HOME > 知って得する歯の知識 > 「シーラント」について

シーラントについて

シーラントについて

シーラントとは、歯の咬む面の溝に樹脂をつめて虫歯を予防するものです。
六才臼歯は特に溝が深いので効果的です。

5~6才になると下の前歯が抜け変わり、新い永久歯がはえてくるのに前後して
口の中の一番大きな永久歯がはえてきます。
この歯を六才臼歯といいます。
六才臼歯は、永久歯がはえ揃った大人になると咬むための中心的な存在となります。
歯の大きさも、物を咬む力も、最も強い歯ですから生涯を通して一番大切な歯となるのです。
この大切な六才臼歯を虫歯から守るために、丸子歯科では「シーラント」をおすすめしています。

六才臼歯は下記の理由で虫歯になりやすいです。
・乳歯と抜け変わらずに一番奥にいつの間にかはえてくるので
 気づかないことが多く歯磨きがおろそかになってしまう。
・はえたての歯は虫歯にかかりやすい性質がある。
・他の歯と比べて咬む面の溝が深く、食べかすがたまりやすい。
・一番奥なので、5~7才の子供にとって歯ブラシをあてることが難しい。

つめた後にはがれたりする場合もあるので、定期的なチェックも必要です。

六才臼歯は咬む面の溝が深く、
虫歯になりやすい性質があります。
写真の歯は中心の溝が黒く変色して
虫歯になっていることがわかります。


 


虫歯になる前に、中心の溝だけシーラントでうめます。
それによって汚れが溜まらなくなり虫歯になることを
予防できます。


 
Google+