こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの加藤です。

秋口に入り、涼しくなってまいりました。

日本歯科医師会では8020運動というものがあり

「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。

残存歯数が約20本以上あれば、食生活にほぼ満足することが出来ると言われています。

この運動が始まったきっかけは、自分の歯で食べる楽しみを味わえるようにとの願いが込められています。

医療技術の進歩や人々の健康への関心の高まりなどがあって、先進国の平均寿命はどんどん長くなり

「人生100年時代」と言われるようになっています。

そのためには、歯を失う原因の虫歯と歯周病を予防さえ出来れば

自分の歯を長く使い続けることが出来るのです。

虫歯や歯周病を防ぐには、プラークが作られにくい食生活を心がけると共に

歯についたプラークをしっかり落とすことが必要です。

定期的に歯科医院に通う人と通わない人の差は大きいので

定期健診で虫歯や歯周病の予防をしていくことをおすすめします。