

ぜひ試してみて下さい。

丸子歯科でもプレオルソという、歯を抜かずに矯正できる装置があります。

適応症があるので歯並びが気になる方は気軽にご相談ください。

豊田市の丸子歯科 「フェイスシールドとマスクを頂きました!」

こんにちは豊田市の丸子歯科です。

トヨタ自動車様からフェイスシールドを

やまのぶ様からマスクを

ご寄付頂きました。

ありがとうございました。

大切に使わせて頂きます。

豊田市の丸子歯科 「あなたの免疫力、大丈夫!?」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの上野田です。

愛知県にもついに緊急事態宣言が出ましたね。

みなさんは、お家でどのように過ごされていますか?

丸子歯科はお口の健康サポーターだけではなく、人生のサポーターになれることを目指しています。

この機会に免疫力のチェックをしてみませんか?

生活習慣や食生活はあなたの健康に大きく影響があります。

少しでも気になった方は、一度スタッフに声をかけてみてください。

ストレスも免疫力を下げる要因の一つです。

大変な日が続きますが、お家で出来るストレス発散方法を見つけてみませんか?

  

豊田市の丸子歯科 「塗装工事終了!リニューアルした丸子歯科」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの福田です。

令和2年3月15日に長かった塗装工事が終わりました。

壁は白く輝き、エレベーターの扉は青くカッコよくなりました。

そして塗装の際にかかっていた黒い幕も取れたことによって

医院内にも光が戻ってきました。

業者の方も朝8時前から塗装工事を始め、雨の日でもすごく頑張って頂きました。

本当にありがとうございました。

患者さんには、塗装の臭いが気になった方もみえたと思います。

大変ご迷惑おかけしました。

外見の変化と共に、内部の変化も一部あります。

最近のコロナウイルス対策として、空間除菌を目的として

次亜塩素対応の加湿器が4台追加されました。

今までの大型空気清浄機3台と共に可動しており、空気管理も充実しました。

 

豊田市の丸子歯科 「そうだ!インプラントにしよう!!」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの杉浦です。

私は左上の小臼歯の1本が、平成30年12月29日に破折してしまいました。

それから治療をしましたが、違和感がずっと続いたので抜く決断をし

令和1年11月に丸子歯科で患者として抜歯をしました。

パンフレットにも書いてあるように、できるだけ痛くない治療方針で

個人差もあると思いますが、私には全く麻酔が痛くありませんでした。

初めての抜歯で、腫れたり痛みが続くのか心配でしたが

特に腫れることもなく痛みも出ませんでした。

これから抜いた場所をどうするか考えて、インプラントをしようと思いました。

次の来院時CTを撮る予定です。

皆さんも歯に違和感があったり、抜いた場所が気になる方は

治療方針の相談に来てください。

豊田市の丸子歯科 「感染症予防」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松尾です。

新型コロナウイルスの流行によって、とても心配な状態が続いています。

マスクが手に入らなかったり、学校がお休みになったりと

色々なところに影響が出てきています。

感染症を予防するには、手洗いうがいやマスクの装着も大切ですが

口の中を清潔に保つことも大切です。

手洗いうがいに加えて、歯磨きもしっかり行って

少しでも感染症のリスクを減らしましょう。

丸子歯科の受付にはアルコール消毒も設置してありますので

来院された際にはお気軽にお使い下さい。

さらに、加湿器はウイルス対応型次亜塩素酸混入タイプを使っていますので

空間除菌を心掛けています。

入口、受付、診療室に設置してあります。

 

