まずは歯科医院で歯のクリーニングをしてみましょう。

歯が黄ばんできた・・・、変色してきた・・・と感じたら、まずは歯のクリーニングをお試し下さい。歯の治療中の方であれば、治療の前後にクリーニングをすることができます。また3ヶ月に1度を目安に定期健診をかねて、歯のクリーニングに来院していただいても大丈夫です。

緑茶や紅茶、コーヒー、赤ワイン、またタバコなどの汚れや着色が歯に付着した場合、歯が変色する場合があります。実は白く見える豆腐でさえ、歯を黄色くしてしまう成分が含まれているんです!

そのため歯の表面についた汚れを落とすだけで、歯本来の白さを取り戻すことができます。

ホワイトニングが無理な場合は、歯科治療を行います。

神経のない歯は血液や栄養分の補給ができなくなり、黒ずんで見えます。

ボールなどが歯に強く当たってしまった場合、歯の神経が死んでしまい、歯の神経がないのと同じ状態になることがあります。
歯の神経がない歯は血液や栄養分が行き届かなくなり、黒ずみます。

また何かに強くぶつかってしまった場合も歯の神経が死んでしまい、神経がない状態と同じようになります。
遺伝や加齢による歯の変色に関してはホワイトニングで歯を白くすることはできますが、以前の歯科治療や外傷などが原因で歯が黒ずんで入る場合は、ホームホワイトニングだけでは、歯を白くすることが難しいです。

そのような歯には、歯の表面を少し削り、歯と同じ色の薄い板(ラミネートベニア)を貼ったり、神経に問題がある歯にはセラミックなどを歯に装着することをお勧めします。

そのため歯の表面についた汚れを落とすだけで、歯本来の白さを取り戻すことができます。

神経が無い歯のホワイトニング

歯の神経がなくなったり、神経を取る治療をした歯は、時間がたつと表面の色が変色して黒ずんでくることがあります。
そこで、歯の中に薬を入れて内側から漂白すると、歯の表面が白くなり周りの歯と比べて目立たなくする事が出来ます。

歯の断面

《治療可能な範囲》 基本的に上の前歯のみ治療可能です。

料金(税別):●漂白剤 歯1本につき3,000円 × 2~5回 ●中和剤 3,000円(1回)

※実施回数3~4回で白くなってくることが多いですが、個人差がかなりあります。
※ご希望の色になったら、薬を中和させるための薬(中和剤)を中に入れます。
※保険外(自費)治療になります

料金例:前歯1本を3回ホワイトニングした場合

料金(税別):●漂白剤 3,000円 × 1本×3回 ●中和剤 3,000円(1回)

¥12,000円税別)

以下のような歯におすすめです

神経をとって数年以上経過している歯
歯につめものがほとんどない歯
1~2本のみの変色
周りの歯が綺麗な場合
歯の色がある程度改善すれば良い場合

適応できない方・適応できない歯

20才以下の方
虫歯や詰め物が広範囲にある歯
変色が著しい歯
金属由来の変色がある歯
厚みが薄い歯、ヒビがある歯
根の状態があまりよくない歯
冠の入っている歯

注意事項

歯の質により、漂白効果があまり出ない場合もあります。
歯の内側深くからの変色がある場合、完全に白くするのは困難です。
漂白後、数年くらいで色が元に戻ります。(日焼けした皮膚がしばらくすると、元に戻るイメージです。)
歯の根に問題がある場合は、先にその治療が必要です。
歯に詰め物がある場合は、漂白後に詰めなおしが必要な場合があります。(詰め物は白くならないため。)

▲ホワイトニングのTOPへ