HOME > 口臭外来 > 口臭検査

口臭検査

測定グラフの見方

硫化水素(H2S)が高めの場合

硫化水素(H2S)が高めの場合のイメージ

舌の表面が汚れていたり、食べ物の残りカスが溜まっていると硫化水素が発生しやすくなります。

対策
  1. 舌のクリーニング
  2. 口の乾燥を予防する
  3. 禁煙
  4. ブレスケア対策グッズ

メチルメルカプタン(CH3SH)が高めの場合

メチルメルカプタンは口の中の細菌から発生し、口臭の原因になります。プラークや歯石がたまったり、歯周病菌が増加したり、歯周病が進行ぎみになるとメチルメルカプタンが発生します。
特に歯周病があると、硫化水素と比較してこのメチルメルカプタンの値が大きく出ます。また舌の汚れから発生することもあります。

対策
  1. 歯周病の治療
  2. ブレスケア対策グッズ

ジメチルサルファイド(CH32S)が高めの場合

ジメチルサルファイドは口臭の原因の1つですが、硫化水素やメチルメルカプタンとは異なり、消化器系や肝臓など、口の中以外の所が原因で発生することが多いです。原因として、常用する内服薬、ニンニク等の食品摂取、便秘、肺や肝臓疾患などが考えられます。

対策
  1. ニラ、ニンニク、ねぎ等は、一時的な口臭の原因になるので注意するとよいでしょう。
  2. 内服薬が影響していることが考えられる場合には、種類を変えてみるとよいかもしれません。ジメチルサルファイドが極端に多く出た場合は、一度内科医に相談してみるのもよいでしょう。

測定結果がすべて(-)だったが、口臭が気になる場合

測定結果が(-)の範囲なので、少なくとも口臭測定時では、「他人が不快に感じるほどの口臭は無い」と言えます。しかし測定結果が(-)でも、自分では口臭を感じることがあります。また、だれにでも普通の生活をしていればわずかな口臭が存在します。特に、起床時、緊張時、空腹時にはやや強くなり、生理的に口臭が最も強くなるのは朝起きた時です。

対策
  1. 歯磨きを行うタイミングを「寝る直前」と「起床直後」にすると効果があります。就寝時に口の中の細菌が活発になるのでこのタイミングでの歯磨きが口臭対策になります。
  2. 起床時や緊張時は、唾液が少なく口の中が乾燥し口臭が発生しやすい状態になります。この時に「水を飲む」と口が潤い唾液も分泌されるため口臭対策になります。また、シュガーレスガムをかむと唾液が分泌され口臭予防になります。
  3. 2~3回測定して結果がいつも(-)になるが、やはり気になる方は、愛知学院大学歯学部附属病院の「口臭外来科」を紹介させていただくこともあります。
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • 予防歯科・PMTC
  • 歯周病
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 口臭外来
  • 治療費

住所
〒471-0071 愛知県豊田市東梅坪町8-7-6(やまのぶさん南200m)
最寄駅
名鉄豊田線「梅坪駅」より徒歩5分
診療時間
午前9:00~12:00
午後2:30~6:00
※土曜は午後5:00まで。
※祝日のある週の木曜は診療。
休診日
(木曜)、日曜、祝日

0565-32-3718

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
Google+