豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
投稿
  • HOME »
  • まるこBlog

まるこBlog

感染対策の見直し

こんにちは。丸子歯科スタッフの鈴木です。

急に冷え込んできましたが、みなさん体調を崩していませんか?

毎年、丸子歯科では寒くなると冬用の膝掛けをご用意していました。

ですが、

先日院長が利用したANAでは共有する膝掛けは感染対策のためなしになっていました。

それを見習い撤廃することにしました。

窓を開けての換気は継続していく予定ですので、寒さが気になる方は

お手数ですがご自身で膝掛け等の防寒具のご用意をお願いします。

また受付での当日の体調管理の問診表は感染拡大が今の所落ち着いていますので、

一旦はなしにさせていただきます。

体温の確認と口頭での体調確認は継続させていただきます。

ご協力をよろしくお願い致します。

キシリトール

こんにちは。丸子歯科スタッフの杉浦です。

みなさんは、キシリトールはなぜ歯にいいのか知っていますか?

そもそも甘いものはなぜ虫歯の原因になるのかは、

砂糖などの糖分は虫歯の原因菌「ミュータンス菌」のエサになって酸に変わり、

歯の表面を溶かして虫歯にしてしまうからです。

ですがキシリトールからは酸を作れず、

歯を溶かすことができないのと唾液の中のカルシウムの

濃度を高め、溶かされた歯の表面を修復する力を持っているからです。

さらにキシリトールはミュータンス菌の活動を弱める力を持っているので、

虫歯予防にとても効果的です。

ただし、キシリトールはあくまでも虫歯予防の一部なので毎日の歯磨きをお忘れなく!!

歯の根のむし歯

こんにちは。丸子歯科スタッフの松村です。

11月8日は「いい歯の日」です。

いつまでも美味しく楽しく食事をするためには、

毎日のセルフケアで健康な歯を保つことが重要です。

そこで気をつけたいのが歯の根のむし歯です。

根面は、歯の白い部分(エナメル質)よりも弱く、むし歯になりやすいのです。

しかし、かと言ってゴシゴシ磨くのは注意が必要で、

強く磨きすぎると歯肉が下がり根が露出してしまうので、

歯ブラシを3ヶ月使っても開かないくらいの力でやさしく磨くのが大切です。

定期検診の際にはこのようなセルフケアのアドバイス等もお伝えしていますので

ご心配な方はスタッフにご相談下さい。

訪問歯科

こんにちは。丸子歯科スタッフの宮崎です。

訪問歯科をご存知ですか?

訪問歯科とはご自宅などで受けられる歯科治療と口腔ケア、入れ歯の調整、作成などを

歯科医師や歯科衛生士、歯科アシスタントが訪問して行うことをいいます。

お口の中には300種類を超える細菌が歯やそのまわりに何億も存在しています。

その細菌が唾液や食べ物などと一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する疾患を

誤嚥性肺炎といいます。この誤嚥性肺炎を起こすのは高齢の方が多いといわれています。

その他にも口腔内の細菌が血管に入り、血液によって全身に運ばれて心臓の病気や動脈硬化、

糖尿病などの原因になることもわかってきました。

これらの病気から体を守るために口腔ケアがとても大切です。

私たちが訪問歯科でそのお手伝いをすることで病気を防ぎ、美味しく食事ができ、

楽しく会話もでき、笑顔の絶えない毎日を送っていただけることが私たちの目標です。

もし来院困難な方がお知り合いでみえるようでしたら、訪問可能な範囲であれば

伺いますのでご相談下さい。

母子感染

こんにちは。丸子歯科スタッフの鈴木です。

知っていますか?「生まれたばかりの子に虫歯菌はいません。」

じゃあいつどうやって?感染ルートはたった1つ。

唾液によって人から人へと移っていくのです。

その中でもママからの感染が一番多いのです。

なんで?

ママはご飯の味見をしたり熱さをみたりと1つのスプーンやお箸でやっていませんか?

こうして感染していくのです。それをやめましょうと言うのは簡単ですが実際はなかなか難しいことです。

私もついつい孫にやってしまうことがあるからです。

そんな時、大人側がしっかり口腔ケアができていればリスクは減らせます。

まずはママやパパ、おじいちゃん、おばあちゃん達がお口をキレイにしましょう!

歯科健診も受けてみましょう。かわいい子ども、孫もために。

予約システム デジタル化へ

こんにちは。丸子歯科スタッフの藤村です。

丸子歯科のシステムが変わりました。

と言っても患者様が予約をする時は今まで通り受付で直接お取りするか電話でお取りします。

当院側の事ですが、紙の予約表がらデジタルに変わります。

PCが苦手な私は少し心配ですが…。

今はまだ患者様情報入力や検診の予約を入力している段階です。

今後は受付でスムーズに予約が取れるよう準備を頑張ります。

そしてもう一つ変わったのは、9月以降LINEで検診日の3日前に連絡が届くようになります。

今、来院された方にLINE登録の案内をし登録して頂いた方に今まで検診案内のハガキをお送りしていましたが、

LINEで案内が届くようになります。

多くの方から「便利でいいね」と喜んでいただています。

LINEをお持ちでない方は今まで通りハガキをお送りします。

患者様の便利と喜んでいただける医院体制に少しずつではありますが改善していきますので

ご協力をよろしくお願い致します。

今後さらに変更がありましたらお伝えしていきます。

 

企業検診

こんにちは、丸子歯科スタッフの吉田です。

丸子歯科では企業検診制度を使って無料で歯科健診やフッ素塗布を行うことができます。

トヨタ自動車や、アイシン、小島健康保険組合などいくつかの企業でこの制度を使えます。

保険証の確認と、企業検診が利用できるタイミングであれば使うことができますのでスタッフにお気軽にお声がけください。(ただし、治療中は使うことができません。)

また、会社によっては付いてくるオプションも異なりますのでスタッフにご確認をお願いします。

今まで検診を受けたことがない方や、久しぶりに検診を受けようと思っている方、すでに検診で通っていただいている方でも大歓迎です!!

