「プラス言葉エネルギーをいただいて」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ浅利です。

「やる気が出た、前向きになれたという言葉ってありませんか?」
私たち丸子歯科スタッフは、月に1度スタッフ1人が順番に講師となって学ぶミーティングをしています。

ミーティング

今回私は「教えると教わるを考える」をテーマにしました。
そこで、「自分の人生でやる気が出た、前向きになれた、心に残った等の プラス言葉とエピソード」を教えて下さい。とお願いしました。スタッフみんなから30ものアンケートが集まりました。

ミーティングをしてみると、そのプラス言葉から教わることや、感動する事がたくさんあり、プラスのエネルギーがいっぱいで考えさせられるミーティングになりました。

アンケートから2つだけ紹介させていただきます。

1つ目は、若い衛生士のエピソードです。
彼女が患者さんにクリーニングをした時、「今日のクリーニングは気持ちよかったよ。丁寧にやってくれてありがとう!」そして退席される際に「丸子さんは、みんな優しくて、腕もいいね。
僕は友達みんなに丸子さんを紹介しているんだよ!あなたもその腕を落とさないように頑張ってな!!」と言っていただきました。
「すごく嬉しくてこれからも、もっともっと頑張ろう!と思った」とキラキラと話してくれました。
私は、「有難いね。プラス言葉をいただけたね!」と感謝しました。

2つ目は、受付での私のエピソードですが、他の患者さんの会計をしている私をご覧になった方が「あなたを見ていると気持ちがいいよ。元気になれるわ!あなたがいてよかった!」と言ってくださいました。
ほんとうにほんとうに嬉しくて”あ~よかった!患者さんを元気にするお役にたてれなんて幸せだな~!”と心から感謝しました。

「やりがい」というのは”生きる三つの喜び”からなるものだそうで、「ほめられること・役にたつこと・必要とさせること」だといいます。

確かに、生まれた時からこの三つの喜びを「誰かにもらいながら」「誰かにあげながら」育ってきていますよね。

私たちスタッフは、患者さんにこの三つの喜びの言葉エネルギーをいただいてプロとしても、人としても育てられているとつくづく思いました。

患者さんがプラス言葉エネルギーで私たちを育ててくださると思うと、若いスタッフが成長して輝いて行くのがほんとうにほんとうに楽しみです。

もちろん、私もまだまだ成長途中なので、スタッフとの出愛や患者さんとの出愛からいろんな事を教わりながら自分もプラス言葉エネルギーを出して成長して行けたらと心から願っています。

--