豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 抜歯

タグ : 抜歯

親知らずについて

親知らずが虫歯になった場合、治療して保存するか
あるいは抜歯するか、非常に判断が難しいところです。
「できれば治療をして残したいけど、本当に抜歯せずに残していいの?」
誰もが悩みます。ここでは、親知らずの治療方針について説明します。

親知らず

歯ぐきの中に埋まっている事も多く、レントゲン写真を撮って初めて見つかる時もあります。
親知らずは口の一番奥にあるため、以下のような影響が起こる場合があります。

●親知らずの悪影響●

・歯ぐきが腫れたり痛む
周囲の歯ぐきがゆるんで痛みが出る原因となります。
・食べ物がつまりやすい
親知らずに穴があいたり、痛みが出る可能性があります。
・隣の歯が虫歯になりやすい
食べ物がつまると一本手前の大臼歯に虫歯が出来やすくなります。
・隣の歯に食い込んでしまう
斜めに生えると、一本手前の大臼歯へ食い込んだり、手前の歯の根が溶けてくることがあります。
・周囲の歯を押す
歯全体を手前へ押す力が加わり、歯並びが悪くなる原因となります。
・膿の袋を作ることがある
長期間あごの骨に埋まった状態が続くと、周囲の分泌物が溜まり、膿の袋ができることがあります。

●親知らずの治療方針●

(1)このまま置いておく
前記の悪影響が出る可能性があるが、このまま様子をみる。

(2)虫歯などの治療を行う
まっすぐ生えている場合には他の歯と同様にしっかり治療を行う事もあります。

(3)抜歯する
親知らずの歯を抜きます。

※親知らずの抜歯について※

歯がまっすぐ生えて、ある程度出ている場合には当院で抜歯を行いますが、多くの場合傾いたり、歯ぐきの中に埋まっているため、口腔外科を紹介させていただきます。
外来通院で1~2本ずつ親知らずを抜歯する方法以外にも、入院設備が存在する病院では入院管理下にすべての親知らずを一度に抜き、通院回数や治療期間を減らすことが出来る場合もあります。

抜歯をした場合、以下のことが起こる可能性があります。

・歯ぐきの中に深く埋まっている場合、抜歯後に1週間位腫れたり口が開けづらくなります。
・骨の中には繊細な神経が走っているため、手術後唇や舌にしびれが出ることがまれにあります。
・傷口が治った後も内部に隙間が残り、手前の歯がしみたり歯ぐきが時々腫れる場合があります。

親知らずの抜歯には抵抗を感じる人が多いです。
色々な問題が起こる原因になりますが、特に問題なくずっと使える方もみえます。
今後どうするか、ゆっくり検討していただいても結構ですよ。

抜かない治療

なるべく抜かない治療

丸子歯科では、なるべく抜かない治療と、抜かない努力をしています。
大半の方は、歯を抜くことは恐いことですし、できれば最も避けたいことだと思います。

しかし、

「虫歯が大きいので抜かないといけないかな?」
「歯がぐらつくので抜くしかないのかな?」
「歯が折れているので抜かないといけないかしら?」

などとお悩みの方にも、できることがあるかもしれません。

歯を失ってしまう原因には、次の3つがあります。

(1)虫歯
(2)歯周病
(3)歯根破折

以前は、虫歯・歯周病が2大原因でしたが、最近は歯根破折で歯を失う方が増えています。
しかし、これら3大原因は、気を付けることで防ぐことができます。

丸子歯科の治療風景

(1)虫歯

虫歯がかなり進行してしまった場合でも、できる限りの治療をして可及的に残すことを目指しています。

1)歯の根に膿がたまっている場合
膿の袋が非常に大きい場合、残念ながら抜歯になることがありますが、歯根の治療を各種消毒薬を用いながら数回繰り返すことによって、再び冠を入れることが可能な場合もあります。

2)歯ぐきの下に虫歯が進行している場合
こんな場合でもかなり深い所まで虫歯が進行していなければ、歯ぐきの形を整えたり歯の位置を修正して冠を入れることが可能な場合もあります。

ただし、虫歯をそのまま放っておくと、最後には根だけの状態になり、抜歯の対象になります。
虫歯を予防するためにも、定期的に検診を受け、治療が必要な虫歯が出来ていないかチェックすることが大切です。