(検診だけであれば費用はかかりませんが、当日から治療をご希望される場合には、通常の治療費がかかります。)

 

マスク下口呼吸

こんにちは。丸子歯科スタッフの大島です。

新聞で「マスク下口呼吸ご用心」の記事が、掲載されていました。

それを読んだ時、私も知らず知らずマスクをしている時に

口呼吸になっていることに気が付きました。

また、コロナ禍で人前でマスクを外し水分を取ったりすることも気になりできなかったり、

口呼吸になっていることで、唾液が減り口の中が乾燥し雑菌が繁殖しやすくなる原因になります。

また、口呼吸で舌の位置が上あごにつかないことにより歯を舌が押してしまい、

歯並びが乱れて咬み合わせが悪くなる心配も出てきます。

簡単にできる唾液分泌促進、唾液腺のマッサージ法などがあります。

口呼吸(お口ポカン)口の周りの筋肉を強くするトレーニングの遊びを取り入れながら

丸子歯科では行っております。

興味のある方、詳しく知りたい方はスタッフにお声がけ下さい。

在宅勤務、リモート授業の方へ

こんにちは。丸子歯科スタッフの永井です。

コロナウイルスの終息が見られる事が難しい中、仕事が在宅勤務になっている方や

学生の方はリモート授業になっている方もいるでしょう。

家でも仕事や勉強の時みなさん飲み物や食べ物を気を付けていたり、

考えた事はありますか?最近身体が重くなってきたなど思った事はないでしょうか?

身体の事は考える事が出来ても、お口の中を考える事はありますか?

「大人になったら虫歯になる事が減った」は間違いです。

虫歯になる原因の1つはダラダラ食いです。

常にお口の中に甘い物が入っていると虫歯になりやすいです。

甘い物を食べた後は、キシリトール入りのガムを20分程咬みましょう。

そして免疫力を高めてコロナ感染しにくい身体づくりをしましょう。

歯と口の健康週間

こんにちは。丸子歯科スタッフの広森です。

歯と口の健康週間という言葉を聞いたことがありますか?

6月4日~10日を歯と口の健康週間といい、

歯や口の中の健康を見直す一週間のことです。

元々6月4日が6(む)4(し)と読めることから6月4日をむし歯予防デーとしていたのが

始まりだそうです。

当たり前のように皆さんの口の中にある歯ですが歯は食べ物をするつぶしたり

小さくして体の中へ運んでくれる役割があり、その歯が無くなると栄養がとれず

体が弱くなったり免疫力も下がってしまいます。

そんな大切な歯を失わないために毎月の歯ブラシはとても重要になってきます。

特に寝ている間は菌を流してくれる唾液が出にくく、

菌が増えやすいので寝る前の歯ブラシを念入りに行いましょう。

お口の健康は全身の健康につながるので歯と口の健康週間を機に

歯と口の健康について考えてみましょう。

よい歯の日

こんにちは。丸子歯科スタッフの横山です。

みなさん「よい歯の日」をご存知ですか?

4月18日のことを語呂合わせで「よ(4)い(1)歯(8)の日」といいます。

歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、その早期発見、治療を

徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを

目的に日本歯科医師会により制定されました。

他にも4月は4月29日を歯肉炎の日(花王株式会社制定)、

4月4日を歯周病予防デーといいます。

このように4月は歯にまつわる日が沢山あります。

ぜひよい歯の日(4月18日)をきっかけにご自身の口の中をチェックしてみて下さい。

セルフケア(自分磨き)

こんにちは。丸子歯科スタッフの渡邉です。

今日はセルフケア(自分磨き)についてお話しします。

みなさんは磨き方について意識した事はありますか?

実は正しい磨き方と正しくない磨き方があります。

正しくない磨き方はたくさんありますがピックアップすると

強く押し当てながら磨く事と大きく動かして磨くことです。

強く磨くと歯茎を傷つけてしまったり歯茎が下がる原因になるので

優しく磨いてあげて下さい。

そして大きく動かすより細かく動かしてあげる事で汚れがより多く取り除けるので

細かく動かしてあげると効果的です。

他にも正しい磨き方や正しくない磨き方についてたくさん例がありますので

気になる方や、自分に合うセルフケアグッズが聞いてみたい方は来院された際に

スタッフに声をかけて下さい。

患者さんに一番あっているグッズをお話させて頂きます!