豊田市の丸子歯科 「妊娠中の口腔管理」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの鈴木です。

我が家のお嫁さんは4月に2人目を出産予定です。

自分の体調管理も大変な時に、家の事をしたり

まだまだ手のかかる1人目の面倒をみたりと大変そうです。

妊娠中はつわりで歯磨きがおろそかになったり

女性ホルモンの変化により、歯肉に炎症が起きやすくなったりと

口腔管理に十分気をつけなければなりません。

つわりがひどくて歯磨きが出来ない時は

食後に水でうがいをすることや

安定期に入ったら体調の良い時に気分転換がてら

歯科でしっかりクリーニングをして歯周病菌や虫歯菌を

減らしておくことをおすすめします。

赤ちゃんが生まれてからは、なかなか出かけるのも大変になります。

出産前に歯科医院に足を運んでみてはいかがでしょうか。

豊田市の丸子歯科 「親知らず抜歯体験記 日帰り編」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの吉田です。

先日、親知らずを豊田厚生病院の口腔外科で抜いてきました。

抜こうと決意したのは、1ヶ月に2~3回ほど押されるような痛みが続いたからです。

抜歯するまでの流れを紹介します。

①まず丸子歯科にて紹介状を出しますので、口腔外科に診察に行く日程を

ネット予約します。予約は混み合っているため、約1ヶ月後でした。

②予約日には、必ず紹介状と保険証、診察券(ある方のみ)を持って

予約時間の30分前に4番受付に行きます。

③次に診察してもらい、抜歯する日を決めます。

抜歯する日は、月・水・金曜日の13:30~16:00と決まっています。

抜歯の予約は、診察日から約1ヶ月半~2ヶ月後でした。

④当日は再来受付へ行き、受付後にいよいよ抜歯をします。

抜歯にかかった時間は30~40分ほどで、術中の痛みも全くありませんでした。

帰りに処方せんで薬を出してもらい、麻酔が切れる前にまず1回分飲みました。

当日のご飯は痛くて咬めなかったので、野菜ジュースを飲みました。

⑤次の日には、顔の右側だけパンパンに腫れてしまい

口が開け辛くて傷口はじんじんと痛んだので、薬は毎食後必ず飲みました。

⑥抜歯から1週間後、抜糸に厚生病院にいき状態も良好だったの為、口腔外科での診察は終わりました。

⑦抜歯後1週間はじんじんと痛いことがあり、口が開け辛かったですが、その後は傷口が治るとともに痛みもなくなりました。

⑧しばらく7番目の歯がしみるのが続きましたが1ヶ月ほどでしみるのもおさまりました。

顔が結構腫れるので大事な用事がある時の抜歯はあまりおすすめ出来ないと感じました。

抜歯を迷われている方は一度丸子歯科で相談してみてください。

ご希望があれば紹介状をお出しします。

個人で行かれると外来加算が3000~5000円ほど余分にかかりますのでご注意ください。

厚生病院口腔外科の先生がた、お世話になりました。ありがとうございました。

 

  

豊田市の丸子歯科 「大掃除」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの横井です。

丸子歯科では、毎年最終診療日の午後から

年末恒例の大掃除を実施しています。

私は入社1年目なので、今回が初めての参加でした。

普段は手の届かない細かい所を掃除したり、

新しい物に取り替えたりと、診療室も待合室もピカピカになりました。

大掃除の後は院長主催のじゃんけん大会がありました。

私もきしめんとエゴマ油、お菓子を頂きました。

じゃんけんに負けたスタッフも参加賞を頂くことができて

みんなでワイワイしながら過ごせました。

今年もキレイな診療室で心機一転頑張ります。

豊田市の丸子歯科 「新年の目標」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松井です。

新しい年になりましたが、みなさん新年の目標は立てましたか。

丸子歯科では毎年目標を立てて、スタッフみんなの前で発表をしています。

目標を発表することで、自分自身に良いプレッシャーを与えることができ

先輩からはアドバイスや協力を得ることができます。

また毎月1回、朝礼で目標の進行状況を報告します。

これで1月に立てた目標を、12月まで忘れることなく1年間

目標に向かって頑張ることができます。

令和2年も丸子歯科をよろしくお願い致します。

 