(2)歯周病

かなりグラグラしていて、自分では残すのは無理だろうと思われる歯でも、様々な歯周病対策によって、かなり回復する場合があります。
以前10本抜歯といわれ、あきらめていた方が、5年以上経過して抜かずに済んでいる場合もあります。
あきらめず、ご相談ください。

ただし、治療の限界を超えている場合には、残念ながら抜歯になることもあります。

「歯周病について」詳しくはこちら>>

(3)歯根破折

歯の根が割れてしまっている場合も、一般的には抜歯の対象となります。
しかし、特に気になる症状がない場合や、症状があっても抜歯を希望されない場合は、咬みあわせを調節したり、硬い物を噛まないようにして、気を付けて使っていただく場合があります。
気を付けて使っていただければ、5年以上その状態で大きな問題が出ない方もかなりおられます。

ただし痛みが続く場合や、腫れを繰り返す場合には残念ながら抜歯になることが多いです。

このように、あきらめかけていた歯でも、場合によっては抜かずに残せることもありますので、一度ご相談下さい。

最後に、御自身で抜きたくない歯に関しては、「抜かないとダメ」ではなく、どう残していくかを相談していきますので、相談の時には遠慮なくご希望を聞かせて下さい。

「かみしめぐせ」について詳しくはこちら>>

「歯根破折」について詳しくはこちら>>

残念ながら抜歯をおすすめする時

丸子歯科では、「なるべく抜かない」を基本方針にしておりまので、多少状態が進行していても抜歯を希望されない場合は、無理に抜くことは絶対にありません。
しかし、患者さんの将来、全身的健康を考えた時、残念ながら抜いたほうがよいと判断する場合があります。

1.年に数回腫れたりひいたりを繰り返す歯

歯肉が腫れた時には、歯周病菌を中心とした細菌が大量に含まれた膿が歯ぐきの中にたまっています。その膿は一体どこへ行くのでしょうか。
実は、そのほとんどを飲み込んでいるのです。

体に良い乳酸菌や納豆菌ならどんどん食べれば良いのですが、歯周病菌はテレビを見られた方も多いと思いますが、間違いなく全身に波及し悪い影響を及ぼします。

2.咬む時に痛くてそちら側では咬めない原因となる歯

痛みを我慢して使っている歯をお持ちの方からは「咬むときは痛いので、そっち側は使わないようにしています」
「反対側で咬めるので、なんとか我慢してきました」とよく言われます。
数ヶ月のことならそれでも良いかもしれませんが、数年続くと酷使されている歯がどうなるでしょうか。

仕事を例にとってみますと、10人の職人がいても、5人の職人が頭痛や腰痛で休んだとしましょう。数ヶ月は残った5人だけでなんとかなるかもしれませんが、数年続いたらどうでしょうか。残った5人のうちの数人は過労でダウンしてしまうのではないでしょうか。
歯も同じです。残った歯に負担が集中し、数年後にグラグラになったり、破折してしまうことが多くの方に見られます。

3.その歯が他の歯に悪影響を及ぼす場合

その歯が存在することによって、他の歯に悪い影響を与えてしまうことがあります。
一番よくある例は親知らずです。特に横に向いている親知らずは、手前の歯を虫歯や歯周病になりやすくしてしまいます。
また、20才を過ぎるころからは、親知らずが成長し、前方へ押す力が強くなり前歯の歯並びをずらしてしまうことがあります。

他の例としては、元々はえている歯の裏側から違う歯がはえてしまった場合です。
その場合、歯磨きがうまく出来ないために、やはり虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

患者さんと相談していると、「絶対に歯を抜きたくない」「絶対に歯を抜かない方がよいと聞いた」と言われる方もいます。
基本的には、患者さんの希望を尊重する方針ですが、抜いた方が快適な食生活を送ることが出来る、あるいは見た目が良くなる、そして全身的疾患の防止が出来ることがある、ということを知っておいていただけたらと思います。

したがって当院の方針は、

「絶対に抜かない治療」ではなく、「なるべく抜かない治療」です。

豊田市の丸子歯科 親知らず抜歯体験記 その2

『親知らず抜歯体験記その2』

こんにちは。豊田市の丸子歯科副院長丸子裕美子です。
今回は親知らずの抜歯体験記その2を報告させていただきます。

半田市民病院にて、親しい友人が3泊4日で左右2本の親知らずの抜歯をしました。

ここから友人のレポートです。

<5月1日>

午前中から入院、夕方から歯の掃除と主治医からの説明があるとのこと。
それまでは自由時間!主治医からの説明は、外来で受けた内容とほぼ同じでした。ただ、付き添いの方にも理解、承諾をしてもらうということでした。

