豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • インプラント

タグ : インプラント

インプラントでアンチエイジング

インプラント 食事

「何でもシャキシャキおいしく食事を楽しめる。」

これは、年齢にかかわらず誰もが望んでいることだと思います。食べることは人間にとって、もっとも根本的な幸せのひとつといっても過言ではありません。
しかし、現実には年齢を重ねるにつれ、入れ歯やブリッジをいれる方が増えてきます。それに伴い、こういった方々は、咬むことに満足しておられない場合が多いようです。

これまでは、入れ歯やブリッジが主流でしたから、これからインプラント治療を検討されている方の中には、現在、入れ歯を使っているという方がたくさんいらっしゃると思います。
あるいは、1 本か2 本程度の歯を失った方は、歯がなくなったところの前後の歯を削ってブリッジをいれておられる方も多いと思います。

入れ歯やブリッジを長年使っておられる方へ

ブリッジ

ここで、入れ歯やブリッジを長年使っておられる方にお尋ねします。
次のような経験に覚えはありませんか?

「最初は1本の歯を失っただけなのに、何年か経って気がついたら、入れ歯のバネがかかっていた歯や、ブリッジのために削った歯が少しずつ悪くなってきて、結果的に悪くなった歯を抜歯することになってしまった。それに伴い、入れ歯やブリッジが次第に大きくなってしまった。」

あるいは、
「歯を数本失って仕方なく入れ歯を入れたが、口元の弾力や張りがなくなってしまった。最初の1本がなくなった時点で、他の歯に負担をかけずに対応できる治療があったらよかったのに・・・。」

おそらく多くの方がこのような経験をされていらっしゃることだと思います。

このように、入れ歯やブリッジでの治療の場合、装置をその場に固定させるため、ブリッジの場合は必ず歯のなくなったところの前後の歯を削りますし、入れ歯の場合には、残っている歯にバネをかけて過重な力を負担させたりします。場合によってはバランスをとるために遠くの歯を削ることもあります。

このため将来問題が起こってくるのは、仕方のないことなのですが、インプラント治療が一般的に行われる前までは、入れ歯かブリッジしか治療法がありませんでしたので他の歯への負担は避けようがありませんでした。

インプラントの場合はどうでしょうか?

インプラントは周りの歯を削ったり、負担をかけたりすることはありません。ですから、口の中をだんだん悪くしていく原因にはならないということです。

むしろ、インプラントは咬み合わせる時の力をしっかり分散してくれるので、他の歯の寿命を延ばしてくれているといっても過言ではありません。

インプラント植立前には歯周病でグラグラして抜けてしまいそうだった歯が、周囲にインプラント植立後、咬む力がインプラントに分散できたために、10 年以上問題なく使えている多数の患者さんを毎日診ていますので、時間が経てば経つほどインプラントの効果と素晴らしさを私自身が実感しています。

インプラント治療を始めて18 年になりますが(H 23 年3 月現在)、当初はここまで素晴らしい治療とは考えていませんでした。
「よく咬めるようになる」あるいは「入れ歯が必要でなくなる」という程度の思いでインプラント治療を開始しました。

しかし、インプラントを入れて10 年以上経過する方々の口の中を見て日々感じることは、入れ歯にした方と比較すると

  • 「圧倒的に残っているご自身の歯が元気になる(歯周病の悪化から救われる)」
  • 「メインテナンスに来院してもらえている方は、10 年以上ほとんど問題なくよい状態が保てている(現在99.8%の成功率です)」

そして何よりも

  • 「お口全体の健康がとても維持しやすいのであなたの顔の若さが保てる」

つまり、食生活の改善はもちろん、その上に顔ぼうとご自身の歯を含めた全身のアンチエイジングにとても役立てていると感じています。

特に8020(ハチマルニイマル)の表彰者の方々が、みなさん60 ~ 70 歳くらいに見えることを考えても、歯の健康と顔ぼうの若さが比例することは明らかです。
インプラントを入れてすぐには実感できないかもしれません。しかし、10 年経過した時に、入れ歯を使っている方と比べ、植立した時と顔ぼうがほとんど変わっていないご自身を感じられると確信しています。

年配の夫婦

10 年後には他の方より10 歳若々しくいられるのです。
10 年後も今の自分でいられる。

つまり、

- 10 歳若返る方法- なのです。

▲アンチエイジングクラブのTOPへ

インプラントのよくある質問

手術の時間・治療期間はどのくらいかかりますか?

