豊田市の丸子歯科です。

10月9日と10日の連休を利用して、東京 品川で行われた国際インプラントシンポジウムに参加してきました。
会場は、品川の新高輪プリンスホテルの「飛天」という日本でも最大規模を誇る会場でよく芸能人の結婚式など大イベントに利用される所です。

初めて行ったのですが、ホテルの宴会場とは思えぬ広さにまずは圧倒されました。

新高輪プリンスホテル 新高輪プリンスホテル

飛天

内容は、世界や日本のトップを走る臨床家を中心に現在のインプラントでは骨がなくてもどこまでインプラントが植立できるか、さらに機能回復が出来るかが講演されました。

私がインプラントをやり始めた18年前の頃は、まだインプラントが良い悪いの論争がやっと終わったころで、まずは成功率を上げることがメインテーマでしたが現在はどんな範囲まで可能か、そして自分の歯にどこまで近づけるかがメインテーマに変わってきたことを実感します。

よりよいインプラント治療が実践できるためのアイデアが吸収でき、充実した2日間を過ごせました。

シンポジウム シンポジウム

シンポジウム