豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯周病

タグ : 歯周病

豊田市丸子歯科 講習会「予防歯科からみた歯周病」に参加して

こんにちは。歯科医師の岡田です。

私は先日
 「予防歯科からみた歯周病」という講習会に参加して来ました。

講師の先生は、大阪大学大学院歯学研究科長・歯学部長の天野敦雄先生でした。

この講習会は歯科医師を対象にしたものでしたが、一般の方々にも役立ち、面白い内容と思われる為、本ブログでその内容の一部を紹介させていただきます。

  1. 歯周病は様々な歯周菌による感染症である。それは昔から分かていたが21世紀になって、特に気をつけるべき歯周病菌3種類が特定された。
  2. その種類とは、
    ・T.forsythia
    ・T.denticola
    ・P.gingivajis(3種内で最強) である。
    ※講師の天野教授が、大阪大学歯学部の学生に「この3種だけは絶対に覚えろ」という程、重要な細菌。
  3. 歯が抜けてしまう程に重要な歯周病になってしまう人の殆どは、この3種類の菌の少なくとも一種類に感染している。
     逆にこの3種類にさえ感染していなければ、重度の歯周病になる確率はかなり低い。
  4. 歯科医院に受診すれば、これらの菌に感染しているかどうかを調べることが出来る。
    但し保険が効かないので、費用が約三万以上かかる。
  5. これらの細菌の感染と定着が始まるのは、中学生から高校生くらいからである。特に最も強い歯周病菌であるp・g菌は18歳以降に感染・定着する。その後30歳くらいまでが感染し易い。30歳を超えると口の中の歯周病菌の「棲み分け」が出来てくるので、以前よりも感染しづらくなる。
  6. 小中学生の頃から、しっかり口の中を綺麗にしておく事で、これらの菌の感染リスクを減らすことができる。
    逆に子供の頃から、口の中に汚れを溜めて歯周炎の状態が続いていると、これらの菌の感染を容易にしてしまう。
  7. これらの歯周菌の感染経緯として、
    ・犬などのペットの口から
    ・他人との直箸での食物の取り分け
    ・異性間交渉
    ・他人と一緒にチーズフォンデュをつつくこと
  8. この3種類の歯周病菌は、鉄が必須栄養素である。つまり鉄が無ければ増えることは出来ない。
  9. 歯周病菌への鉄の最大の供給源は、口の中の出血である。口の中からの出血が無ければ、これらの菌に鉄は殆ど供給されない。
  10. ・口の中から出血が常にある状態
    →鉄分を得て、歯周病菌は桁外れに増殖し、どんどん歯周病が進む
    ・口の中から全く出血が無い状態
    →歯周病菌に栄養が供給されないので、菌は兵糧攻め(ひょうろうぜめ)にあっている状態。
    この状態では歯周病菌は増殖が出来ず、元気もなくなる。

<まとめ>
歯ブラシや歯間ブラシでお口の中の掃除をする時などに(炎症による)出血がある場合には、まず出血が出ない状態にすることが最も大切です。

当院ではそのためのアプローチを患者さん一人一人の状態に合わせて行っておりますので、「歯肉から出血する」という状態だけでも、お気軽にご受診ください。

 

講師_天野敦雄先生本_ペリオドントロジー ダイジェスト

歯周年齢チェック

歯周病は、自覚症状が少ない、慢性病、生活習慣病のひとつです。
以下のチェックは歯周病の危険サインです。
あてはまるものに、チェックをつけてください。

□ 歯の間に食べ物がはさまりやすい
□ 口臭がしたり、口の中が粘っこく感じる
□ 歯を磨いたとき、出血がある
□ 歯肉が赤く腫れている
□ 硬い物が咬みにくい
□ 冷たい水がしみる
□ 疲れると歯が浮く
□ 歯が伸びたように見えてきた
□ 指で軽く押すと、違和感がある
□ 以前より前歯が前方へ出て、歯と歯の間がすいてきた

0個・・・青信号
1~5個・・・黄信号
6~10個・・・赤信号

青信号の方
今のところ、大きな問題はないと思われます。ただ、歯周病が自覚症状もなく静かに進行している場合も考えられます。
一年に一回は歯科医院での健診とクリーニングを受けましょう。