本数や内容によって異なりますが、手術の時間は約1時間~1時間半。
期間は約3ヶ月~12ヶ月です。

手術は痛くないですか?

局部麻酔を行いますので、術中の痛みはありません。
術後2~3日は痛みや腫れを感じることもあります。痛みは抜歯をした時と同じくらいだとお考え下さい。また消炎鎮痛剤や抗生物質等の薬を術後服用してください。

金属アレルギーは大丈夫ですか?

インプラントに使用するチタンは金属類の中で最もアレルギーが少ない物質ですが、学会での報告によると発生率がゼロではありません。
ご心配な方や金属アレルギーのある方は、事前に皮膚科などでアレルギー検査を受けられることをお勧めします。

インプラントしていると、CT・MRI検査は受けられないですか?

インプラントが入っていても、まれにMRIの画像が少し乱れる場合がある程度で、CT・MRI検査は受けられます。インプラントをしていることを担当医師に伝えてください。ただし、磁力のある装置を使っている場合のみMRIはうまく映りません。

定期検診(メインテナンス)はどうすればいいですか?

丸子歯科では3ヶ月に一度は必ず健診・クリーニングをしますので忘れずに来院して下さい。
普段のお手入れは、他の歯と同じようにていねいにしっかり歯磨きをしてください。特に歯間ブラシの使用はとても有効です。

インプラントはどれくらいもちますか?

当院が使用しているインプラントは開発されて30年、臨床応用されて約25年のものなので、それ以上ははっきりしていません。
ちなみに当院で植立後10年以上使用している方は約99%(H23.2月現在)です。参考までに、10年以上使用率の学会でのデータは以下の通りです。
入れ歯・・・・10~20%
ブリッジ・・・・30~50%
インプラント・・・・90~95%

インプラントに問題がおこったら

骨と接合せず、インプラントが動揺したり、長期間経過後、歯周病になったりすることは、自分の歯と同じようにまれではありますが起こりえます。当院では、定期メインテナンスに通院している方には、5~7年間の無料保証期間がありますので、御安心下さい。

喫煙していますが大丈夫ですか?

喫煙は歯茎の細い血管(末梢血管)を収縮させてしまい、その結果傷口の回復が遅くなります。また抵抗力が低下してしまう可能性があるため、禁煙されることをお勧めいたします。

インプラントの治療費

インプラントの治療費 (H26.1.6)(税別)

CT撮影費用

部分的 10,000円(保険適用外)
全体的 20,000円(保険適用外)

検査・診断費用(インプラント初回のみ)

検査・診断 30,000円

埋め込み(第一段階:歯の根っこの代わりを埋め込む手術)

植立手術 150,000円
骨造成を必要とする時
(1ヵ所につき)
100,000円

※顎骨の吸収が著しい場合には、骨造成の料金がかかることがあります。

かぶせ物(第二段階:歯の代わりになるかぶせ物)

シルバー冠7年保証 100,000円
ゴールド冠7年保証 120,000円
ハイブリッド冠(白い歯)5年保証 150,000円
インプラントがない部分の冠5年保証   50,000円

インプラント料金の例(税別)

例1.

奥歯(1本)を失ってしまった場合(骨造成なし)

植立手術(1本) 150,000円
かぶせ物(シルバー冠/1本) 100,000円
合計 250,000円(税別)

例2.

前歯(1本)を失ってしまった場合(骨造成あり)

植立手術(1本) 150,000円
骨造成 100,000円
かぶせ物(ハイブリット冠/1本) 150,000円
合計 400,000円(税別)

例3.

奥歯(3本)を失ってしまってブリッジにする場合

植立手術(2本)  150,000×2 300,000円
かぶせ物(シルバー冠/1本) 100,000円
かぶせ物(インプラントがない冠/1本)   50,000円
かぶせもの(シルバー冠/1本) 100,000円
合計 550,000円(税別)

※全額医療費控除の対象となります(同一年200万円まで)

各種カードのお取り扱いしております。
お気軽にスタッフまでお尋ねください。

カード

インプラントの費用・治療費について 詳しくはこちら>>

豊田市の丸子歯科 インプラント事故報道について

豊田市の丸子歯科です。

最近インプラントトラブルについてのテレビ報道がありました。
それについて、今までインプラントを埋入した方から「私、インプラント入っているけどだいじょうぶ?」また、これから予定されている方から「何か問題が起きないか心配・・・」という問い合わせがありましたので、ご報告させていただきます。