妊娠中の歯のケア

こんにちは。丸子歯科スタッフの戸田です。

現在、妊娠5ヶ月の妊婦です。

妊娠したら女性の体は出産に向けて急激に変化していきます。

つわりで歯が磨けなくなったり、食事の回数が増える人もいます。

女性ホルモンの増加により唾液が減少したり歯周病菌が増殖し、

歯肉炎を起こしやすくなります。

私もつわりを経験し、気持ちが悪くて奥歯まで歯磨きができない日が続きました。

虫歯や歯周病は大丈夫?と心配になりますよね。

そんな体調の変化もあるんだという事を知って、歯のケアの仕方も工夫してみました。

対策として

☆つわりで歯が磨けない時は食後にお水でうがいをする

☆ガムを噛んで唾液を増やす

☆安定期に入ったら歯科医院で検診を受ける

妊娠中に歯がうずいたら、我慢せず安定期のうちに治療をしましょう。

赤ちゃんが生まれてからは、なかなか出かけられないので

体調に不安がなければ出産前に治しておくことをおすすめします。

体温計

こんにちは。丸子歯科スタッフの加藤です。

愛知県では今月21日に緊急事態宣言の解除が報道されましたが、

感染のリスクが続くことに変わりはありません。

緊急事態宣言が解除されても皆様には感染対策としてマスクの着用、来院時の体温測定、

アルコール手指消毒のご協力をお願い致します。

さて、当院では額にて検温をし患者様の健康状態を確認していましたが、

コロナウイルス感染(接解感染)を避けるため、手をかざすタイプの体温計を導入致しました。

受付に置いてありますので、診察券を出す時に検温をお願い致します。

我が子の歯磨き習慣

こんにちは。丸子歯科スタッフの光森です。

みなさんは、お子さんの仕上げ磨きの時に何の歯磨き粉を使っていますか?

私には、もうすぐ2歳になる子どもがいます。

歯が生え始めた頃から1日2回は歯磨きをするようにしているのですが、

なかなかしっかりと磨かせてくれませんでした。

そんな時に使い始めたのがチェックアップジェルのバナナ味です!

我が子はバナナを普段、好んで食べてくれないのですが、フッ素のバナナ味は好きなようで

毎日「自分で!」と言ってジェルをつけて磨いています。

自分で磨いた後も、大きな口を開けて磨かせてくれるようになりました!

今ではバナナ味のジェル様々です。

丸子歯科でもバナナ味のフッ素ジェルを購入できますので、興味のある方はお声掛け下さい!

歯ブラシも市販の物よりやわらかい歯ブラシがございます。

私は市販の物も色々使ってきましたが、タフト17PS(ソフト)が一番持ちやすく磨きやすかったです。

子どもも「痛くなーい!」と気に入っています。こちらも丸子歯科で購入できます!

歯ブラシの種類でお困りの方はご相談下さい。

免疫力について

こんにちは。丸子歯科スタッフの山田です。

もうすぐ愛知県は緊急事態宣言が解除されますが、まだまだ油断は禁物です。

さて皆さん、免疫とはどんなものかご存知ですか?

免疫とは、ウイルスや細菌などの病原体から体を防御したり、身体の中の

老廃物や死んだ細胞や発生したガン細胞に対処し、傷つた細胞があればそれを修復する

働きのことを指します。

免疫の働きが低下すると感染を繰り返したり症状が長引いたり、

あるいは健康時には感染しにくい病原体にもかかりやすくなってしまいます。

そこで丸子歯科では、免疫力リスクチェックというものを実施しています。

自分の免疫力がどのくらい低下しているのかを知り、改善点を一緒に見つけていき、

コロナや歯周病に負けない体づくりを目指していきましょう!

 

バレンタインチョコ

こんにちは。丸子歯科スタッフの藤田です。

2月のイベントでもあるバレンタインデーはチョコがメインですね。

丸子歯科では毎年チョコをお渡ししています。歯医者さんがお菓子を配るんだ…

と私は最初思いましたが、配るチョコにはある特徴があったのです!

チョコレートの中でむし歯を作る原因となっているのは「砂糖」ですが

砂糖をまったく使わず、甘味料を100%キシリトールにしているチョコなので

「むし歯が予防できるチョコレート」になります。

子どもたちの大好きなチョコレートで楽しくむし歯を予防したい、と願う歯科医師の

発案で生まれたものなので安心して食べられますね。

バレンタインに限らず日々むし歯予防をしていきましょう。

始まりました!!2021年

こんにちは。丸子歯科スタッフの上野田です。

皆さん、明けましておめでとうございます。

2021年になって早半月が経ちました。皆さんは新年にたてた目標はありますか?

