『妊娠期と歯周病』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの松野です。

歯周病“この病名をお聞きになったことはありますか!?
そうです、歯の病気です。腫れや出血、炎症といった症状等があらわれます。

その歯周病が、妊娠や出産にも影響を及ぼすことがあります。
どのようなことかと言いますと、歯肉に炎症などがある場合に増加する物質に炎症性物質があり、その物質に子宮を収縮させる作用があるため、早産や低体重児出産のリスクが高まる可能性があるということです。

健康で元気な可愛い赤ちゃんを安心してお腹の中で育む前から、ママのお口の中もバッチリケアして出産に臨んでいただけたらと思います。

歯周病チェックリスト