HOME > 知って得する歯の知識 > 「歯科と金属アレルギー」

歯科と金属アレルギー

歯科と金属アレルギー

アレルギー体質、アトピー性体質、
今までに金属アレルギーの経験がある方は
歯科で金属の詰め物、かぶせ物をした場合
次のような症状が出る場合があります。

口の中:舌炎、口内炎、口唇炎
全身:皮膚炎、アトピー性皮膚炎、浮腫性紅斑 など

このような方は、お口の中をチェックさせて頂き、
原因となっている金属を特定し(皮膚科を紹介)
代わりにアレルギー反応を起こさない金属、
または樹脂材料で修復させて頂きます。

<歯科で使われる主な金属>
金(Au)、プラチナ(pt)、パラジウム(pd)、銀(Ag)
チタン(Ti)、亜鉛(Zn)、水銀(Hg)、ニッケル(Ni)
クロム(Cr)、コバルト(Co)、銅(Cu) など

また、アレルギーの原因となる金属は
お口の中だけでなく、アクセサリーや日用品、化粧品、
スポーツ用品、缶飲料など、環境に広く存在するので
日常生活にも注意が必要です。
気になる方は一度ご来院ください。


クロム(Cr)による掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)


亜鉛(Zn)による掌蹠膿疱症
Google+