こんにちは。豊田市の丸子歯科の日比野です。

令和1年10月13日(日)9時30分から16時30分まで1日びっしりと

小児の保健指導シリーズのセミナーに、院長とスタッフ2名で参加してきました。

午前のテーマは「食育&小児歯科保健指導」でした。

小児の食育は、『栄養指導も大切ですが、食事指導』

何を食べるかよりも、どう食べるかがお口の機能を正常に発達させるには重要、ということでした。

まずは、『あんぐっ』と大きなものを前歯で咬み切る。

そして『にちゃにちゃ』と奥歯でしっかり咬む。

最後に『れーろれろ』と舌を上手に使って飲み込むことが大切です。

お子さんが食べやすいように小さく切るのは控えましょう。

午後のテーマは「小児の口腔機能を考えよう」でした。

お口ぽかーんになっていませんか?

日ごろからお口が開いていませんか?

口で呼吸をしていませんか?

口の周りの筋肉がうまく働いていないのです。

口で呼吸をしていると汚れが付きやすく、虫歯になりやすくなります。

お口の機能を育てるには離乳食から関係しているそうです。

すでに離乳食を卒業しているお子さんも大丈夫です。

気づいたときからトレーニングをしたら改善できます。

今回のセミナーは充実していてとても勉強になりました。

今後の歯科での食育に役立てていきたいと思います。