補助道具の1つ、『歯間ブラシ』について詳しくご紹介します。
歯間ブラシは歯と歯の間に使います。

歯間ブラシ

1.サイズを選ぶ

歯間ブラシにはサイズがあります。
当院で用意しているのはSSSサイズ(小)~LLサイズ(大)です。
人それぞれ歯や歯肉の形によってサイズが違うので、個人に合うものをお勧めさせて頂いています。

2.使い方

歯と歯肉の境目に、ブラシの毛先が当たるようにしてブラシの方向と位置を確認し、ゆっくりと動かします。
この時に注意することは、無理に動かさない・歯肉に押し付けない。
力をかけすぎると歯肉が傷ついたり、出血したりしてしまいます。

3.使用後

使用後は水でブラシを洗い、乾燥させます。
歯間ブラシも消耗品なので毛先がボソボソとしてきたら新しい物に交換します。

4.歯間ブラシの適応

1)歯と歯の間だけではなく、ブリッジの下や一番奥の歯などにも使えます。
2)「歯と歯の間、すき間が出来てきたかな」「物がはさまりやすい」という方にも合っていると思います。
3)年代でいうと、30代~80代以上の方まで幅広い世代の方に使って頂けます。
4)上記にあるように、全ての方が使えるとは限りません。

歯肉が引き締まっていて、歯と歯のすき間がない方が無理して使用すると歯肉を傷つけたり、歯肉が下がってしまい逆効果になることもあります。

ですので、今まで歯間ブラシをご使用になられたことがない方や一度ご相談下さい。

歯間ブラシの使い方

▲グッズ紹介のTOPへ