豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
ブログ
  • HOME »
  • 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

丸子歯科院長

矯正に関する疑問にお答えする矯正専門サイトです。

↑詳しくはこちらをクリックしてください。

皆さんからの疑問にお答えしていく、丸子歯科の矯正相談専門サイトが出来ました。
より詳しく矯正について知りたい方は、院長の顔写真をクリックしてください。

笑顔に自信ありますか?

歯並び治療は子どもはもちろん、大人でも治療できます。歯並びがいいと笑顔に自信が持て、日々の生活がより楽しく充実したものになります。

また見た目の美しさだけでなく、歯磨きをする際の磨き残しも少なくなり、結果としてちゃんとご自身でメンテナンスができれば大切なご自身の歯を生涯残す事ができます。

80歳で20本歯が残ってる方のほとんどが歯並びがきれいな方です。大人になってから矯正治療を受けられる方も増えています。丸子歯科では患者さんがそのような生活を送れるようにお手伝いさせていただきます。

きれいな歯並び

矯正治療とは>>

矯正治療の流れ>>

矯正装置の種類>>

体験者の声>>

矯正中の痛み>>

矯正治療の費用>>

矯正治療とは

矯正歯科が向いている方

こんな方にオススメ

受け口、出っ歯を治したい
歯並びが気になって人前で思いっきり笑えない
歯並びをキレイにしたい
人前に立つ仕事をしている
咬み合せを治したい

長所

見た目の印象が変わる
笑顔が増える
気持ち良く喋られるようになる
よく噛んで食べられるようになる
歯周病などの予防ができる
脳の働きを活発にできる

短所

【本人の負担】

装置を入れると痛いことがある
装置の自己管理が必要
歯磨きをしっかりしなくてはいけない
装置によっては見た目が気になる
長期間かかる
歯を抜く場合がある
装置に食物がひっかかったりするので気になる
口内炎ができる事がある
ボールなどがぶつかると傷ができる場合がある

【親の負担】

経済的負担
送り迎え
家で装置をきちんと使っているか、時々確認する
歯磨きをきちんとしているか、確認する
長期間かかる

当院の矯正治療の特長

当院は、

「できるだけ、抜歯はしない(約80%が非抜歯矯正)」

を基本方針としています。

無理な場合は、残念ながら抜くこともあります。判断基準とする項目には、次のような事があります。

1 治療開始年齢
2 顎と歯のサイズのバランス
3 遺伝的骨格状態
4 歯の周囲の筋肉の状態
5 歯ならびへの希望

▲矯正歯科のTOPへ

矯正治療の流れ

1.診査・診断

矯正治療の流れ

レントゲン・歯型・口腔内・顔の写真などで、使用する装置、抜歯の必要の有無、治療期間などを決定します。

2.歯の移動・顎の成長の調整

歯の移動・顎の成長の調整

矯正装置をつけて、歯並びを改善、また顎の大きさなどを調整します。

3.装置の除去と保定開始

装置の除去と保定開始

歯並びが改善したら、矯正装置をはずして、歯並びが後戻りしないように保定装置を別途装着します。

4.定期検診・観察

定期検診

検診で歯並びが後戻りしていないか、またむし歯になっていないかなどをチェックします。

※一般的な内容になっています。
患者さんの状態により、治療の流れや時間が多少ことなります。

▲矯正歯科のTOPへ

矯正装置の種類

1.とりはずし式の装置

○プレート(拡大床)

とりはずし式の装置

顎を大きく広げるための装置です。
患者さん自身が取り外しをしたり、拡大ネジを回転させたりします。

○上顎前方牽引装置・チンキャップ

上顎前方牽引装置・チンキャップのイメージ

上顎全体を前方へ動かしたり上顎の成長を促進したりします。また、下顎の成長発育を抑制するための装置です。

2.固定式の装置

○ブラケット+ワイヤー(金属ブレース)

ブラケットワイヤー(金属ブレース)のイメージ

もっとも代表的な、いわゆるはり金の装置です。ワイヤーの力で個々の歯を動かします。ブラケットは接着剤で歯に固定されているので取り外しはできません。

○セラミックタイプのブラケット(透明な装置)

ブレース(透明な装置)のイメージ

目立たない透明な装置です。

○ホワイトワイヤー(透明な装置に白いワイヤー)

ブレース(透明な装置に白いワイヤー)のイメージ

目立たない透明な装置に加え、白いワイヤーを利用することで、より人目を気にせずに矯正治療を行う事が可能になりました。

○クウォードへリックス・リンガルアーチ

クウォードへリックス・リンガルアーチのイメージ

主に内側から歯を押して必要なスペースを作ります。太いワイヤーの弾力で歯を動かす力を発揮します。

3.マウスピース矯正

マウスピース矯正のイメージ マウスピース矯正のイメージ

透明で目立たない装置です。
装置が目立ちにくいため、人前に出る職業の方でも無理なく矯正することができます。
金属アレルギーの方も装着可能です。

▲矯正歯科のTOPへ

体験者の声

より詳しく患者さんの声を知りたい方は、丸子歯科の矯正相談室へ!