丸子歯科では毎年、スタッフ全員が目標をたて発表をしています。

人前で発表することで自分以外の人からも見守ってもらえるのでモチベーションアップに

おすすめですよ。

今年も大変な日常がまだまだ続きそうですがお身体に気をつけてお過ごし下さい。

私も自分自身の健康に気をつけて生活するというのも今年の目標のひとつにしています。

来院された際には皆さんの目標や年末年始の過ごし方など色々なお話を聞かせて頂くことを

楽しみにお待ちしております。

コロナ禍の中で

こんにちは。丸子歯科スタッフの片山です。

今年は今までにない状況を誰もが体験する事になり、医療従事者をはじめ、

飲食業、さまざまな人たちの生活環境が変わってしまいました。

その中で、今まで普通だと思っていた事が普通ではなかったし、当たり前にやっていた事、

あった物があたり前ではなかったのだと、気付くきっかけになりました。

私たち歯科医院も、飛沫を防ぐためにフェイスガードやアイガードを使用したり、

消毒の強化や密を防ぐための車待機の案内等、通常業務に加えてさまざまな対策に追われています。

患者さんが安心して来院できるように頑張っていきたいと思っています。

このような状況でも頑張るのは、私たち医療従事者にご協力して下さる人たちがいる事を

忘れてはいけないと思います。

年末の大掃除

こんにちは。丸子歯科スタッフの松尾です。

年末になり大掃除を少しずつ初めています。

普段は掃除をしないような場所を掃除していると、こんなにも汚れていたのかとびっくりします。

仕事納めの日にはスタッフ全員で大掃除をします。気持ちよく新年が迎えられるように頑張ります。

自分の部屋も、少しずつ掃除を始めていこうと思いました。今年は新型コロナウイルスの流行で、

去年には想像も出来ないような1年になりました。新しい生活様式にも慣れてきましたが、

来年は少しでも元の生活に戻り、楽しい1年になるといいですね。

非常時のお口のケア

こんにちは。丸子歯科スタッフの松村です。

来月11日で東日本大震災から10年になります。

今回は非常時のお口のケアについてご紹介します。

まずお水はあるけれどハブラシがない場合には、水でぶくぶく・ガラガラうがいをしてから

タオルやハンカチ、ティッシュペーパーなどで歯の表面を擦って汚れを取ります。

入れ歯もできれば毎食後、少なくとも1日に1度は外して水で洗うかウェットティッシュや

ガーゼで拭いてください。次に、お水がない場合には、シュガーレスガムやキシリトールガムを

噛むことで唾液が出てきてお口の中をキレイにしてくれますので、ぜひ非常用セットに準備して下さい。

今回ご紹介した方法やその他についても、日本歯科医師会のホームページに詳しく載っていますので

ご覧ください。

https://www.jda.or.jp/disaster/20180711.html

日本歯科医師会のHPに飛べます。添付資料②非常時の口腔健康管理(水がある場合)(水が無い場合)

ご覧ください。

豊田市丸子歯科「フッ素塗布」

こんにちは。丸子歯科スタッフの杉浦です。

丸子歯科では、虫歯予防に効果的であるフッ素塗布をお子さんから

大人の方まで積極的にススメています。フッ素の虫歯予防の3つの効果は、

①歯を強くする ②初期の虫歯を修復する ③むし歯菌を抑制する

①を少し詳しく説明していきます。もともと歯の表面はハイドロキシアパタイトという

不安定な結晶で覆われていますが、フッ素によりフルオロアパタイトという安定した

結晶構造に置き換わるため、虫歯菌の出す酸に対して、強い歯質に変化します。

特に乳歯や生えたばかりの幼弱永久歯はフッ素にあまり触れていないため、

虫歯菌に弱い状態ですので積極的にフッ素を応用させていきましょう。

今早は、豊田市で例年実施されている学校でのフッ素洗口が中止されています。

当院には家庭用フッ素洗口剤もありますので活用をおすすめします。

豊田市の丸子歯科 「コロナウイルス対策」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの吉田です。

丸子歯科ではコロナウイルス対策を行っています。

受付にて検温・手先の消毒や体調確認問診表の記入のお願い、

パーテーションの設置、診療室にて治療前の全員の方にうがいのお願い、

治療後に徹底した消毒、また換気を行っています。

各チェアーの間にもパーテーションを設けて感染対策を行っています。

密を避けるために、待合室が混み合う時間帯にはお車での待機を

お願いさせていただいておりますのでご協力をお願いします。

まだまだ油断はできないと思います。

私自身も手洗い・うがいや消毒などを徹底して行い

マスクの着用を常にしていきたいと思います。

丸子歯科に受診される際には必ずマスクの着用や消毒などの

ご協力をお願いいたします。

豊田市の丸子歯科 「ZOOMミーティング」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松井です。

丸子歯科では月に1回、スタッフ全員でミーティングと

勉強会を行っています。

新しいマニュアルや材料、商品など知識をみんなで共有しています。

しかし新型コロナウイルスの影響で、全スタッフが集合することが

難しくなってしまいました。

そこで丸子歯科でもZOOMを取り入れてミーティングを行うことになり

各スタッフが自宅からパソコンやスマホで参加しました。

初めは上手くいくか心配でしたが、音声や画像のトラブルもなく終えることが出来ました。

顔を合わせて話をすることも大切ですが、新しいことや便利なことを取り入れるのも

これから大切にしていこうと思います。

豊田市の丸子歯科 「丸子歯科の感染対策」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの渡邊です。

今回は丸子歯科で行っている感染対策の1つを取り上げたいと思います。

うがいや手洗いは接触感染を防ぐために行われていますが

飛沫感染もコロナにかかる原因になります。

歯の治療において飛沫が起こってしまいますが、対策を強化するためにも

口腔外バキュームを使用しています。

お口の中の水を吸引する機械とは別に、空気中に飛び散った水を吸引することが

できる口腔外バキュームを導入しています。

その他にも、対策としては当院ではフェイスシールドを着用しており

みなさんが安心して来院できるようこれからも感染対策に努めていきたいと思います。

豊田市の丸子歯科 「虫歯ゼロを目指して」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの鈴木です。

我が家の2歳になる孫は、歯磨きが大嫌いです。

ママが歯ブラシを持ってくると逃亡します。

似たような話を丸子歯科に来院されるお母さん達からもよく聞きます。

虫歯にならない様にしっかりと歯磨きをしなくちゃ!

