豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
ブログ
  • HOME »
  • 痛くない・削らない・抜かない

痛くない・削らない・抜かない

抜かない治療

なるべく抜かない治療

丸子歯科では、なるべく抜かない治療と、抜かない努力をしています。
大半の方は、歯を抜くことは恐いことですし、できれば最も避けたいことだと思います。

しかし、

「虫歯が大きいので抜かないといけないかな?」
「歯がぐらつくので抜くしかないのかな?」
「歯が折れているので抜かないといけないかしら?」

などとお悩みの方にも、できることがあるかもしれません。

歯を失ってしまう原因には、次の3つがあります。

(1)虫歯
(2)歯周病
(3)歯根破折

以前は、虫歯・歯周病が2大原因でしたが、最近は歯根破折で歯を失う方が増えています。
しかし、これら3大原因は、気を付けることで防ぐことができます。

丸子歯科の治療風景

(1)虫歯

虫歯がかなり進行してしまった場合でも、できる限りの治療をして可及的に残すことを目指しています。

1)歯の根に膿がたまっている場合
膿の袋が非常に大きい場合、残念ながら抜歯になることがありますが、歯根の治療を各種消毒薬を用いながら数回繰り返すことによって、再び冠を入れることが可能な場合もあります。

2)歯ぐきの下に虫歯が進行している場合
こんな場合でもかなり深い所まで虫歯が進行していなければ、歯ぐきの形を整えたり歯の位置を修正して冠を入れることが可能な場合もあります。

ただし、虫歯をそのまま放っておくと、最後には根だけの状態になり、抜歯の対象になります。
虫歯を予防するためにも、定期的に検診を受け、治療が必要な虫歯が出来ていないかチェックすることが大切です。

(2)歯周病

かなりグラグラしていて、自分では残すのは無理だろうと思われる歯でも、様々な歯周病対策によって、かなり回復する場合があります。
以前10本抜歯といわれ、あきらめていた方が、5年以上経過して抜かずに済んでいる場合もあります。
あきらめず、ご相談ください。

ただし、治療の限界を超えている場合には、残念ながら抜歯になることもあります。

「歯周病について」詳しくはこちら>>

(3)歯根破折

歯の根が割れてしまっている場合も、一般的には抜歯の対象となります。
しかし、特に気になる症状がない場合や、症状があっても抜歯を希望されない場合は、咬みあわせを調節したり、硬い物を噛まないようにして、
気を付けて使っていただく場合があります。
気を付けて使っていただければ、5年以上その状態で大きな問題が出ない方もかなりおられます。

ただし痛みが続く場合や、腫れを繰り返す場合には残念ながら抜歯になることが多いです。

このように、あきらめかけていた歯でも、場合によっては抜かずに残せることもありますので、一度ご相談下さい。

最後に、御自身で抜きたくない歯に関しては、「抜かないとダメ」ではなく、どう残していくかを相談していきますので、相談の時には遠慮なくご希望を聞かせて下さい。

「かみしめぐせ」について詳しくはこちら>>

「歯根破折」について詳しくはこちら>>

残念ながら抜歯をおすすめする時

丸子歯科では、「なるべく抜かない」を基本方針にしておりまので、多少状態が進行していても抜歯を希望されない場合は、無理に抜くことは絶対にありません。
しかし、患者さんの将来、全身的健康を考えた時、残念ながら抜いたほうがよいと判断する場合があります。

1.年に数回腫れたりひいたりを繰り返す歯

歯肉が腫れた時には、歯周病菌を中心とした細菌が大量に含まれた膿が歯ぐきの中にたまっています。その膿は一体どこへ行くのでしょうか。
実は、そのほとんどを飲み込んでいるのです。

体に良い乳酸菌や納豆菌ならどんどん食べれば良いのですが、歯周病菌はテレビを見られた方も多いと思いますが、間違いなく全身に波及し悪い影響を及ぼします。

2.咬む時に痛くてそちら側では咬まない原因となる歯

痛みを我慢して使っている歯をお持ちの方からは「咬むときは痛いので、そっち側は使わないようにしています」
「反対側で咬めるので、なんとか我慢してきました」とよく言われます。
数ヶ月のことならそれでも良いかもしれませんが、数年続くと酷使されている歯がどうなるでしょうか。

仕事を例にとってみますと、10人の職人がいても、5人の職人が頭痛や腰痛で休んだとしましょう。数ヶ月は残った5人だけでなんとかなるかもしれませんが、数年続いたらどうでしょうか。残った5人のうちの数人は過労でダウンしてしまうのではないでしょうか。
歯も同じです。残った歯に負担が集中し、数年後にグラグラになったり、破折してしまうことが多くの方に見られます。

