1、健康サポート型歯科医療

2、できるだけ 痛くない 削らない 抜かない 治療

3、分かりやすい説明(情報提供)と患者さんから喜ばれる医療

「分かりやすい説明」詳しくはこちら>>

当院ではトップページの基本理念にもありますように、みなさんの人生と歯のサポーターになれることを目指しています。
つまり「健康サポート型歯科医療」を実践しています。現在一般的に行われていることは、定期検診では新たな虫歯や歯周病を探し、早期発見、早期治療という考えのもとに、早めに悪い所の治療に入るという医療がほとんどだと思います。多くの医療機関で患者さんは

「悪い所があったら早めに治して下さい。」
「悪い所がなければ安心しました。もう通わなくてもいいですね。」

と言われます。そして「悪くなったらまた来て下さいね。」

と、ごく当たり前のように会話がされています。

そんな従来からの、悪くなった段階で治療介入する歯科治療に疑問を感じ、もし新たに病気が見つかったとしても、経過観察をしたり、ある程度治療を行った後にその原因を見つけアプローチすることで新たな疾患の発症を抑える対策を考える。
そして、治療を行うにしても必要最小限で、二次的疾患の発生を防ぐ事を考えて医療を行うことを私たちは目指しています。

そしてそのあとは、治療を終わった方が再び悪くなり、「患者さん」として来院する前に、メインテナンスでお会いし皆さんの健康なお口の維持安定のお手伝いをする。
それこそが当院が目指す「健康サポート型歯科医療」だと思っています。

これまで歯科の予防といえば、歯磨きと定期検診が大部分でした。
それでも虫歯や歯周病を防ぐ事は出来ず、なるべく早く対処することがこれまでの歯科医療のあり方だったのです。

しかし、丸子歯科では、病気を未然に防ぎ、健康な状態を維持することこそが真の歯科医療であり、みなさんにとっても喜ばしいことではないかと思っています。

もちろん、歯磨きや検診も大切ですが、お口の環境や生活習慣、歯の状態、食べ物の好みも一人ひとり異なりますので当然病気になるリスクも違ってきます。
そして現在そのリスクにはどんなものがあるか、かなりはっきりしてきました。

したがって「早期発見、早期治療」ではなく、その個別のリスクを確認し「早期発見、早期対策」そして「なるべく削らない治療」を実践し、定期クリーニング(PMTC)を中心としたプロのサポートを継続することにより虫歯や歯周病の発生をかなりコントロールすることが可能であると10年間実践してみた結果として確信しています。

この考えにご賛同いただいて、すでに毎月500名近くの方々が治療のためではなくお口の健康維持のために当院を訪れています。

そしてその多くの方々が虫歯や歯周病の進行から解放され、「削らない、抜かない、痛くない治療」そして笑顔での来院とアンチエイジングを実現しています。

子供を対象とした「むし歯ゼロクラブ」もその考えに基づいて実践し、全員ではありませんが永久歯は1本も虫歯が発生していない子供たちがたくさん通院してくれています。

将来はさらに多くの方々がお口の病気を持った「患者さん」としてではなく「健康サポート」のために来院していただき、私たちが将来にわたってその方々が快適な食生活を楽しめ、健康と笑顔に自信がもてる人生と歯のサポーターになることを目指しています。