<5月2日>

シャワーを浴びて手術着に着替えました。歯の手術なのに大げさな気もしましたが、気持ちはだんだん病人になってきます。
11:15点滴(ポタコール)開始。朝から絶食なのでさすがにお腹が空いてきました。
13:30手術室へ歩いて行く。今日の手術は自分ともう一人男性がいました。
彼は、3本らしい・・・負けた。

診察台に座り、止血剤、抗生物質の点滴を入れられ目の前にぶら下げられると、少し怖くなってきました。
「麻酔を入れますよ!」と点滴のキャップから注射で入れられると、あっという間に腰や腕が重くなり、意識なし。

先生の「右!終わり」の声でうっすら意識が戻るが、痛みは全くなく、またすぐもうろうとしてきました。
左側の時に「もう一回、もう一回」という声が聞こえたが、この時も痛みはない。
そしてまたもうろうとしてきました。
「終わりましたよ!起きれますか?」と言われたが、体が重くてうなずくくらい。
1時間の予定でしたが、「単純な生え方だったから早く終わりました。30分!順調!!」と言われて一安心。
ベットが横に付けられ、おしりからゆっくり移動して横たわる。頭が重く、目も自然に閉じてくる感じでしたが、声はしっかり聞こえました。

部屋に戻ると、看護師さんがガーゼをくちの中に入れ、「1時間咬んでいてね」と言って去って行きましたが、ガーゼが分厚く口が閉じられなくて、乾燥してくる。
唇と顎にしびれた感じが残っている。
主治医が診察にきて「顎のしびれは、徐々に取れますよ」と言ってくれたので、安心しました。
18:00点滴の痛み止めも切れてきて、少し痛いような感じがしたので、すぐにロキソニンを飲んだ。
18:30気分も落ち着き、お粥を食べる。
夕食後そっと歯みがきをしてみるが、口が大きく開けられず、違和感を感じる。うがいをすると血がに混じるがしみる感覚はない。舌で歯をは触ってみると糸がピヨーンと出ていた。(気になる・・・・薬のせいか、17:30就寝。

<5月3日>

明け方少し痛みが出てきたので、ロキソニンを飲む。朝食後の歯みがきでも血が混じっていた。顎が固くて腫れた感じがする。笑おうとすると、引きつる感じで、口を横に広げられない。
10時から抗生物質の点滴で、すっかり病人になってしまった。16時に点滴が終わり、シャワーを浴びる。その後またロキソニンを飲む。
昨日よりは口が開けやすくなってきた。しびれも全くなくなった。

<5月4日>

顎の腫れがすごいことに・・・。先生によると、手術後1日目は痛みがピーク、2日目は腫れがピークということらしい。当てはまっている私は「順調です!」
と言われてしまった。でも、痛みの方はロキソニンのおけげで、ほとんど嫌な思いはしていない。腫れのせいで、また口が開けづらくなってしまった。

午前中に退院。
退院前の回診でも、「腫れはしばらく続きますが、傷口はとてもキレイで(ほめられても嬉しくないけど・・・)順調に回復すると思われます。」
と言われ、安心して退院できました。

自宅では、ほぼ日常生活に戻れたけれど、歯みがきの時に、歯ブラシの先端が頬の内側に当たると、涙がでそうなくらい痛かったです。歯みがき恐怖症になりそう(笑)うがいをたくさんたくさんしました。
抜糸までは、引きつる感じしてロキソニンを1日に2回ずつ飲んでいました。

<5月9日>

糸が取れたら、口が楽に開けられるようになった。歯みがきの時も、歯ブラシが当たっての痛みもほぼなくなってきました。
でも、痛いような、違和感があるのでロキソニンは1日2回飲んでいる。

以上3泊4日の「親知らずの抜歯」友人からのレポートでした。
親知らずを抜きたいけれど、入院と聞くとなかなか決心が付かない方も多いと思いますが、入院から手術、そして術後の経過や、お口の様子などが少しでも参考にして頂ければ嬉しく思います。

PAGETOP