3.その歯が他の歯に悪影響を及ぼす場合

その歯が存在することによって、他の歯に悪い影響を与えてしまうことがあります。
一番よくある例は親知らずです。特に横に向いている親知らずは、手前の歯を虫歯や歯周病になりやすくしてしまいます。
また、20才を過ぎるころからは、親知らずが成長し、前方へ押す力が強くなり前歯の歯並びをずらしてしまうことがあります。

他の例としては、元々はえている歯の裏側から違う歯がはえてしまった場合です。
その場合、歯磨きがうまく出来ないために、やはり虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

患者さんと相談していると、「絶対に歯を抜きたくない」「絶対に歯を抜かない方がよいと聞いた」と言われるかたもいます。
基本的には、患者さんの希望を尊重する方針ですが、抜いた方が快適な食生活を送ることが出来る、あるいは見た目が良くなる、そして全身的疾患の防止が出来ることがある、ということを知っておいていただけたらと思います。

したがって当院の方針は、

「絶対に抜かない治療」ではなく、「なるべく抜かない治療」です。

削らない治療

院長の説明

なるべく削らない治療

一度歯を削ると、詰め物をして機能を取り戻すことはできますが、削ってしまった歯は再生することはないため、二度と元には戻りません。

小さな虫歯を削ると、そこには金属、または白いつめものをします。

そしてこのまま予防の対応をしないと、何年か後、またその歯が、虫歯になることがあります。

つめものの下まで、広がっていることがありますので、今度は歯全体に、金属をかぶせます。
そして、さらに虫歯になった時には・・・
もうその先をお話しするのは、やめましょう。

このように、歯は、治療をやったにもかかわらず、悪くなってしまうことがあります。

お恥ずかしい話ですが、歯科医師になって25年たった今になってやっと、私も気づきました。
できるだけ歯を削らないことが一番であることを。
私は、あなたの大切な歯を、できるだけ削りたくありません。
当たり前の話ですが、そのためには、虫歯を作らないことが、一番です。

では、虫歯になってしまった場合どうしたらいいでしょう。
当院では、初期虫歯、軽度、中度、重度にわけて診断した上、治療が必要になった時のみ、治療の開始をしています。

初期虫歯の場合(C₀)

レーザーで虫歯の深さを確認する「ダイアグノデント」という機械を使い、目で見ただけではわからない、虫歯の進行状態をチェックします。
歯が少し黒くなっていても、虫歯はそれ程進行していない時がありますが、このダイアグノデントを使うことで、虫歯の進行具合を調べることができます。
以前は初期虫歯になった段階で治療をすることが基本でしたが、治療をしてつめても、一生もつわけではありません。
ということは、治療をしてしまった歯は、もう一度虫歯になってしまう可能性があるということです。

レーザー診断器

「初期虫歯は削ってしまうともったいない!!」という考えを丸子歯科では実践します。
少し削っただけでも歯にはとても負担がかかります。
もし初期虫歯になってしまっても、削る必要はありません!

でも・・・そのままにしておくのは虫歯がどんどん進行してしまうんじゃないかと心配される方も多いと思います。

そうです!そのまま何もしなければ進行してしまいます。
でも安心してください。予防対策をやっていただければ初期虫歯でも
進行をストップさせることができるんです!!

では予防対策ってなに?!

1、1日1回は5~10分、やわらかめの歯ブラシで歯磨きしましょう。食べたあとの30分間が虫歯ができる時間帯です!!

2、フッ素を定期的に塗布しましょう。
フッ素は歯を硬くしてくれる効果があります。
家庭用フッ素は1日1回、歯科医院でのフッ素は3~4ヶ月
に1回塗布すると、とても効果的です。

3、おやつはダラダラ食べないようにしましょう。飲食の回数が多いと、虫歯になるリスクが高くなります。

4、キシリトールを取り入れましょう。虫歯の原因の酸を作りません。

5、3~6ヶ月に1回、歯医者に定期検診とクリーニングに行きましょう。おうちでの歯ブラシでは届きづらいところなど、歯医者でクリーニングをすると効果的です。

6、虫歯リスクチェック
どうして虫歯ができてしまうのか、チェックすることで予防対策につながります。

7、歯が萌出してすぐの6才臼歯は、削らずにシーラントで守ります。

シーラント

シーラント

これは、あくまでもごく一部の対策方法です。
定期検診に来院された場合は、その方に合った予防対策をアドバイスさせて頂きます。

軽度の虫歯の場合(C₁)

初期虫歯より進行してしまった時は、経過観察を続ける場合と治療に入る場合があります。
一般的に軽度だと治療をするのが普通ですが、当院では、なるべく削らない治療を一番に考えています。
軽度の虫歯の場合、歯に穴があいておらず、他の歯も含めて虫歯のリスクが低い場合は進んで削る治療はおこないません。
虫歯予防をしながら経過観察を続けます。