と思う気持ちはよくわかります。

でもその歯磨きの時間は、お母さんもお子さんも苦痛な時間になっていませんか?

幼児期の歯磨きは習慣づけるのが大事です。

お子さんが嫌がるからと、急いで硬い歯ブラシでゴシゴシ怖い顔で磨いていませんか?

楽しく歯磨きをするために、おしゃべりしながらや歌に合わせて

やわらかい歯ブラシで力を抜いてやってみるなどありますが、

普段から家庭用フッ素を取り入れたり、おやつをダラダラ食べないなど

家庭でできる虫歯予防をやってみませんか?

「虫歯ゼロをめざして」様々な情報提供を行っています。

豊田市の丸子歯科 「食欲の秋」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの広森です。

だんだんと肌寒くなり、秋がやってきました。

秋と言えば、ご飯がおいしい季節ですね。体重が増えてしまうのも気になりますが

食事をした後のお口の中は虫歯になりやすい環境になってしまいます。

なので、おいしい食べ物を食べた後はしっかりと歯を磨きましょう。

また、ダラダラ食べはお口の中の環境がずっと悪い状況になってしまうので

食べる時間を決めてその時間でしっかり食べるようにしましょう。

特に甘い砂糖が入っている物は口の中が酸性に傾いてしまい、

その酸が歯を溶かして虫歯になってしまいます。

秋が終わると冬になりますが、体調に気を付けてお過ごしください。

豊田市丸子歯科 「ホワイトニング体験談」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの藤村です。

みなさんご自身の歯の色が気になっていませんか?

私は元々少し黄色っぽく気になっていました。

ここ数年でホワイトニングをしている人が多くなったことで、

私もホワイトニングをしたいと思い、ホームホワイトニングをしました。

約3ヶ月毎日寝る時にトレーを装着し、これ以上は白くならないと言われるまで頑張りました。

でも私の歯質では、芸能人のように白くはなりませんでした。ですが満足いく白さになりました。

途中冷たい物や温かい物がしみたり、咬み合わせると少しギシギシするような

嫌な感じの症状が出ましたが、あまり気になる時は1日2日やめたりしながら続けました。

面倒くさがりの私でも、白くしたい一心から毎日の装着・トレーの洗浄をやってこれました。

白くなった後も放置すると少しずつ元の色に戻ってしまうので

月に2,3回行って白さをキープしています。

ただ、今はコロナウイルス流行でマスク生活なので見せる機会がないのが残念ですが・・・。

ホワイトニングに興味がある方は、当院にご相談ください。

豊田市の丸子歯科「丸子歯科の感染対策」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの渡邉です。

今回は丸子歯科で行っている感染対策を1つ取り上げたいと思います。

うがいや手洗いは接触感染を防ぐために行なわれていますが、

飛沫感染もコロナにかかわる原因になります。

歯の治療において飛沫がおこってしまいますが、

対策を強化するためにも口腔外バキュームを使用しています。

お口の中の水を吸引する機械とは別に、

空気中に飛び散った水を吸引することができる口腔外バキュームを導入しています。

その他にも対策としては、当院ではフェイスシールドを着用しており

皆さんが安心して来院ができるようにこれからも感染対策に努めていきたいと思います。

豊田市の丸子歯科 「コロナウイルス対策」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの吉田です。

丸子歯科ではコロナウイルス対策を行っています。受付にて検温・手先の消毒や体調確認の問診票の記入のお願い、パーテーションの設置。

診療室にて殺菌水にてうがいのお願い、治療後には徹底した消毒、また、換気を行っています。

密を避けるために待合室が込み合う時間帯には、お車での待機をご案内させていただいておりますのでご協力をお願い致します。

少しづつ感染者の人数も減ってきていますが、まだまだ油断はできないと思います。

私自身も手洗い・うがいや消毒などを徹底して行い、マスク着用を常にしていきたいと思います。

丸子歯科に受診される際は、必ずマスクの着用や消毒などのご協力をお願い致します。

 

