唾液について

データを入力して下さい

唾液が減る要因
・加齢
・ストレス
・喫煙
・食習慣
・サプリメントの過剰摂取
・全身疾患の症状
・薬物の副作用 などがあげられます。

ひどくなると「ドライマウス」になってしまいます。
正式名称は口腔乾燥症といいます。
口の中や喉の渇きを主訴とします。

症状として、
・声帯が乾いて、傷つき声が枯れる
・口腔内の粘着性の不快感
・舌の痛み
・飲み込み障害 などがみられます。

データを入力して下さい

唾液にも種類がある?

唾液腺には、三大唾液腺と呼ばれる部分があり、
耳下腺、顎下腺、舌下腺と分けられます。

唾液には「サラサラとした唾液」と、
「ネバネバとした唾液」の2種類があります。

この、「サラサラ唾液」と「ネバネバ唾液」には
それぞれ違った働きや成分をもっています。

「サラサラ唾液」のことを漿液性(しょうえきせい)唾液と言います。
この「サラサラ唾液」は三大唾液腺の中でも一番大きい
耳下腺から分泌されます。

食事の時に多く分泌され、口腔内を洗浄し、
酸性に傾いた口腔内を中性に保つ働きや
食べ物を湿らせることで飲みやすくする働きがあります。
消化酵素も多く含まれているので、消化の働きも助けます。

この「サラサラ唾液」は主にリラックスしている時に働く
副交感神経のコントロールで分泌されます。
そのため緊張時や、イライラしたり怒っていたり、
心配事やストレスを感じている時には分泌されにくく、
リラックスしている時や楽しい・嬉しい・笑顔の時に
分泌されやすいという特徴があります。


「ネバネバ唾液」のことを粘着性唾液と言います。
この「ネバネバ唾液」は主に舌下腺から分泌されます。
ネバネバということから連想される通り、納豆やモロヘイヤ、オクラなどにも含まれる
ムチンというネバネバ成分が含まれています。

ムチンにより粘膜の保湿を行ったり、細菌を絡め取り
体内の侵入を防いだり、口の中の粘膜が傷つくのを防いだりします。
この「ネバネバ唾液」は主に、緊張した時に働く交感神経によってコントロールされています。
そのためサラサラ唾液とは逆に、緊張している時やイライラしている時、
怒っている時などに分泌されやすいという特徴があります。

この「ネバネバ唾液」の出ている時は意外と口臭があることがありますので
水分の多いサラサラ唾液が出るように水を飲んでリラックスしましょう。
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • 予防歯科・PMTC
  • 歯周病
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 口臭外来
  • 治療費

住所
〒471-0071 愛知県豊田市東梅坪町8-7-6(やまのぶさん南200m)
最寄駅
名鉄豊田線「梅坪駅」より徒歩5分
診療時間
午前9:00~12:00
午後2:30~6:00
※土曜は午後5:00まで。
※祝日のある週の木曜は診療。
休診日
(木曜)、日曜、祝日

0565-32-3718

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
Google+