中度の虫歯の場合(C₂)

中度の虫歯になってしまった時は、削る治療に入ります。
テレビでも放送され、話題になった「3MIX-MP法」を当院では約10年前から取り入れて治療を行っています。
この方法は、虫歯の内部に生きている虫歯菌を薬で減らす治療法で、削る量を最小限にするためには非常に有効です。
できる限りみなさんの歯を健康な状態で長持ちさせたいと願っています。

「3Mix法について」詳しくはこちら>>

重度の虫歯の場合(C₃)

この時におこる症状は、冷たい物がとてもしみる、ズキズキした痛み、痛くて物がかめないなどの症状です。
残念ながらこの段階まで虫歯が進行してしまうと、神経の治療が必要になってきますが、神経を取る前に重度の虫歯の場合でもまず、「3MIX-MP法」を取り入れた治療をし、症状が落ち着いた場合は、神経を残したまま治療することがあります。
この段階まで虫歯が進行する前に来院して頂けることをぜひおすすめします。

数年前までは、虫歯は早期に発見し、早く治療に入るという「早期発見、早期治療」がよいとされてきました。
しかし予防歯科を中心とした歯科医師の一部のグループでは、なるべく治療介入を遅くした方がその人の歯を長く保てると考えるようになりました。
私もその考えに賛成する立場をとっており、約10年前より「早期発見、早期対策」を実践しています。

また、穴があいてしまったとしても、必要最小限の治療にとどめることが最良と考えていますので、3MIX-MP法など内科的歯科治療(薬を使って切削量を最小限にする治療)に積極的に取り組んでいます。

歯がなくなってしまった場合

歯がなくなってしまった場合のくわしい治療内容については「インプラント」のページにのせていますので、参考にしていただくとよいと思います。
当院の基本方針の「なるべく削らない」を中心に考えると、1本の歯がなくなってしまったら両サイドの御自身のきれいな健康な歯を削ってしまうブリッジは、現在はあまり積極的にはおすすめしていません。
機能的な問題がなければ削らずそのままか、機能に問題を感じている方には費用はかかりますがインプラントがベストと考えています。

インプラント

これまでは、入れ歯やブリッジが主流でしたから、これからインプラント治療を検討されている方には、現在入れ歯を使っているという方が
たくさんいらっしゃると思います。
あるいは、1本か2本程度の歯を失った方は、歯がなくなったところの前後の歯を削ってブリッジを入れておられる方も多いと思います。

ここで、入れ歯やブリッジを長年使っておられる方にお尋ねします。
次のような経験はありませんか?

「最初は1本失っただけなのに、何年か経って気がついたら、入れ歯のバネがかかっていた歯や、ブリッジのために削った歯が少しずつ悪くなってきて、結果的に悪くなった歯を抜歯することになってしまった。
それに伴い、入れ歯やブリッジが次第に大きくなってしまった。」

義歯

あるいは、「歯を数本失って仕方なく入れ歯を入れたが、ほほの弾力や張りがなくなってしまった。
最初の1本がなくなった時点で、他の歯に負担をかけずに対応できる治療があったらよかったのに・・・。」

おそらく多くの方がこのような経験をされていらっしゃることだと思います。

このように入れ歯やブリッジでの治療の場合、装置をその場に固定させるため、ブリッジの場合は必ず歯のなくなったところの前後の歯を削りますし、入れ歯の場合には、残っている歯にバネをかけて過重な力を負担させたりします。
場合によってはバランスをとるために遠くの歯を削ることもあります。

このため将来問題が起こってくるのは、仕方のないことなのですが、インプラント治療が一般的に行われる前までは、入れ歯かブリッジしか治療法がありませんでしたので他の歯への負担は避けようがありませんでした。

インプラントの場合

これに対して、インプラントの場合はどうでしょうか?
インプラントは周りの歯を削ったり、負担をかけたりすることはありません。
ですから、口の中をだんだん悪くしていく原因にはならないということです。

むしろ、インプラントは咬み合せる時の力をしっかり分散してくれるので、他の歯の寿命を延ばしてくれているといっても過言ではありません。

インプラント植立前には歯周病でグラグラして抜けてしまいそうだった歯が、周囲にインプラント植立後、咬む力がインプラントに分散できたために、10年以上問題なく使えている多数の患者さんを毎日診ていますので、時間が経てば経つほどインプラントの効果と素晴らしさを私自身が実感しています。

以上のことからインプラントに関しては、御自身の残っている歯の負担を軽減し、長持ちさせる重要な武器と考えていますので、「インプラントをする」ことが目的ではなく、「御自身の歯を守り、なるべく削らず、入れ歯のない人生」を目的にそれをサポートすることがインプラント治療の重要な意義と位置付けています。