豊田市の丸子歯科 「忘年会」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの横山です。

令和1年12月11日に荒井寿司で忘年会がありました。

一人が一つずつプレゼントを用意してプレゼント交換をするという

楽しい企画もあります。

丸子歯科はとてもスタッフの人数が多いです。

普段ゆっくりと話せない人とも話せて、とても楽しい時間になりました。

忘年会には、いつもお世話になっている業者の方も参加します。

業者の方はもちろん、改めて丸子歯科はチームワークがとても大切で

成り立っていると思いました。今回の忘年会を通して、より一層チームワークが高まりました。

豊田市の丸子歯科 「8020運動」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの加藤です。

秋口に入り、涼しくなってまいりました。

日本歯科医師会では8020運動というのがあり

「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。

残存歯数が約20本以上あれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

この運動が始まったきっかけは、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように、

との願いが込められています。

医療技術の進歩や人々の健康への関心の高まりなどがあって

先進国の平均寿命はどんどん長くなり、「人生100年時代」と言われるようになっています。

そのためには、歯を失う原因の虫歯と歯周病を予防できれば、

自分の歯を長く使い続けることができるのです。

虫歯や歯周病を防ぐには、プラークが作られにくい食生活を心掛けるとともに、

歯についたプラークをしっかり落とすことが必要です。

定期的に歯科医院に通う人と、通わない人の差は大きいので

定期健診で虫歯や歯周病の予防をしていくことをおすすめします。

豊田市の丸子歯科 「親知らず抜歯体験記」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの鈴木です。

私自身の親知らず抜歯体験についてお話します。

私は長期連休中に痛みが出て、食事も睡眠もまともに取れない状態が3~4日続きました。

痛み止めも効かず、耐えきれなくなり連休明けに急遽診てもらったのですが

上の親知らずが歯茎にあたり、炎症が起きていたそうです。

痛みに耐えきれなかったので、私は上の親知らずの抜歯を決断しました。

まず麻酔をします。治療の中で痛かったのは麻酔だけでした。

チクっとするだけで一瞬で終わりました。

次はペンチのような器具で抜きます。ミシミシ音はしますが、特に痛みもなく

意外と簡単に抜けました。

内服薬をもらい、3~4日すると痛みも軽減してきました。

ここまでの痛みは初めてだったので貴重な経験ができました。

皆さんは痛みに耐えきれなくなる前に対応することをおすすめします。

豊田市の丸子歯科 「孫育てで育児やり直し」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの大島です。

新聞に「孫育てで育児やり直し」と書かれている見出しに目が留まりました。

「孫はかわいいが、しんどいことの方が多い」とあり、その通りだと思いました。

自分も、娘が仕事で土日などに二人の孫を預かることがあり

自分が娘たちにやれなかったことを、孫にやってあげたいと思いました。

今年の1月から孫を預かるようになりましたが、義母の介護もしており

最初は気持ちにも余裕が全くありませんでした。

義母は平日はデイサービスに行き、土日は家で過ごしていますが

家では1日ほとんどを寝て過ごしています。

最近、孫と義母と半日過ごすことがあり、1歳・4歳の孫と義母が長時間遊んでいるのを見て

お互いがない生活環境を得ることができて良かったと思います。

それまでは、別々に面倒を見ないといけないと思い込んでいたので

介護と孫の面倒をみることについて少し気が楽になりました。

育児やり直しというより、自分が孫たちと義母に教えてもらった気がします。

豊田市の丸子歯科 「キッザニア 小さな先生の誕生」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの福田です。

