歯周病は、自覚症状が少ない、慢性病、生活習慣病のひとつです。
以下のチェックは歯周病の危険サインです。
あてはまるものに、チェックをつけてください。

□ 歯の間に食べ物がはさまりやすい
□ 口臭がしたり、口の中が粘っこく感じる
□ 歯を磨いたとき、出血がある
□ 歯肉が赤く腫れている
□ 硬い物が咬みにくい
□ 冷たい水がしみる
□ 疲れると歯が浮く
□ 歯が伸びたように見えてきた
□ 指で軽く押すと、違和感がある
□ 以前より前歯が前方へ出て、歯と歯の間がすいてきた

0個・・・青信号
1~5個・・・黄信号
6~10個・・・赤信号

青信号の方
今のところ、大きな問題はないと思われます。ただ、歯周病が自覚症状もなく静かに進行している場合も考えられます。
一年に一回は歯科医院での健診とクリーニングを受けましょう。

黄信号の方
歯周病の疑いがあります。
ただし、今の段階でしたら進行は十分くい止めることができますので、歯科医院で健診を受け、進行しないよう気をつけましょう。

赤信号の方
歯周病がかなり進行して、歯が抜けてしまう可能性があります。
そうなる前に治療を受けましょう。

歯周病への対策は、正しいブラッシングと知識、情報、そして歯科医院での年1~4回(状態に応じて)の口腔内チェックとクリーニングです。
ブラッシングに関しては自己流をやめて、一度正しい磨き方や歯磨き不足の所を歯科医院で確認することをお勧めします。
ご自身ではしっかり磨けているつもりでも、磨き残しがあったり、歯磨きの仕方などをなおした方がいい場合もあります。
歯間ブラシが通る方は歯間ブラシの使用もお薦めします。

もうひとつ大事なことは、痛くなくても症状がなくても、年に1~2回は歯科医院でクリーニングをしましょう。
丸子歯科では3ヶ月に一度のクリーニングをお薦めしています。
また、歯周病に関する情報、予防法などをお話ししていますので、ぜひ定期検診にご来院下さい。
あなた自身の歯を守るために。

▲アンチエイジングクラブのTOPへ