豊田市の丸子歯科 「歯科技工士」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの大島です。

先日新聞で、歯科技工士の記事が掲載されていました。

患者さんが歯科に来院されて接するのは、歯科医師・衛生士・助手などです。

記事を読み、歯科技工士は患者さんと接することが少ないので

紹介させて頂こうと思いました。

歯科技工士がしている仕事は、取った歯の型を基に入れ歯やかぶせ物、

インプラント(人工歯根)などの製作をしています。

歯に被せる小さなものなので、コンマ何㎜の違いで歯にはまらなかったり

咬み合わせが合わなかったりします。

細かな作業に集中してやる大変な仕事です。

丸子歯科では外部の技工所に依頼させていただくため

型をお取りしてから2週間程日にちがかかりますので

御理解のほどよろしくお願い致します。

豊田市の丸子歯科 「アルコール消毒」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの藤田です。

私たちの身体のパーツで、他の人や物

もしくは自身と触れ合っていることがダントツで多いのが

「手」と言われています。

新型コロナウイルスの対策としてアルコールが使われていますが

濃度としては70%以上95%以下のエタノールが効果的と言われており

今ではお店などどこかへ立ち寄るとアルコール消毒が当たり前になっています。

当院でも受付にて、マスク着用とアルコール消毒をお願いしており

診療室では換気と消毒を徹底して行っております。

患者さんが安心して丸子歯科に来て頂けるよう

これからも新型コロナウイルス対策を行っていきたいと思います。

豊田市の丸子歯科 「うがい手洗い」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの横山です。

今回は新型コロナウイルス対策で重要視されている

「手洗いうがい」についてお話します。

マスクをするのはもちろんですが、それよりも気をつけたいのが

接触感染を防ぐためのうがいと手洗いです。

これはコロナウイルスに限った話ではなく、インフルエンザや風邪など

感染予防に非常に有効な行動です。

飛沫感染よりも接触感染の方が日常的に可能性が高いため

こまめにうがい手洗いをしましょう。

手洗いでは、石鹸を使って20秒以上洗うのが大切だそうです。

その後に手指のアルコール消毒を行うとより効果的なので

是非実践してみてください。

うがいに関しては、水道水だけのうがいよりも

殺菌効果のあるイソジンやリステリン、次亜塩素酸などが有効と

報道がされています。

少なくとも歯周病菌を減らす効果とコロナウイルス拡散防止の効果は

明らかなので、消毒効果のあるうがい薬を併用されることをおすすめします。

今後うがい薬の効果、歯磨きの効果などが報告されると思いますので

注目して下さい。

豊田市の丸子歯科 「仕上げ磨き」

こんにちは。豊田市の丸子歯科スタッフの横井です。

私には3歳になる娘がいます。

歯科衛生士という職業柄、娘には絶対に虫歯はつくらないぞ!という

気持ちが強く、いつも一生懸命歯磨きをしていました。

そんな気持ちは娘には届かず、だんだん歯磨きを嫌がるようになってしまいました。

歯磨きを上手にできたご褒美にキシリトールのタブレットをあげてみたり、

歌を歌ったり、とにかく娘が歯磨きに興味を持ってもらえるように!と

チャレンジしましたが上手くいきませんでした。

そんな時、仕事でも母親としてもベテランの先輩から

「自分の歯磨きを100%するのが難しいように、子供に100%歯磨きするのはもっと難しい」

というお話を聞いて、ハッと気づかされました。

「虫歯にしたくない」という気持ちが強くて、娘にとっては楽しくない雰囲気だったのかもしれません。

それからは肩の力を抜いて、笑顔で歯磨きをするように心掛けています。

最近は以前よりも嫌がることも減り、『おかあさんといっしょ』の仕上げ磨きの歌を歌いながら

歯ブラシを持ってくるようになりました。

丸子歯科には子育てのベテランの方がたくさん在籍していますので

お子さんの歯磨きに悩んでいる方がいたら是非相談してください。

豊田市の丸子歯科「免疫力を高めよう!」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの山田です。

緊急事態宣言が解除され、新型コロナウイルスも落ちついてきましたが、まだまだ油断は禁物です。

新型コロナウイルスに感染しないために、3つの密を避ける他に、私たちがきをつけるポイントは3つあります。

①手洗い・うがい   ②健康管理(免疫力を高める)  ③換気と適度な湿度保つ  です。

手洗い・うがいはほとんどの方が意識して気を付けている事だと思いますが、その中でもとくに大切なのは健康管理です。

偏った食事や睡眠不足は、身体の免疫力を下げてしまいます。

バランスのとれた食事と十分な睡眠など規則正しい生活リズムを心がけましょう。

当院では免疫力チェックを行っておりますので、お気軽に声をかけてください。

豊田市の丸子歯科 「丸子歯科のコロナ対策」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの鈴木です。

丸子歯科では、感染予防対策として次のことを実践しています。

1、治療前の検温

2.入口・窓を開けて換気

3、加湿器の使用(6台)

4、待合室の人口密度をできるだけ減らす

5、受付や各チェアーごとに仕切りを設ける

6、治療前に消毒液でうがいをして頂く

7、口腔外バキュームを使用

8、アルコールにてチェアー等の消毒

9、スタッフは医療用マスク・防護面を使用

10、使用した器具は高圧滅菌

11、大型空気清浄機の使用

まだ油断はできませんが、今後安心して暮らせる日が早く戻ることを願いつつ

皆さんの健康サポーターとして丸子歯科は日々改善をしていきたいと考えています。

豊田市の丸子歯科 「鼻呼吸でお口も体も健康に」

こんにちは、豊田市丸子歯科スタッフの松村です。

毎年6月4日から10日までの一週間は「歯と口の健康習慣」です。

みなさんはお口の健康について困っていることはありませんか?