黄信号の方
歯周病の疑いがあります。
ただし、今の段階でしたら進行は十分くい止めることができますので、歯科医院で健診を受け、進行しないよう気をつけましょう。

赤信号の方
歯周病がかなり進行して、歯が抜けてしまう可能性があります。
そうなる前に治療を受けましょう。

歯周病への対策は、正しいブラッシングと知識、情報、そして歯科医院での年1~4回(状態に応じて)の口腔内チェックとクリーニングです。
ブラッシングに関しては自己流をやめて、一度正しい磨き方や歯磨き不足の所を歯科医院で確認することをお勧めします。
ご自身ではしっかり磨けているつもりでも、磨き残しがあったり、歯磨きの仕方などをなおした方がいい場合もあります。
歯間ブラシが通る方は歯間ブラシの使用もお薦めします。

もうひとつ大事なことは、痛くなくても症状がなくても、年に1~2回は歯科医院でクリーニングをしましょう。
丸子歯科では3ヶ月に一度のクリーニングをお薦めしています。
また、歯周病に関する情報、予防法などをお話ししていますので、ぜひ定期検診にご来院下さい。
あなた自身の歯を守るために。

▲アンチエイジングクラブのTOPへ

Q1.歯ぐきが腫れています

Q1.歯ぐきが腫れています。原因を教えてください。

A. 歯ぐきの腫れには様々な原因があります。

3大原因は(1)(2)(3)ですが、その他にも時々みられるものを説明していきます。

1)歯周病

お口の中の歯周病菌の感染症です。
歯肉に炎症が発生し、腫れが起こります。
歯がぐらつくこともあります。口の中全体的に歯周病が進行していることが多く、歯と歯ぐきの境目が腫れてきます。

詳しくは「歯周病」のページをご覧ください。

「歯周病」詳しくはこちら>>

2)歯の根の先の炎症

歯と歯ぐきの境目よりも10㎜以上
下(歯の根の先の方)に腫れが起こります。
神経を取る治療をした歯に起こることが多いです。

3)歯の根にヒビが入っている

歯の根本の部分の歯ぐきに埋まっている部分が割れてしまい、その周辺の歯ぐきに炎症が発生し腫れが起こります。
咬む力が強い方や、歯ぎしり・咬みしめぐせがある方に多いです。
また、神経を取ってから10年以上経過した歯に起こりやすいです。

4)親知らずの腫れ

親知らずの周囲の歯ぐきが炎症を起こして腫れている状態です。
咬むと腫れているところに歯があたって痛かったり口が開けづらいと言った症状がみられることがあります。

5)上顎洞炎

頬の辺りが熱っぽい、腫れた感じがする。
どこかはっきりしないが奥歯で咬むと痛い。
走ったりジャンプをすると奥歯が痛い。
風邪をひいたり鼻やのどの調子が悪い。

と、いった症状がある方は上顎洞炎の疑いがあります。

6)人工歯の圧迫(入れ歯、ブリッジなど)

入れ歯があたって痛いが、ずっと我慢していた仮歯が取れかけて歯ぐきを圧迫している。
このようなとき、食い込んでいる部分の歯ぐきが腫れることがあります。

7)食物の残りがたまって歯ぐきを圧迫している

歯と歯の間に虫歯があったり、広いすき間があると食べ物が挟まったり、汚れが溜まったりして歯ぐきが腫れることがあります。

8)ハブラシ等による傷

歯磨きをすると、力が入りやすい部位に炎症が起こります。また出血もみられます。

9)怪我・火傷

外傷や口の中の火傷によって腫れることがあります。

10)風邪などによる「潰瘍性歯肉炎」や「手足口病」(子供の場合)

10才くらいまでの抵抗力の弱い子供に多いです。
風邪などで38℃以上の熱が出て、治りかけているときに口の中のいろいろな部位に潰瘍や水ぶくれが生じます。

11)その他(骨隆起、粘液のう胞、腫瘍)

骨隆起:下の犬歯から奥歯にかけての内側のところに骨が腫れたかのように飛び出している部位があります。

粘液のう胞:唇の中に唾液が溜まっている状態です。
下唇に米粒大の透明の腫れが出来ることが多いです。

線維腫:口の中の全ての粘膜に出来る可能性のある良性腫瘍です。
痛みはありません。

悪性腫瘍:口の中の全ての粘膜に出来るが、舌が半数です。
白く潰瘍が膨らんだように見えます。大きくなると痛みを伴います。

自分ではなかなか判断がつかないかもしれません。ご心配であれば早めのご相談をおすすめします。

以上のようにいろいろなことが考えられますが、1つの要因だけでなく、複数の要因が複雑に重なり合って症状がでていることもありますので、原因を特定できない場合もあります。

 

歯周病

こんな症状はありませんか?