インプラント

残念ながら削る治療をおすすめする時

丸子歯科では、「なるべく削らない治療」を基本方針にしていますので、少し進行した虫歯(軽度の虫歯)に対しては「急いで削って治療」はおすすめしていません。
しかし、きちんと診断した上で必要な場合は、もちろん削る治療になります。

1.虫歯がかなり進行し、それ以上の進行を止めないといけない時

残念ながら中等度以上の虫歯に対しては、削る治療は避けられません。

2.歯周病や破折で膿が出たり、グラグラしている歯

歯周病も中等度以上に進行すると歯が浮いてしまい、他の歯よりも先に強くあたってしまう状態になります。
その結果、さらにグラグラが進行してしまい悪化の一途をたどることになります。
そのため、浮いてしまった分だけ削って他の歯と同じ位の咬み合わせになる必要があります。

3.歯がなかったり虫歯が放置してあったため、歯の位置がずれていたりスペース不足できれいに並ばない時

患者さんから、

「早く治療して埋めた方が良いのでは」
「この小さい黒い所を削ってきれいにしてください」

と言われても、削らない方針をお伝えしています。

しかし、虫歯の軽度や歯の位置移動の量によっては、削る治療が必要な場合もあり、特に歯周病は削りながらバランスのとれた咬み合わせにしていくことは、どの学会でも共通した認識です。

したがって当院の方針は、

「絶対に削らない治療」ではなく、「なるべく削らない治療」です。

痛くない治療

できるだけ痛くない治療

「治療が必要なことは分かっているが、過去の痛かった治療を思い出すと・・・。」
「痛みがこわくて歯科治療はきらい!!」
「小さいころ押さえつけられての治療がトラウマになっていて・・・」

多くの方がこんな思いを持っておられると思います。

そんな方の悩みは、
「むし歯は治療しないと治らない」と理論的にはわかっていても、「きっと行くと痛い思いをしないといけないので、我慢できる間はこのままでいいか・・・」と現実的には歯科に受診しないまま放置し、そしてついに痛みがひどく夜も眠れなくなってやっとしぶしぶ歯科へ行き、抜歯になってしまった。
こんな感じではないでしょうか。

「痛くない治療」

そんなこと無理だと感じられるかもしれません。
確かに全く痛くない治療は内容によってはできないこともあります。
しかし、痛みが発生する原因を分析し、その対策をとることによってかなり軽減できると考えています。
そこで、原因とそれに対する丸子歯科での取り組みを紹介します。

デジタルレントゲン写真をプリント

1)麻酔する時の痛み

丸子歯科では、治療前の麻酔の方法には少しこだわりを持っています。
治療よりもこの痛みが嫌いな人も多いのですが、麻酔の方法に工夫を加えることによって、かなり痛みを減らすことが可能です。
具体的には

ⅰ)刺入する所に表面麻酔剤を塗布
ⅱ)刺入する部位を痛みを感じづらい所にする
ⅲ)麻酔をするスピードをゆっくりにしたり、数回に分けて液を少しずつ注入する
ⅳ)必要に応じて電動の麻酔器を使用
ⅴ)その他手技的な工夫を加える

などを行うことによって、麻酔されたことに気づかない子供も多くいます。

電動麻酔器

2)歯を削ったり、神経を取る時の痛み

この治療の治療中における痛みに関しては、麻酔の効果がしっかり出ていれば、大半は解決すると考えています。
さらには、最近マスコミによく取り上げられている3MIX-MP法を応用することによって、切削する量をなるべく少なくすることも約10年前より実践し、出来るだけ削らない必要最小限の治療を目指しています。
ただし、まれに、麻酔が効きづらい方がいるのも事実です。

3)歯を抜いたあとやインプラント手術後の痛み

治療後の痛みに関しては、残念ながら全くなしにすることは不可能と考えています。
しかし、術前に口の中の汚れをしっかり除去しておくことによって、術後の痛みや腫れがかなり軽減できます。
特にインプラント手術前には、最新の方法を応用して口腔内細菌の徹底的除去を行いますので、「想像していたより、術後の痛みが少なかった。」と言っていただけることもよくあります。

これからも丸子歯科では

「できるだけ痛くない治療」

を目指していきます。

そして、みなさんから

「ここの麻酔は痛くないね」
「痛くないので子供も安心して通えます」
「痛くないと聞いたのでここへ来ました」

と言っていただけるよう、改善と工夫を続けていきたいと思っています。

痛くない治療
削らない治療
抜かない治療

丸子歯科:Dr求人サイト

丸子歯科:Dr求人サイト

丸子歯科求人専用サイト

愛知県豊田市東梅坪町の丸子歯科では歯科医師・歯科衛生士を募集しています!!  
愛知県豊田市東梅坪町の丸子歯科では歯科医師・歯科衛生士を募集しています!!
PAGETOP