今日の新型コロナウイルスの流行により、1日中マスクをして過ごしている方も

多いのではないでしょうか。

そこで心配なのは、口呼吸です。

マスクをすることで息苦しくなり口呼吸をしてしまうと、お口の中が乾燥し

口腔内細菌数の増加・唾液の自浄作用の低下がおこり

虫歯や歯周病への影響が大きくなってしまいます。

また、鼻呼吸では鼻毛がフィルターとなって

ほこりやウイルスをキャッチしてくれますが、口呼吸ではそれがありません。

全身の健康のためにも、鼻で呼吸することを意識していきましょう。

とはいえ、外出の際にはマスクをして感染拡大の予防に努めたいものです。

ただし小さいお子さんの場合には、マスクの装着による呼吸困難や熱中症の可能性も

報告されていますので、マスクの使用は必要最低限をおすすめします。

豊田市の丸子歯科 「子どもの口臭」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの片山です。

私にはもうすぐ1歳になる孫がいます。

先日娘から、孫の口臭が気になると言われました。

子どもの口臭にはいくつか原因がありますが、

生理的なもの、口呼吸によるもの、虫歯やそれ以外の原因があります。

まずはお子さんの様子をよく観察して

どういった時に感じるかを調べます。

朝起きた時は、お口の中の細菌が一番多いです。

しっかりと歯磨きをしてあげましょう。

5歳以上になっても口呼吸をしているようですと

鼻炎やアデノイドの可能性もあります。

耳鼻科の受診をおすすめします。

お子さんの症状をしっかり把握することが大切です。

私も、娘にしっかりリサーチしてアドバイスしました。

気になる方はご相談ください。

豊田市の丸子歯科 「口腔機能を高めるおすすめ食育レシピ」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの都築です。

みなさん、よく咬んで食べると良いと聞いたことはありますよね。

よく咬むことによって沢山唾液がでたり、しっかりお口を閉じてご飯を食べることで

お口の周りの筋肉を鍛えることが出来ます。

日々の料理の中で少し工夫をするだけで、咬み応えをアップすることができます。

そこでおすすめなのが、切り干し大根入りのハンバーグです。

豚ひき肉を使うことで、豚肉に含まれる亜鉛も取り入れることができ、

豆腐も入れることで植物性タンパク質も取り入れることができます。

タンパク質と亜鉛は、免疫力アップにもおすすめなので

ぜひ試してみて下さい。

丸子歯科でもプレオルソという、歯を抜かずに矯正できる装置があります。

適応症があるので歯並びが気になる方は気軽にご相談ください。

豊田市の丸子歯科 「フェイスシールドとマスクを頂きました!」

こんにちは豊田市の丸子歯科です。

トヨタ自動車様からフェイスシールドを

やまのぶ様からマスクを

ご寄付頂きました。

ありがとうございました。

大切に使わせて頂きます。

豊田市の丸子歯科 「あなたの免疫力、大丈夫!?」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの上野田です。

愛知県にもついに緊急事態宣言が出ましたね。

みなさんは、お家でどのように過ごされていますか?

丸子歯科はお口の健康サポーターだけではなく、人生のサポーターになれることを目指しています。

この機会に免疫力のチェックをしてみませんか?

生活習慣や食生活はあなたの健康に大きく影響があります。

少しでも気になった方は、一度スタッフに声をかけてみてください。

ストレスも免疫力を下げる要因の一つです。

大変な日が続きますが、お家で出来るストレス発散方法を見つけてみませんか?

  

豊田市の丸子歯科 「塗装工事終了!リニューアルした丸子歯科」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの福田です。

令和2年3月15日に長かった塗装工事が終わりました。

壁は白く輝き、エレベーターの扉は青くカッコよくなりました。

そして塗装の際にかかっていた黒い幕も取れたことによって

医院内にも光が戻ってきました。

業者の方も朝8時前から塗装工事を始め、雨の日でもすごく頑張って頂きました。

本当にありがとうございました。

患者さんには、塗装の臭いが気になった方もみえたと思います。

大変ご迷惑おかけしました。

外見の変化と共に、内部の変化も一部あります。

最近のコロナウイルス対策として、空間除菌を目的として

次亜塩素対応の加湿器が4台追加されました。

今までの大型空気清浄機3台と共に可動しており、空気管理も充実しました。

 

豊田市の丸子歯科 「そうだ!インプラントにしよう!!」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの杉浦です。

私は左上の小臼歯の1本が、平成30年12月29日に破折してしまいました。

それから治療をしましたが、違和感がずっと続いたので抜く決断をし

令和1年11月に丸子歯科で患者として抜歯をしました。

パンフレットにも書いてあるように、できるだけ痛くない治療方針で

個人差もあると思いますが、私には全く麻酔が痛くありませんでした。

初めての抜歯で、腫れたり痛みが続くのか心配でしたが

特に腫れることもなく痛みも出ませんでした。

これから抜いた場所をどうするか考えて、インプラントをしようと思いました。

次の来院時CTを撮る予定です。

皆さんも歯に違和感があったり、抜いた場所が気になる方は

治療方針の相談に来てください。

豊田市の丸子歯科 「感染症予防」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松尾です。

新型コロナウイルスの流行によって、とても心配な状態が続いています。

マスクが手に入らなかったり、学校がお休みになったりと

色々なところに影響が出てきています。

感染症を予防するには、手洗いうがいやマスクの装着も大切ですが

口の中を清潔に保つことも大切です。

手洗いうがいに加えて、歯磨きもしっかり行って

少しでも感染症のリスクを減らしましょう。

丸子歯科の受付にはアルコール消毒も設置してありますので

来院された際にはお気軽にお使い下さい。

さらに、加湿器はウイルス対応型次亜塩素酸混入タイプを使っていますので

空間除菌を心掛けています。

入口、受付、診療室に設置してあります。

 