2019年8月8日木曜日、夏の猛暑の中

丸子歯科では今年も、ゼロフェスタにてキッザニアを行いました。

ゼロフェスタとは、毎年丸子歯科が開催する一大イベントの一つです。

参加料は200円です。それぞれ担当するスタッフがお手伝いをしながら

親御さんと共に、子どもたちは目を輝かせながら歯医者の仕事を体験します。

チェアー体験では、親御さんが患者役になり子どもは先生になって

お口の中を診察します。その際、口の中に飛び込まんばかりに一生懸命な子どもたちを

見るのはとてもかわいいです。

その他にも、実際に歯科で扱う機械に触ったり、顕微鏡で細菌が動くのを見たり

指の型どりや予防歯科のクイズ。マジックショーなど内容は盛りだくさん。

親御さんたちにとって子どもと過ごす貴重な時間となったと思います。

参加人数は先着15名までですので、今年も申し込み初日には定員オーバーとなってしまい

参加が出来なかった方も多数出てしまいました。

来年も夏休み期間を開催予定しますので、ご参加をお待ちしております。

 

豊田市の丸子歯科 「虫歯は移る」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの片山です。

今年5月に孫が生まれました。

この仕事をしていて、自分が子育てをしていた時には知らなかったことを

たくさん知りました。

一番大きなことは、「虫歯は移る」ということです。

一つのスプーンを使って食事を与えたりすると、虫歯菌は移ります。

それを防ぐためには、唾液によって移るという正しい知識を持つことが大切です。

子どもを守ることが出来るのは、一番近くにいる親御さんです。

まずはご自身のお口をしっかりと見直すことが、第一歩だと思います。

私も自分の子育て中には知らなかったことや、出来なかったことを

娘や孫にしてあげれたら嬉しいです。

まだ3か月の孫は今が一番大切だと、母親である娘に伝えました。

豊田市の丸子歯科 「キッザニア準備中です」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松尾です。

今年もキッザニアの開催が近づいてきました。

私たちスタッフも皆さんに楽しんでもらえるように、準備をすすめています。

毎年大人気のキッザニアを、今回は午前・午後に分けて2回開催しますので

例年よりたくさんのお子さんに参加していただくことが出来ます。

ただ、6月29日に募集を開始したところ、有難いことに

午前・午後の両方とも1時間ほどで満席になりました。

今年もお子さんに歯医者さんになってもらうお仕事体験のほかに

クイズ・マジックなど楽しい企画が盛りだくさんです。

きっと夏休みの楽しい思い出になると思いますので

開催まであと少し楽しみにお待ちください。

豊田市の丸子歯科 「梅雨の過ごし方」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの鈴木です。

この時期は低気圧のため、体がストレスを感じ疲れやすくなると言われています。

自律神経のバランスを整えるため、規則正しい生活を送りましょう。

長雨が続き、運動不足になりがちです。血の巡りを良くするため、家でもできるストレッチも

良いかもしれません。足首をグルグルと回す・背筋を伸ばすという、簡単なものでも

効果はあります。少しぬるめのお風呂にゆっくり入り、温まった体でストレッチをしてみては

どうでしょうか。

また、疲労回復に効果的なビタミンB群(豚肉、さば、納豆など)

ストレス対策に効果的なビタミンC(レンコン、ブロッコリー、イチゴなど)を

摂るのも良いですよ。

これで憂鬱な梅雨の時期を乗り切りましょう!