矯正相談室 患者さんの声はこちらへ>>

丸子歯科院長

矯正体験者の声

Aさん

Bさん

▲矯正歯科のTOPへ

矯正中の痛み

歯の矯正は痛そうだから心配という人がほとんどだと思います。
歯列矯正に関しても、どれくらい痛いものなのかと心配されるのも当然です。
矯正は多くの人にとっても未知のものだと思います。

矯正中の痛み

それ故に、「痛そう」「恐そう」という理由で矯正治療をあきらめてしまっている人もいるかと思います。
しかし、多くの人が矯正で歯並びを治しています。特に小学生の場合、ほとんどのお母さんから、『入れて2~3日だけ痛みがありましたが、1週間もしたら全く平気にしています』と言われます。

大人の場合でも、『装置交換後2~3日は、浮いた感じですが1週間位で慣れました』と感想を言われる方が大半です。

矯正治療に痛みが伴うことは否定できませんが、一般的にどのような痛みがどの位出るのかを少しでも理解し、納得していただければ矯正に対するイメージを変えて頂けるかと思います。

それではいくつか装置別に紹介していきたいと思います。
また体験された方の意見もご参考にしてください。

床装置(プレート)で拡大する時の痛み

床装置(プレート)

床装置(プレート)は顎を大きく広げるための装置で、患者さん自身が取り外しを行い、拡大ネジの回転をするものです。
装置を装着して最初の1週間は慣れるためにつけっぱなしにするのですが簡単に外れないようにするために少しきつめに調整してあります。
このとき痛みが出ることもありますが、自然に治っていく場合がほとんどです。
その後、取り外しの仕方、プレートの広げ方に進みます。

拡大ネジを使い、1週間に1回0.25mmずつ装置を横に広げていくのですがこの時顎を大きく広げていくために、歯が押されているような痛みが出ることがあります。

広げて3日後にはほとんどの方が落ち着きます。

歯の装置を装着するために歯と歯の間を広げる時の痛み

スプリング

矯正装置をはめて矯正を始める前に、奥歯の間に「スプリング」といわれるバネのような金属を入れて歯の間を押し広げる段階があります。
この時に歯と歯の間に物がつまる感覚と、歯が押されるような痛みが出ることがあります。

ワイヤーにより歯を動かす時の痛み

ワイヤー

実際に矯正装置を入れるときにも痛みを伴うことがあります。
ワイヤーを歯につける時の痛みはありませんが、ワイヤーをつけ初めのうちは歯が浮いたような違和感が出てくることがあります。
これだけでは痛いというより、わずらわしいという感覚かもしれませんが、口が慣れなくて頬の内側を咬んだり、装置が当たって傷がつき、口内炎ができることもあります。
こんな場合は、3日しても治らなければ調整に来院して下さい。

マウスピースを装着するときの痛み

マウスピース

マウスピース矯正は、動かそうとする歯が圧迫されることによって、痛みや違和感が出ます。そして、動かそうとする歯の周りは少しきつく締め付けられる感じがします。

この感覚は、新しいマウスピースを装着した直後に出ます。
装着後2~3日の間は痛みや違和感が出ることが多く、時間と共に歯が動いてくると慣れてきます。
逆にマウスピースを外すと、今まで歯を動かすためにかかっていた力がなくなるため、動いた歯が元の位置に戻ろうとするため、開放感があります。また食事をする時に少し痛みを感じることがあります。

まとめ

矯正治療には痛みを伴いますが、抜歯や歯の神経を取った時の痛みとは異なり、激しい痛みが続くようなものではありません。また痛みを感じるタイミングはある程度限られています。

人によって感じ方は異なりますが、最初に矯正装置をはめた時から1週間くらいと、ワイヤーを装着してから2、3日は軽度の痛みを感じることがあります。
これは歯が動いているために感じる痛みで、今まで歯を支えていた骨から歯自身が動きはじめ、結果として歯の強度が弱くなっているので、かたい食べ物を食べると痛みを感じたりします。矯正治療中に食事をする際に痛みがある場合は、柔らかい食べ物を食べられることをお勧めします。

痛みに関しては症状も感じ方も人それぞれです。
一言でどのような痛みかと言うことはできませんが、基本的に痛みが治療中ずっと続くものではありません。
装置を調整して治る場合も多くあるため、痛みが強い場合は我慢せずに相談に来てください。