デジタル漫画「歯周病と生活習慣病」・歯を磨くと歯ぐきから血が出る
・口臭がある、口が臭うと言われる
・朝起きると口の中が粘つく
・歯ぐきがムズがゆい気がする
・歯ぐきを押すと血や膿がでるこれらの症状がある方は歯周病かもしれません。

歯周病はほっておいては治りません。
抜けてしまう前に早めの対策をおすすめします。

歯周病とは

歯周病の原因と対策

歯周病のリスクチェック

当院での歯周病対策

家で出来る歯周病対策

3DSについて

歯周病と免疫力

歯周病と全身疾患

歯周病が全身に広がる悪影響について

非外科的歯周治療の講演会に参加して

「非外科的歯周治療~根面デブライドメントの臨床~の講演会に参加して」

10月25日に名古屋で歯周病についての講演会をドクター5名、スタッフ2名で参加してきました。
講師は、熊本県でご開業の東克章先生です。

東克章先生

歯周病の治療で比較的頻繁に行っているのは歯根の部分を硬く滑沢に仕上げるという方法ですが術後の不快感や知覚過敏や痛みなどの症状が出てしまうことがあります。

今回の根面デブライドメントは、超音波スケーラーを用いた歯周病治療です。
治療に要する時間を短縮でき、術後の不快感や知覚過敏の症状が少ない上に歯周病治療の効果も高いという結果が報告されていました。

現在、丸子歯科でもこの方法を導入していてます。
今回参加させて頂いたことで、より自信をもって根面デブライドメントを施術していこうと思いました。

講演会前にみんなで「まるは食堂」へランチに行ってきました。
大きなエビフライが2本も付いた定食をいただきました。
とてもおいしかったので、後日家族とまた行ってきました。

この「まるは食堂」のような、皆さんに喜んでいただける歯周病治療を目指して頑張っていきますので期待しててくださいね。

「まるは食堂」へランチ 「まるは食堂」へランチ

豊田市の丸子歯科 歯周病/舌の痛み

歯周病「あなたの歯ぐきは健康ですか?」

こんにちは豊田市の丸子歯科スタッフ加藤です。

「歯を磨くと血が出る」、「歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい」など・・・、
お口の中にこんな症状はありませんか?
もしかすると歯周病にかかっているかもしれません。

平成17年「歯科疾患実態調査」によると、日本人全体の7割の方が歯周病に罹患しているというデータがあります。
中でも30代後半の方では8割、50代では9割近くの方が歯周病に罹患しているといわれています。

歯周病とは、歯を支える歯肉や骨などが破壊される病気です。
歯周病が厄介なのは、歯周病が進行していても痛みがほとんどないことです。そのため、気づいた時には触るだけで歯がグラグラする状態になっていることが多いです。
まず、下の表で歯肉の健康をチェックしてみましょう。

歯肉の健康をチェック

「舌の痛み」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフ松井です。

舌に違和感や痛みを感じたことはありませんか?
今日は、舌の痛みついてお話ししたいと思います。

一般的には舌に痛みを感じる場合は、次のような原因が考えられます。

①口内炎
②つめ物や入れ歯、鋭い歯などに触れることで起こる舌の傷。
③口腔内乾燥
④ウイルスの感染でお口の中が荒れたときなど。
⑤ビタミン不足による舌の痛み

などが考えられます。
その原因が改善することで、痛みは少なくなります。

すっきりと治らない場合は、「舌痛症」と言われます。
40~0才前後の方、特に女性の方に発症率が高く、舌の先や舌全体にヒリヒリした痛みや、灼熱感、しびれなどが長期間続く場合があります。

原因は、明らかになっておりませんが舌に痛みなどで不安を感じたら相談してみることをおすすめします。

舌の痛み 舌の痛み

豊田市の丸子歯科 講習会

『歯周病のメインテナンス講習会』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの清水です。

12月2日12時半電気の科学館で、歯周病治療やメインテナンスについての講習会がありました。スタッフ5名で参加しました。

歯周病とは現在は生活習慣病の1つになりました。誰でもなってしまう可能性のある、お口の病気です。

歯茎が腫れた、歯茎から血が出る、歯がグラグラする・・・そう言って来院される方は少なくありません。
では、歯周病の原因とは何だか知っていますか?