豊田市の丸子歯科 「新元号」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの吉田です。

5月1日から新元号「令和」になりました。

私自身、元号が変わる瞬間をみたことがなかったので、とてもワクワクしていました。

街で「令和」の文字をたくさん見るようになりましたが、丸子歯科でも新元号に向けて

準備をしていました。まだまだ慣れず、つい「平成」と書いてしまいそうです・・・。

先月にはスタッフほぼ全員の制服も新しいものに変わり、雰囲気も大分変りました。

新元号と共に、お口の中の状態もより一層良い状態が保てるように

丸子歯科は常にレベルアップを目指し、みなさんのお口の健康をサポートしていきたいと思います。

豊田市の丸子歯科 「訪問診療」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの大島です。

今90歳になる義母の介護をしています。年々歩行することが困難になってきています。

病院に受診する時車椅子を使うので、車椅子で病院に入れるか

雨の時には車の乗り降りが濡れずに出来るかなど心配なことが多いです。

丸子歯科にはエレベーターがあり、建物の下にも駐車場があるので

雨の日でも安心です。

家からの移動が難しい方には、訪問診療もしております。

歯のクリーニング・入れ歯の調整、応急処置などを訪問していますので

気になる方はご相談ください。

豊田市の丸子歯科 「母子感染」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの江口です。

我が子を虫歯にさせたくない!お子様の大切な歯を虫歯から守ってあげたいと

みなさん思われるのではないでしょうか。

産まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。

では、なぜ子どもは虫歯になってしまうのでしょうか?

それは、虫歯菌がお母さんなど身近な大人から移ってしまうから。

コップやお箸などの食器の共有や、大人が咬んだものを与えたり

愛情表現のキスをしたりすること・・・つまり母子感染を避けるには、

食器を共有しないよう注意するほか、大人のお口から虫歯菌を

減らしておくことが大切です。

私にも、3才と1才の子どもがいます。赤ちゃんの頃から、口移し・食器の共有など

注意してきました。今のところ2人とも虫歯はありません。

虫歯予防を全てやるのはハードルが高いですが、大人の方はご自身のためには

もちろん、大切なお子さんのためにも日頃からセルフケアを心がけましょう。

豊田市の丸子歯科 「バレンタイン」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの西元です。

2月14日に丸子歯科ではバレンタイン企画を行いました。

男性の方に、日頃の感謝の気持ちを込めて

キシリトール100%配合のチョコレートをお配りしました。

甘い物=虫歯になる、と考えている方も多いと思いますが、

1日に食べる回数に気を付けたり、キシリトールを中心としたシュガーレスの

お菓子を食べることで、虫歯予防に繋がる製品もあります。

当院では、キシリトール100%のガムやグミ、タブレットなども紹介しています。

興味のある方は、スタッフに気軽にお声掛け下さい。

 

豊田市の丸子歯科 「丸子歯科の朝礼」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの山口です。

ある日の朝礼の様子です。

「ハッピー!ついてる!絶好調!うれしい。楽しい。ありがとう。感謝しています・・・」

と、皆で大きな声を出しポジティブ感を高めます。

8時半からの掃除と診療準備を終えて、多少ボケッとしていた頭もスッキリし

9時診療開始の患者さんを笑顔でお迎えするための準備運動です。

発する言葉によって、行動・性格・考え方が作られ

周囲の人にも多大に影響すると考えられています。

プラス言葉を出すことによって、心がプラスの方向に動き出し

周りの人を明るく元気に出来たら、と思います。

ところで、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが

丸子歯科の制服が変わりつつあります。

現在移行期間のため、新旧混在しています。

白衣に青かピンクのエプロンは、以前から慣れ親しんで頂いたものです。

新しい制服は、白ベースにベージュのワンピースと、

同じく白・ベージュの上着に、動きやすい黒のパンツタイプです。

白という色のためか、新しい制服はまだ何か気恥ずかしい気もしますが・・・

新たな気持ちで引き締まる思いです。

歯科治療に行くのは気の重いものですが、患者さんにとって

少しでも心地良い場所になるように努力して行きたいと思います。

豊田市の丸子歯科 「ガムについて」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの山田です。

皆さんは、普段何気なく食べているガムが

実は色々な予防に繋がっていることをご存知でしょうか?