豊田市の丸子歯科 「妊娠中の口腔管理」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの鈴木です。

我が家のお嫁さんは4月に2人目を出産予定です。

自分の体調管理も大変な時に、家の事をしたり

まだまだ手のかかる1人目の面倒をみたりと大変そうです。

妊娠中はつわりで歯磨きがおろそかになったり

女性ホルモンの変化により、歯肉に炎症が起きやすくなったりと

口腔管理に十分気をつけなければなりません。

つわりがひどくて歯磨きが出来ない時は

食後に水でうがいをすることや

安定期に入ったら体調の良い時に気分転換がてら

歯科でしっかりクリーニングをして歯周病菌や虫歯菌を

減らしておくことをおすすめします。

赤ちゃんが生まれてからは、なかなか出かけるのも大変になります。

出産前に歯科医院に足を運んでみてはいかがでしょうか。

豊田市の丸子歯科 「親知らず抜歯体験記 日帰り編」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの吉田です。

先日、親知らずを豊田厚生病院の口腔外科で抜いてきました。

抜こうと決意したのは、1ヶ月に2~3回ほど押されるような痛みが続いたからです。

抜歯するまでの流れを紹介します。

①まず丸子歯科にて紹介状を出しますので、口腔外科に診察に行く日程を

ネット予約します。予約は混み合っているため、約1ヶ月後でした。

②予約日には、必ず紹介状と保険証、診察券(ある方のみ)を持って

予約時間の30分前に4番受付に行きます。

③次に診察してもらい、抜歯する日を決めます。

抜歯する日は、月・水・金曜日の13:30~16:00と決まっています。

抜歯の予約は、診察日から約1ヶ月半~2ヶ月後でした。

④当日は再来受付へ行き、受付後にいよいよ抜歯をします。

抜歯にかかった時間は30~40分ほどで、術中の痛みも全くありませんでした。

帰りに処方せんで薬を出してもらい、麻酔が切れる前にまず1回分飲みました。

当日のご飯は痛くて咬めなかったので、野菜ジュースを飲みました。

⑤次の日には、顔の右側だけパンパンに腫れてしまい

口が開け辛くて傷口はじんじんと痛んだので、薬は毎食後必ず飲みました。

⑥抜歯から1週間後、抜糸に厚生病院にいき状態も良好だったの為、口腔外科での診察は終わりました。

⑦抜歯後1週間はじんじんと痛いことがあり、口が開け辛かったですが、その後は傷口が治るとともに痛みもなくなりました。

⑧しばらく7番目の歯がしみるのが続きましたが1ヶ月ほどでしみるのもおさまりました。

顔が結構腫れるので大事な用事がある時の抜歯はあまりおすすめ出来ないと感じました。

抜歯を迷われている方は一度丸子歯科で相談してみてください。

ご希望があれば紹介状をお出しします。

個人で行かれると外来加算が3000~5000円ほど余分にかかりますのでご注意ください。

厚生病院口腔外科の先生がた、お世話になりました。ありがとうございました。

 

  

豊田市の丸子歯科 「大掃除」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの横井です。

丸子歯科では、毎年最終診療日の午後から

年末恒例の大掃除を実施しています。

私は入社1年目なので、今回が初めての参加でした。

普段は手の届かない細かい所を掃除したり、

新しい物に取り替えたりと、診療室も待合室もピカピカになりました。

大掃除の後は院長主催のじゃんけん大会がありました。

私もきしめんとエゴマ油、お菓子を頂きました。

じゃんけんに負けたスタッフも参加賞を頂くことができて

みんなでワイワイしながら過ごせました。

今年もキレイな診療室で心機一転頑張ります。

豊田市の丸子歯科 「新年の目標」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの松井です。

新しい年になりましたが、みなさん新年の目標は立てましたか。

丸子歯科では毎年目標を立てて、スタッフみんなの前で発表をしています。

目標を発表することで、自分自身に良いプレッシャーを与えることができ

先輩からはアドバイスや協力を得ることができます。

また毎月1回、朝礼で目標の進行状況を報告します。

これで1月に立てた目標を、12月まで忘れることなく1年間

目標に向かって頑張ることができます。

令和2年も丸子歯科をよろしくお願い致します。

 

豊田市の丸子歯科 「忘年会」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの横山です。

令和1年12月11日に荒井寿司で忘年会がありました。

一人が一つずつプレゼントを用意してプレゼント交換をするという

楽しい企画もあります。

丸子歯科はとてもスタッフの人数が多いです。

普段ゆっくりと話せない人とも話せて、とても楽しい時間になりました。

忘年会には、いつもお世話になっている業者の方も参加します。

業者の方はもちろん、改めて丸子歯科はチームワークがとても大切で

成り立っていると思いました。

今回の忘年会を通して、より一層チームワークが高まりました。

豊田市の丸子歯科 「8020運動」

こんにちは。豊田市丸子歯科スタッフの加藤です。

秋口に入り、涼しくなってまいりました。

日本歯科医師会では8020運動というのがあり

「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。

残存歯数が約20本以上あれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

この運動が始まったきっかけは、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように、

との願いが込められています。

医療技術の進歩や人々の健康への関心の高まりなどがあって

先進国の平均寿命はどんどん長くなり、「人生100年時代」と言われるようになっています。

そのためには、歯を失う原因の虫歯と歯周病を予防できれば、

自分の歯を長く使い続けることができるのです。

虫歯や歯周病を防ぐには、プラークが作られにくい食生活を心掛けるとともに、

歯についたプラークをしっかり落とすことが必要です。

定期的に歯科医院に通う人と、通わない人の差は大きいので

定期健診で虫歯や歯周病の予防をしていくことをおすすめします。

1 2 3 4 »
PAGETOP