▲矯正歯科のTOPへ

矯正の費用

歯科医院に、歯石取りや虫歯の治療などで通ったことがあるという人は多いかもしれませんが、そのような治療に通うというだけでもそれなりに時間や費用というものはかかります。

歯科の場合には、ただの風邪のように1回診てもらって数日分の薬をもらえば治る、とういうようなものではないだけにどうしても何回かは通って治療を行う事になるのです。

しかし、普通の歯石取りや虫歯の治療などにかかるよりも、矯正治療を行う場合は、もっとも長い期間通院をしなくてはなりません。

しかし、歯科矯正を行って歯並びを良くしたり、咬み合わせを正しくしたりすることは健康面から見ても、美容面から見ても、実に多くのメリットがあります。

一口に「歯科矯正」と言っても、その歯並びにはさまざまな状態があります。
でこぼこ・乱杭歯・八重歯やすきっ歯・出っ歯・受け口・反対咬合などの多くの症状がある上それらが複合的に起こっている人などもいますので、お口の中を診ずに、「いくらかかります」とはっきりした費用を断言することはできません。
しかしメリットから考えると、それだけの治療をする価値がある、ということは言えると思います。

「矯正治療は保険がききますか?」という質問をよく受けます。

歯列矯正料金は、特殊な病気(厚生労働省が認定している2種のみ)がある時の治療以外は健康保険を利用することができません。容姿や審美的な歯列矯正は、いわゆる自由診療となり、料金や費用は本人が全額負担することになります。

歯列矯正は自由診療となりますので、保険が適用されず、歯科医院によって金額が異なります。そのため事前にどのくらいの費用がかかるのかを確かめておいたほうがいいでしょう。

では、丸子歯科での費用をみていきましょう。

丸子歯科での費用

矯正相談料・・・無料
(ただし、虫歯・歯周病チェックのために健康保険内の費用(約2,000円)はかかります)

矯正歯科治療の第一歩は、「患者さんの話を聞くこと」です。

歯並びのどこが気になっているのか、どのような装置を希望しているのかをまず最初にお聞きしています。その上で、矯正治療がどのようなものなのかをご説明し、実際の装置や症例写真、、模型をお見せしています。

お口の中を診せていただき、おおよその治療期間や治療装置ごとの費用のご説明を行っています。より具体的な治療計画(抜歯の有無等)は精密な検査が必要になります。

検査・診断・・・20,000円(1回のみ)(税別)

相談とカウンセリングののち、矯正治療を希望された場合治療を始める前に精密検査を行います。
レントゲン写真で歯根の状態を診たり、歯型を取って歯が並ぶスペースがあるかどうかを判断します。

矯正基本料・・・200,000円(1回のみ)(税別)

矯正治療に対する技術料です。

CT撮影料・・・全体的20,000円(税別)

必要な方のみ撮影する場合があります。

矯正装置料・・・各種装置によって変わります。

矯正装置には、外側にワイヤーをつける固定式装置、小児から矯正を始める多くの場合に使用する取り外し式装置、成人の方で目立ちにくい装置を希望される方に使用するマウスピース式装置の主に3種類の装置を組み合わせて矯正を進めていきます。

管理料について・・・5,000円(1ヶ月ごと)(税別)

矯正治療には基本料金の他に、調整するための「管理料」という費用を支払う必要があります。
ただし1ヶ月間に何度か来院される場合は、その月の最初に来院された時のみお支払い頂きます。
※同月内であれば2回目、3回目の費用はかかりません。

治療費の概算は次のようになります(税別)

検査料・・・20,000円
矯正基本料・・・200,000円
CT撮影料(必要な方のみ)・・・全体的20,000円
矯正装置料⇒詳しくは矯正料金のページをご覧ください。
月ごとの管理料・・・5,000円

医療費控除について

歯列矯正治療では、場合によって所得控除を受けることができます。
ただし見た目をきれいにしたいなど審美目的で治療を受けられた場合は医療費控除が適用されませんのでご注意下さい。
咬み合わせのずれや、食べるときの機能的問題など、健康上の問題を解決するための歯列矯正の場合は、医療費控除の制度が利用できます。

詳しくは医療費控除のページをご覧ください。

▲矯正歯科のTOPへ

痛くない治療
削らない治療
抜かない治療

丸子歯科:Dr求人サイト

丸子歯科:Dr求人サイト

丸子歯科求人専用サイト

愛知県豊田市東梅坪町の丸子歯科では歯科医師・歯科衛生士を募集しています!!  
愛知県豊田市東梅坪町の丸子歯科では歯科医師・歯科衛生士を募集しています!!
PAGETOP