ガムは、むし歯予防歯もちろん、口臭予防や歯周病対策

認知予防や禁煙補助などにもなるんです。

咬むということは、お口の健康づくりにはとても欠かせないことです。

また当然ながら、それなりの咬み方も必要となってきます。

例えば、口を開けて咬んだり、不必要に強い力で長時間咬んだりすると

咬み方によっては薬にも害にもなってしまいます。

丸子歯科では、ガムを使ってお口まわりのトレーニングをお勧めしています。

簡単な方法で舌やお口まわりのトレーニングが出来ます。

詳しく知りたい知りたい方は、来院時にスタッフまでお声かけください。

豊田市の丸子歯科 「仕上げ磨き」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの加藤です。

お子さんに仕上げ磨きで困っている親御さんは多いと思います。

当院のあるスタッフが、患者さんからこんなことを教えて頂きました。

YouTubeで「虫歯建設株式会社」という歌の動画を見ながら仕上げ磨きをしたら上手に出来たそうです。

仕上げ磨きは大切なのですが、無理にやってもお子さんは嫌がってしまうのでお子さんの好きなキャラクターの歯ブラシを使用したり好きな歌やテレビ番組などを見ながら歯磨きをするのも良いと思います。

「虫歯建設株式会社」のYouTubeの動画はひとつの参考例としてご紹介しました。一番良いのは、お子さんが楽しく仕上げ磨きができるように色々試してみることです。

仕上げ磨きで悩まれている親御さんは、お子さんの検診の時にお声掛け下さい。仕上げ磨きをする時のポイントなどをお話しさせて頂きます。

豊田市の丸子歯科 忘年会

こんにちは。丸子歯科スタッフの松村です。

平成30年12月5日(水)に忘年会を行いました。

私は今年度入社した1年目なので、忘年会への参加は初めてでした。

今年はかに甲羅へ連れて行っていただいて、おいしいカニをたくさんごちそうになりました。

忘年会の席はくじ引きで決めたので、普段はあまり話をしないスタッフとも仕事の話やプライベートの話が出来て、楽しい時間になりました。

忙しい中忘年会をする時間を作って下さった院長に感謝をして明日からも元気に診療を行っていきたいと思います。

豊田市の丸子歯科 メインテナンス勉強会

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの伊東です。

10月のミーティングでメインテナンスの勉強会を行いました。

丸子歯科でのメインテナンス時に確認することや、それぞれの患者さんに合った

クリーニング方法について勉強しました。

患者さんに喜んでもらえて、また来たいと思っていただけるような

メインテナンスを目指していきたいと思います。

また、丸子歯科ではより積極的にお子さんの虫歯予防に取り組んでいます。

歯科医院でのフッ素塗布だけでなく、家庭での食生活の確認や

家庭用フッ素を使用していただくお話しをして一緒に虫歯ゼロを

目指していきます。

新人のスタッフもたくさん入りましたので、みんなで勉強をして

より良いメインテナンスにしていきたいと思います。

 

