HOME > 小児歯科 > 指しゃぶりに悩まれているお母さんへ

指しゃぶりに悩まれているお母さんへ

指しゃぶりについて

お子さんの指しゃぶりを早くやめさせた方が良いのか、
このまま自然にやめてくれるのを待つ方が良いのかなど、
いろいろ戸惑われているお母さん方が多いと思います。
指しゃぶりと言っても、単に口の中に指を入れて舐めたり、
しゃぶったりするだけの場合や、指や爪を咬んだり
音がするほど強く吸うなどいろいろなしゃぶり方が見られます。

乳児期(0~3才)の指しゃぶりはおよそ70~90%とかなり高く、ほとんどの乳児に多く見られ
幼児期(3才6ケ月頃~5才)になるとおよそ20%~45%と半分程に減少してきます。
指しゃぶりをしているお子さんの中でも、6才になると80%の子供が
指しゃぶりをやめると言われていますが、それに反して爪咬みや舌で前歯を押す、
上下の前歯のすき間に舌を入れるなどの舌癖が増加してくる事もあります。

また指しゃぶりの影響として咬み合わせや歯並びが悪くなる事があるので、
永久歯が出はじめる5才位から、下の表の内容を目安に必要があれば指導をしていきます。


  経過観察で良い症例 指導を必要とする症例
年齢  4歳まで
 3、4歳になると自然にやめる
 可能性がある
 5歳以上
 自然にやめる可能性は少ない
しゃぶる頻度 ・年齢が上がるにつれ
 減ってきている
・寝入りばな、就寝中、
 退屈な時くらいで
 次第に頻度が減ってきている
・減ってきている様子が見られない
・昼間もよくしゃぶる
指だこ  ない
 あっても軽度
 ないこともあるが、
 はっきりわかることが多い
歯科的影響  歯並びに影響なし
 あっても部分的で軽度な物
 歯並びや咬み合せ
 発音・舌癖・口元に影響が出ている

指しゃぶりは4歳までは、自然と卒業することが多いので
無理にやめさせる必要はありません。
目安としては、5歳くらいになっても指しゃぶりが卒業していなかったら
アプローチを開始しますが、歯並びによっては
開始時期が異なる場合もありますのでご相談下さい。

指しゃぶりをしていた時とやめた後の歯の様子

初診時の様子 2ヶ月後 1年後
初めて来院したときは、口を閉じると前歯にすき間が出来ていましたが、
2ヶ月後はほぼ指しゃぶりがなくなり、前歯がかなり閉じてきました。
1年経つと指しゃぶりは全くなくなり、前歯も閉じました。

  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • 予防歯科・PMTC
  • 歯周病
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 口臭外来
  • 治療費

住所
〒471-0071 愛知県豊田市東梅坪町8-7-6(やまのぶさん南200m)
最寄駅
名鉄豊田線「梅坪駅」より徒歩5分
診療時間
午前9:00~12:00
午後2:30~6:00
※土曜は午後5:00まで。
※祝日のある週の木曜は診療。
休診日
(木曜)、日曜、祝日

0565-32-3718

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
Google+