私たちは今回の講習会で歯周病の原因と治療法、健康な状態を維持するために、予防歯科の世界最先端を走っているスウェーデンで実際に行われている方法を、再度学んできました。

歯周病の原因とは、バイオフィルムという細菌の塊が歯につくことだと言われています。このバイオフィルムを除去することが大切になります。
歯や歯茎には負担をかけず、バイオフィルムを除去するスウェーデン式の治療を当院でも以前から取り入れています。

歯周病はサイレントディジーズ(沈黙の病気)とも言われ、知らない間に進行していく怖い病気です。
少しでも「おかしいな?」と思ったら、かかりつけの歯医者さんで一度相談してみてはいかがでしょうか?
今お口の中にお悩みがない方も、ずっと健康な状態を保っていきましょう!

歯周病のメインテナンス講習会 歯周病のメインテナンス講習会

『医療連携についての講習会』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの加藤です。

1月20日10時から愛知県歯科医師会館で「糖尿病におけるメディカルスタッフの医療連携」の講習会がありました。スタッフ9名で参加しました。

糖尿病と歯科は関係ないと思われる方もいると思いますが、糖尿病は歯周病と非常に深い関係があります。
糖尿病を患っている方は歯周病になりやすく、悪化しやすいです。
またその逆で、歯周病が進行している方は糖尿病が改善しにくい傾向にあります。

今回の講習会では、薬剤師・看護師・栄養士の方々が普段どのように指導されているかを学び、他職種の方々と共通の情報を知り、連携することの大切さを学びました。

私たちもお口の中のことだけでなく、患者さんの全身に気を配り、良いアドバイスができるように日々勉強したいと思います。

医療連携についての講習会

豊田市の丸子歯科 妊娠期と歯周病

『妊娠期と歯周病』

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの松野です。

歯周病“この病名をお聞きになったことはありますか!?
そうです、歯の病気です。腫れや出血、炎症といった症状等があらわれます。

その歯周病が、妊娠や出産にも影響を及ぼすことがあります。
どのようなことかと言いますと、歯肉に炎症などがある場合に増加する物質に炎症性物質があり、その物質に子宮を収縮させる作用があるため、早産や低体重児出産のリスクが高まる可能性があるということです。

健康で元気な可愛い赤ちゃんを安心してお腹の中で育む前から、ママのお口の中もバッチリケアして出産に臨んでいただけたらと思います。

歯周病チェックリスト

歯周病なら豊田市の丸子歯科へ 歯周病セミナー参加報告

豊田市の丸子歯科ブログ

H23年8月21日(日)に最近新聞でよく出ている歯周病の再生療法に関するセミナーに参加しました。

講師は福岡市の船越栄次先生で、日本の再生療法のトップを走る著明な先生です。

大学の先輩でもある縁で、少人数でのセミナーをやっていただけたので、微に入り細に入りの説明を聞くことができました。大人数での学会と違い自分の知りたいことを直接質問もでき、とても有意義な1日でした。

再生療法に関しては学会で何度も聞いていた内容ですが、長期の経過があまりはっきりしなかったので、今まであえて取り入れてきませんでしたが長期の経過もしっかり報告があり、これからは取り入れていけることを確信しました。
歯周病の中期末期の方に説明する機会もこれから出てくると思います。

福岡市の船越栄次先生と 歯周病セミナー

修了証 修了証

歯周病 インプラントは豊田市の丸子歯科へ 院外勉強会

豊田市の丸子歯科ブログ

H23年7月24日、名古屋国際会議場へセミナーに行ってきました。

歯周病の治療とインプラントのメインテナンスについて勉強してきました。
学校では「歯石は全部取りましょう!」「磨き残しをなくしましょう!」と学びます。
確かに理想的ですが、現実には歯石を一気に取ろうとすれば、長く時間がかかったり痛みがあることもあります。

磨き残しをなくすために、テクニックやいくつもの道具を使いこなすのも現実には難しいです。
そこで教えて頂いたのは、傷つけない・痛くしない・急がないクリーニングです。
患者さんに痛みを与えず、負担の少ない(ダメージのない)施術を心がけていくこと。私たちはクリーニングの後に「気持ち良かった」と思って頂けるように努めていきたいと思います。

磨き残しをなくすための方法も、患者さん1人1人に合わせた指導、1度にたくさんのことを指導しない、最初からたくさんの道具をおすすめしないなどを気をつけたいです。

技術や知識を身につけ、患者さんの健康のサポートに携わっていきたいと思います。

名古屋国際会議場

お昼ごはん

「セミナーは12時からだったので、味わう暇もなくお昼ごはんを食べました。」

PAGETOP