こんにちは。丸子歯科スタッフの清水晴可です。

今回は「アンチエイジング」についてです。
アンチエイジングに大切なポイントがフィジカルトライアングルです。
食事、運動、睡眠によってアンチエイジングできるかどうかが決まります。
この3つがフィジカルダイヤモンドという体の中の悪者と味方に影響します。
フィジカルダイヤモンドは、1番下にある”フリーラジカル”(活性酸素)だけ悪さをします。フリーラジカルは、がん細胞をつくったり、シミやしわ、加齢臭、ワキガの原因になります。
1番上にあるミトコンドリアがフリーラジカルを弱めてくれます。
ミトコンドリアとは、エネルギーを作る工場で、元気の元をつくる所です。
特に筋肉に多くいます。
ミトコンドリアが減ると、疲れやすい、口や肌、目が乾く、低体温、貧血が起こります。
ミトコンドリアが増えると、アンチエイジング(保湿、育毛、アトピーに効果!)
体温が上がる、太りにくい、内臓脂肪が減ります。

<ミトコンドリアの増やし方>

①ウォーキング(運動)
→7千~1万歩が理想ですが、少しでもいいので続けてみましょう
②食事→ネギ類を食べる、食事は腹八分目
③睡眠→真っ暗な部屋で午後10時から午前2時はぐっすり眠る

フィジカルダイヤモンドのうちの3要素に、アンチエイジングホルモンというものがあります。
メラトニン、DHEA、成長ホルモン、この3つですが、年齢と共に減っていきます。

メラトニンの良い事
①睡眠の質をUP
②免疫力UP
③フリーラジカルがDOWN
夜何度も起きてしまったり、朝早くから目が覚めたり、眠れなかったりしませんか?

それはメラトニンが減っているからかも!
メラトニンのピークは20才です。
メラトニンを出すのにも条件があります。

1.朝7時までに起きること
2.午後10時~午後2時にぐっすり眠ること
3.真っ暗にして寝ること(豆電球、TVはダメ)

子供の不登校や大人の疲労感(うつ)も10時~2時に寝ていない夜更かしが原因と言われています。

DEHAの良い事
①免疫力UP
②50種類のホルモンの原料になる
③長寿
DEHAを増やすには、とにかく腹八分目!

成長ホルモンの良い事
①筋肉をつくる(体温、代謝UP)
②内臓脂肪分解(フリーラジカルDown)
③骨、皮膚をつくる
睡眠中に多く出るので、早く寝ること(10~2時)
あとは運動すること、寝る前4時間は食事しないこと。
難しいので夜は少なめにすると良いです。

さあ、みんなでアンチエイジンgood!!

フィジカルトライアングル