仕上げ磨き用ハブラシ

仕上げ磨き用歯ブラシについて

お母さん方からの質問で、
「子供が仕上げ磨きが嫌いで、なかなか出来なくて困ってます」
「仕上げ磨きの仕方を教えてほしい」
「どうしたら子供が歯磨きを好きになるの?」
という声をよくお聞きします。


子供のためと思って、歯磨きをするのを嫌がっても
必死で押さえつけて一生懸命磨いてしまうことありますよね。
お子さんが仕上げ磨きを嫌がる原因は
いろいろ考えられますが,
ハブラシの種類も重要なポイントのひとつです。


1.ハブラシの硬さを確認しましょう 
  ハブラシの硬さは主に、「やわらかめ、ふつう、かため」の3種類があります。
  仕上げ磨きで使うハブラシは「やわらかめ」のものをおすすめしています。
  理由としては、お母さんが「きれいに磨かなくては」という気持ちが強いと、
  つい手にも力が入ってしまって、ゴシゴシ強く磨いてしまうことがあるからです。
  ハブラシが硬いと歯茎に当たった時に痛いので、
  子供は「歯磨き=痛い・嫌い」になってしまいます。

2.仕上げ磨きをするハブラシと子供に持たせる
  ハブラシは種類を変えてみましょう
  ハブラシは種類を変えてみましょう。
  子供用のハブラシは、好きなキャラクターの
  ついている物だと喜んで歯磨きが出来ることもあります。
  子供にどのハブラシがいいか、選んでもらうのも
  良いでしょう。
  仕上げ磨きはやわらかめ、お子さんが磨くのは
  自分で選んだ歯ブラシと、分けると良いですね。

 



上記は、毎年行われている母親教室の時に、
お母さんに記入していただいたアンケートの1つです。
仕上げ磨きをしていれば、絶対にむし歯にならないと言うわけではありません。
まずは、子供たちに歯磨きが楽しい習慣になるようやってみましょう。
仕上げ磨きができない日がたまにあってもいいのです。
夜に仕上げ磨きができないなら、朝、昼のどちらかでもいいのです。
子供が喜ぶ方法を第1に考えて楽しく歯磨きをしましょう。



まとめ
 1.仕上げ磨き用の歯ブラシの硬さをチェックしましょう。
 2.嫌がる時は、頑張りすぎない。週に1、2回できない日があってもいいのです。
 3.お母さんの心がけとして、歯磨きタイムを楽しむ気持ちで取り組みましょう。

※ 歯磨きができない日が時々あっても、
  フッ素や甘い物のコントロールで虫歯予防は十分可能です。
  100点満点の歯磨きではなく、時には60点の歯磨きでも
  子供が喜ぶならOKです。
  最も大切なことは、子供が歯磨きを気持ちいいと思い
  また、それを習慣にしていくことです。
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 小児矯正歯科
  • 予防歯科・PMTC
  • 歯周病
  • 小児歯科
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 口臭外来
  • 治療費

住所
〒471-0071 愛知県豊田市東梅坪町8-7-6(やまのぶさん南200m)
最寄駅
名鉄豊田線「梅坪駅」より徒歩5分
診療時間
午前9:00~12:00
午後2:30~6:00
※土曜は午後5:00まで。
※祝日のある週の木曜は診療。
休診日
(木曜)、日曜、祝日

0565-32-3718

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
Google+