報道にあったような「唇からあごにかけてしびれて感覚がなくなる」「鼻にインプラントが抜ける」といったトラブルは手術中もしくは術後1カ月以内に起こるものがほとんどです。
現段階ですでに冠まで入っている方は、これらの心配は全くありませんのでご安心ください。
またトラブルの原因の多くは歯科医師の技量や経験不足ということでした。

当院のこれまでのインプラントの実績をご紹介します。
平成4年~(約20年)350人で埋入本数約1000本。
そのうち骨と結合しなかったものは1本だけです。
つまり、今のところ成功率99.9%です。
ちなみに、学会に報告されている成功率の平均は約95%です。

また、報道にあったような神経の問題や、鼻の問題はゼロで、定期検診に来られている方の問題も今のところ全くありません。

私の考えは、インプラントは間違った使い方や適していない状態に無理な手術をしなければ、とてもよい治療だと確信しています。
しかし、どんな治療にもメリット・デメリットがあり、メリットが大きい方にはインプラントを提案していますが、リスクの高い方には提案しない方針を取っていますし、すべての人に良いとは限らない治療であると認識しています。

そのため、当院ではインプラント以外の選択肢も色々と準備しています。

インプラントなら豊田市の丸子歯科へ シンポジウムに参加

豊田市の丸子歯科です。

10月9日と10日の連休を利用して、東京 品川で行われた国際インプラントシンポジウムに参加してきました。
会場は、品川の新高輪プリンスホテルの「飛天」という日本でも最大規模を誇る会場でよく芸能人の結婚式など大イベントに利用される所です。

初めて行ったのですが、ホテルの宴会場とは思えぬ広さにまずは圧倒されました。

新高輪プリンスホテル 新高輪プリンスホテル

飛天

内容は、世界や日本のトップを走る臨床家を中心に現在のインプラントでは骨がなくてもどこまでインプラントが植立できるか、さらに機能回復が出来るかが講演されました。

私がインプラントをやり始めた18年前の頃は、まだインプラントが良い悪いの論争がやっと終わったころで、まずは成功率を上げることがメインテーマでしたが現在はどんな範囲まで可能か、そして自分の歯にどこまで近づけるかがメインテーマに変わってきたことを実感します。

よりよいインプラント治療が実践できるためのアイデアが吸収でき、充実した2日間を過ごせました。

シンポジウム シンポジウム

シンポジウム

インプラントなら豊田市の丸子歯科へ インプラント研修会

豊田市の丸子歯科です。

H23年8月7日(日)に東京恵比寿にて、水口俊之先生のインプラントの新しいテクニックのセミナーがあり、参加してきました。

インプラントは一般的に骨のボリュームが少ないと困難な場合がありますが、それを克服するための新しい手法を紹介していました。
かなり高度なテクニックを必要としますが、参考となる内容が盛りだくさんでとてもためになりました。

今後のインプラント手術に応用していく予定です。

インプラント研修会

修了証

東京は相変わらず節電モードで品川駅は非常に薄暗く、店舗の照明だけがきらびやかに明るく、震災の影響を改めて感じました。
当院でも節電目的で照明を少し減らしていますが、今まで当たり前だったことが色々な人の力によって支えられていることを改めて感じます。

品川駅

歯周病 インプラントは豊田市の丸子歯科へ 院外勉強会

豊田市の丸子歯科ブログ

H23年7月24日、名古屋国際会議場へセミナーに行ってきました。

歯周病の治療とインプラントのメインテナンスについて勉強してきました。
学校では「歯石は全部取りましょう!」「磨き残しをなくしましょう!」と学びます。
確かに理想的ですが、現実には歯石を一気に取ろうとすれば、長く時間がかかったり痛みがあることもあります。

磨き残しをなくすために、テクニックやいくつもの道具を使いこなすのも現実には難しいです。
そこで教えて頂いたのは、傷つけない・痛くしない・急がないクリーニングです。
患者さんに痛みを与えず、負担の少ない(ダメージのない)施術を心がけていくこと。私たちはクリーニングの後に「気持ち良かった」と思って頂けるように努めていきたいと思います。

磨き残しをなくすための方法も、患者さん1人1人に合わせた指導、1度にたくさんのことを指導しない、最初からたくさんの道具をおすすめしないなどを気をつけたいです。

技術や知識を身につけ、患者さんの健康のサポートに携わっていきたいと思います。

名古屋国際会議場

お昼ごはん

「セミナーは12時からだったので、味わう暇もなくお昼ごはんを食べました。」

PAGETOP