こんにちは。丸子歯科スタッフの永井です。

平成31年3月10日(日)名古屋で行われた小児口腔機能講演会に参加してきました。

今回勉強してきた内容は、「0歳児からの口腔機能育成」と

「小児の口腔機能発達その支援」についてです。

まず、講演の初めに発表の先生が伝えた内容が、口腔内を健康な状態にするには

0歳児からの取り組みが大切とお話ししていました。

受精から出生までの流れを勉強し、今の時代、超低出生体重児でも

医学が発達してきた事で、子どもが助かってる率が増えてきたそうです。

子どもが生まれた時からの虫歯予防も大切ですが、妊娠中の時からの

お母さんの生活習慣や食事なども大切です。

そして生まれてからのお母さん方が心配になる時期は、出産直後のまだ子育てに

慣れていない時期と、6~11ヶ月あたりの離乳食の時期だそうです。

丸子歯科でも、約1歳児くらいのお子さんの虫歯予防にも取り組んでいますので

検診の時などにお母さん方にアドバイスしていきたいと思います。