HOME > 知って得する歯の知識 > 「キシリトール製品どれがいいの?」

キシリトール製品どれがいいの?

キシリトール製品どれがいいの?

「虫歯予防にキシリトール」とよく言われていますが、
キシリトールの効果について知っていますか?

キシリトールの効果
キシリトールはお砂糖と同じくらいの甘さがあるのに、虫歯の原因となる酸を作りません。
さらに虫歯菌を減らして歯を丈夫にする効果があります。

キシリトール入りのガムはたくさん出ていて、
どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね・・・。
そこで、おすすめのキシリトール製品をご紹介します。

ガム部門のおすすめ
    キシリトール
含有量
 
1位 (ロッテ) キシリトール
※ネット通販で入手可
100%
       
  (市販)  キシリトール 52~59%  
       
2位 (グリコ)ポスカ 50~59%
  ※リン酸化オリゴ糖カルシウム配合    
       
3位 (キャドバリー)リカルデント 32~50%
  ※CPP-ACP配合    
       
その他の
ガム
キシリッシュ 46~54%  
  アクオ 約31%  
  クロレッツ 約32%  

ポスカとリカルデントには、キシリトールと再石灰化をより高める成分も入っています。
ランキングの3つは厚生労働省の特定保健用食品として登録されています。
<ポイント>
甘味料に砂糖が入っているものには効果がありません。

ガムが食べられない子には・・・

タブレット部門のおすすめ

    キシリトール含有量  
1位 (ロッテ)キシリトール 約80%
 
2位 (ピジョン)タブレットU 約75%
 
3位 (ビーンスターク)ハキラ 約10%
※キシリトールの含有量のみをランキングにしています。


キシリトール配合のお菓子は、他にもグミやキャンディ、チョコなどもあります。
おやつの1つとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

キシリトールの取り入れ方

1日約5g摂取するのがオススメです。
市販のキシリトールガムは1粒約0.5gなので、
目安は5~10個です。
3ヶ月ほど続けることで虫歯になりにくくなります。

歯によくないとわかっていても、甘いものがやめられない!
そんな時にはキシリトールの出番です。
おいしく食べて、ついでに虫歯予防もしちゃいましょう!

※この数字は平成25年6月のもので、今後変わることがあるかもしれません。
Google+