豊田市の丸子歯科 「院内旅行」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの鈴木です。

平成30年11月8日(木)に院内旅行で滋賀県に行きました。

彦根城では長い石階段を上り、城内の急階段も上り

ヘトヘトの状態でしたが、天主閣から一望できる琵琶湖は絶景でした。

外ではゆるキャラで人気の「ひこにゃん」に会うことができて

とても嬉しかったです。

その後ハーバリウム作り体験もしました。

私はセンスがないのでシンプルな出来上がりになりましたが

みんな素敵な作品を作っていて、誰ひとりデザインがかぶることもなく

個性が溢れていました。早速家に飾ろうと思います。

豊田市の丸子歯科 むし歯ゼロフェスタ

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松尾です。

平成30年10月18日(木)にむし歯ゼロフェスタを行いました。

今年は、去年よりもたくさんの方に参加して頂き

とても賑やかな会になりました。

実験を使ったフッ素の効果、仕上げ磨きの実習、歯に関するクイズなど

楽しみながら学んで頂けるように準備をすすめていきました。

皆さんとても熱心に話を聞いて質問をして下さっていたので

子育てを頑張るお母さん方のお役に立てたかなと嬉しく思いました。

「参加して良かったです」とたくさんのお母さんに言って頂けたので

私達もとてもやりがいを感じました。

豊田市の丸子歯科 むし歯ゼロクラブ

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの光森です。

丸子歯科では、お子さんの歯を虫歯から守るための

「むし歯ゼロクラブ」というものがあります。

約4ヶ月に1回来院して頂き、虫歯になっていないかを確認・フッ素塗布をします。

むし歯ゼロを達成するとごほうびももらえます。

また年に2,3回保護者の方からの質問の多い、お子さんのお口に関する内容を記載した

情報誌「ゼロクラブニュース」を送らせて頂いています。

むし歯ゼロクラブの登録費は無料です。登録されたい方はお気軽にスタッフへお声掛けください。

ぜひ丸子歯科で一緒にお子さんの歯を大切に守っていきましょう。

豊田市の丸子歯科 昼食

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松野です。

午前の診療を終え、ランチタイムに入るわけですがスタッフの人数が

多いのでそれぞれ小さなグループに分かれて食べています。

年齢の差を越えて、若い人たちに交じって楽しくお喋りしたり、

お弁当を見せ合ったり、最近の出来事をお話ししたり、

お腹の虫も泣きつかれた頃の昼食はあっという間に終了してしまいます。

会話の仲間に入れてもらい、いろいろな事が吸収できて有意義な時間で

とても楽しいものです。午後の診療に向けての活力にもなります。

写真はあるスタッフのお母さんが手作りされているワンダフルなお弁当です。

是非ご紹介したいと思い載せました。

豊田市の丸子歯科 丸子歯科での販売グッズ

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの吉田です。

丸子歯科では、多くの虫歯予防グッズを販売しています。

最近ではチェックアップジェルがとても人気があります。

お子さんから大人の方にも幅広く使える家庭用フッ素剤になっています。

味によってフッ素濃度が違うので、興味がある方はスタッフに是非相談してみてください。

他にも、歯磨剤や歯ブラシ、歯間ブラシ等を販売しています。

歯ブラシや歯間ブラシは、1人1人に合ったサイズやお好みがありますので

担当のスタッフに相談してみることをオススメします。

丸子歯科で販売しているグッズは、院長はじめスタッフが実際に使ってみて

評価の高かった物のみを販売しています。

何がいいかなと迷っておられる方はお試しで使ってみてはいかがですか?

豊田市の丸子歯科 職場体験

こんにちは。丸子歯科スタッフの鈴木です。

今年も職場体験に3校(計5人)の中学生が来てくれました。

どの子も、将来医療関係の仕事に就きたいと思い、丸子歯科を体験先に

選んでくれたそうです。

緊張する中、器具を片付けたり薬品の味見をしたり

歯磨きの仕方をチェックしたりしました。

少しずつ慣れてきた頃見せてくれた笑顔の中、一番興味を持ってくれたのは

マウスピースの作製です。

肩を採り、石膏を流しマウスピースが完成するまで

とても不思議そうで楽しそうでした。

2日間はあっという間ですが、今回体験したことが少しでも将来の参考になれば

嬉しいです。

豊田市の丸子歯科 乳歯の生える時期

こんにちは。丸子歯科スタッフの大島です。

「乳歯がなかなか生えてこないけど、大丈夫かなあ」と

心配してみえるお母さんたちも多いと思います。

私には娘が3人います。

次女は、生まれて2日目に歯が生えてきてびっくりしました。

その歯はリガフェーデン病で、舌が傷ついたり、お乳を飲ませる時に痛かったりして

歯を抜く必要がありました。

現在孫が2人います。上の孫は7ヶ月で、下の歯2本・上の歯4本生えてきましたが、

下の孫は8ヶ月でやっと下の歯2本が生えてきました。

乳歯は大体6~8ヶ月頃生え始めると言われていますが

2~3ヶ月の個人差があります。

その子によって生える時期が違いますので、心配はありません。

まれではありますが、2歳近くになっても生えてきていない子もいますので

その時はご相談ください。

1 2 3 »
PAGETOP