Q1.虫歯で穴があいてないのに、歯がしみたり痛むときがあるのですが・・・?

A.次のような可能性があります。

  1. 歯にヒビがはいっている。(硬い物を咬んだりすると起こりやすい)
  2. 詰めてあるものやかぶせてあるもののすき間から細菌が入って歯を刺激している。(すき間が目に見えないくらい小さくても起こります。)
  3. 無意識での歯の咬みしめ癖がある。
  4. 歯周病が進行している。
  5. 歯ブラシによる歯のすりへりや、歯周病等で歯ぐきが下がり、歯の根の部分が露出して刺激を受けやすい状態になっている。(知覚過敏症)
  6. 鼻炎、風邪などによる炎症。(上顎洞炎)
  7. 風邪や体調不良による歯肉の炎症やヘルペス。
  8. 親知らずがはえ始めることによって、周りの歯肉や歯を圧迫し、炎症をおこしている。
  9. 成長発育期に永久歯がはえ始めることによる圧迫。
  10. 外傷による歯根破折、あるいは歯のヒビ。
  11. 夜の歯ぎしりやスポーツ時の、くいしばり等による歯のすり減り。
  12. 咬み合わせが一部の歯に集中し負担過重になっている。
  13. 歯と歯の間の歯ぐきに食片が入り込んでいる。
  14. 神経の中にできた石。(結石)
  15. その他 歯以外の原因(肩こり、筋肉痛、神経痛、片頭痛、心臓疾患など)

以上のようにいろいろなことが考えられますが、1つの要因だけでなく複数の要因が複雑に重なり合って症状がでていることもありまのすので、原因を特定できない場合もあります。

Q2.虫歯治療が終わっても、1年位するとすぐ次の虫歯が出来てしまいます。
何か防ぐ方法はありますか?

A.あります。

私(丸子健二)も小中学生のころ、毎年検診で虫歯を指摘されていました。
しかし、大学に入って予防方法がわかってからは、ピタリと止まりました。

予防歯科のページを見て、是非少しずつ取り組んでください。