豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
ブログ
  • HOME »
  • 口臭外来

口臭外来

口臭外来

口臭外来とは

機器の不具合により口臭検査はしばらくの間お休みさせて頂きます。
検査は出来ませんが、口臭対策のお話は今まで通りさせて頂いております。

「自分は口臭があるの?ないの?」
「口臭があるようだけど、原因は何なの?」
「自分の口臭はどうしたら良くなるの?」

そんな思いをお持ちのあなたに、原因、対策を中心にひとりひとりに合った情報を提供させていただきます。
そして人とのコミュニケーションに「笑顔」と「喜び」を感じる人生をもたらすお手伝いをさせていただきたいと思います。

1.口臭について>>

.口臭外来の費用と流れ>>

3.口臭の種類>>

4.口臭検査>>

5.口内乾燥の予防方法>>

6.気になる口臭セルフチェック>>

7.口臭以外のニオイ対策>>

8.口臭検査体験者の声>>

口臭について

水を飲む女性

口臭は病気ではありませんが、自分にとっても相手にとってもとても気になる症状です。
しかし実際の所、明らかに人に不快を与えるもの、自分だけが感じているもの自分では気付かないものなど、程度も様々であり原因も対処もそれぞれの方向から考えていく必要があります。

口臭の種類

口臭の原因

1.口の中の環境

口臭の大半(80%)はプラーク(歯垢)が原因です。歯周病菌が活性化増殖し、不快臭を生じます。(歯周病・虫歯・歯垢・歯石・不適合な冠など)

2.舌苔

体調不良などにより免疫機能の低下を起こし、舌に付着した舌苔により不快臭を生じます。

3.ドライマウス(口腔乾燥)

様々な原因により唾液分泌が低下し口が乾燥した状態になることによって口腔内の細菌が異常繁殖し、不快臭を生じます。

4.便秘

腸の機能低下により、体内発生したガスが血液によって体中に運ばれ、呼気として不快臭を生じます。

5.耳鼻科疾患

鼻炎・副鼻腔炎など鼻腔にたまった膿の不快臭が生じます。
全身的疾患・糖尿病・胃腸病(胃潰瘍)・呼吸器疾患。気管支炎など

6.仮性口臭

第三者が客観的に判断して口臭は認められない場合。
清潔に気を配り、人間関係を大切にする方に多いようです。

7.口臭が出やすい時間・年齢

起床時・空腹時・疲労時・緊張時などで発生しやすくなります。
乳幼児から20代までは出やすい時期です。

対処方法

1.口腔内の清掃

・ブラッシング
就寝前のブラッシングは必須です。「みがいた」ではなく「みがけた」のブラッシングをすることが大切です。

・舌苔のクリーニング
舌専用の清掃器具を用いて行います。
舌の上を押さえつけるのではなく、そーっと奥から前へすべらせて汚れを取ります。
舌苔の量により、口臭の程度も変わります。

・虫歯の治療
虫歯の穴の中には常に食べカスや細菌が存在し、虫歯特有の臭いを発生させます。早めに治療しましょう。

・歯周病の治療
歯周病が進行すると出血・膿・歯石沈着・動揺などお口の中の環境がとても悪くなり、口臭の原因となります。
専門的なクリーニング、歯周病治療を受けましょう。

2.全身的疾患の治療

蓄膿症・呼吸器系疾患の方には、吐気・呼気にすでに臭いがある場合がありますが、口臭が消えない場合は全身的な検査が必要となる場合もあります。

3.うがい、予防のガム

一時的ではありますが、効果があるようです。
殺菌効果のあるうがい薬は、使い続けることによって効果もあがります。

4.食生活の改善

ニンニクなどの匂いが強い食品を常食している場合にも口臭があります。

5.検診時のプロフェッショナルクリーニング

普段自分では、なかなか磨ききれないところは定期的に専門的なクリーニングを受け、いつもすっきりした口の中を保ちましょう。

口臭をセルフチェック!

口 毎食後に歯磨きをしない

口 虫歯があり、食べ物が歯に挟まる

口 胃腸が弱く、お腹を下しやすい

口 歯磨きをすると出血しやすい

口 お口の中が乾燥しやすい

口 舌が白い

口 タバコをよく吸う方である

いくつチェックがありましたか?

気になることや心配事がありましたら何でもご相談してください。

より詳しいことは「口臭外来」をご覧下さい>>

口臭外来の費用と流れ

丸子歯科の口臭外来の流れをご説明します!

初回(1回目)
1回目は口臭検査の相談・問診・注意事項を説明させていただき、ご希望の方には、検査日(2回目)の予約をさせていただきます。

検査日(2回目)
検査日は水曜か金曜の11時、火曜の2時30分から4時(1人)となっております。

費用
オーラルクローマとカウンセリング
口臭検査(自費) 3,000円(税別)

口臭検査の手順

1.シリンジを口にくわえ鼻で呼吸し、お口の中にガスをためてもらいます。

口臭検査の手順1

2.1分後シリンジをひいて、お口の中のガスを採ります。

口臭検査の手順2

3.そのガスを口臭測定器(オーラルクローマ)に注入します。

口臭検査の手順3

4.約20分間でガスの種類や濃度が測定されます。

5.その測定により、成分が分析されます。

6.成分を分析することによってある程度原因がわかります。

7.原因によって口臭対策のご提案をさせていただきます。

口臭対策のご提案

お時間のご都合がよろしければ・・・
8.原因の1つに口腔内の自分では取れない汚れがあるのでクリーニングをさせていただきます。

クリーニング

※口臭検査の結果により以降の治療はご相談させていただきます。

▲口臭外来のTOPへ

口臭の種類

1.生理的な口臭

起床時におこるもの、緊張やストレスを感じた時に生じるもの、空腹時や疲労時におこるもの、生理や妊娠時に生じる口臭等があります。

2.飲食物などからの口臭

ニラ、ニンニク、ねぎ、においの強い物、アルコール等を飲食後に発生するものや、喫煙によって生じる口臭などがあります。

3.口の中に原因がある口臭

虫歯から生じるもの、プラーク(歯垢)から発生するもの、歯周病によっておこるものや、舌の汚れ、唾液減少から生じる口臭などがあります。

4.口以外に原因がある口臭

糖尿病、胃潰瘍、慢性胃炎、蓄膿症、慢性気管支炎などによって口臭が生じることがあります。

5.思い込み口臭

わずかな口臭を自分自身で強く臭うと感じる状態です。
口臭の発生は、ひとつの原因だけでなく複数の要因が重なっている場合がよくあります。

あなたの口臭の原因を調べます!

口臭測定器

当院では「オーラルクローマ」という口臭測定器を利用して、あなた自身の口臭を調べます。口の中にある空気を分析して、科学的にガス濃度を正確に測定することができます。
また、口の中の細菌を顕微鏡検査すると、細菌の種類や動き具合がある程度わかります。

問診や口の中の診査を行い、口臭測定などの検査結果を総合して口臭の原因を調べていきます。
そしてあなたに合った口臭対策の方法をご提案していきます。

▲口臭外来のTOPへ

口臭検査

測定グラフの見方

測定グラフの見方

硫化水素(H2S)が高めの場合

水を飲む女性

舌の表面が汚れていたり、食べ物の残りカスが溜まっていると硫化水素が発生しやすくなります。

対策

  1. 舌のクリーニング
  2. 口の乾燥を予防する
  3. 禁煙
  4. ブレスケア対策グッズ

メチルメルカプタン(CH3SH)が高めの場合

メチルメルカプタンは口の中の細菌から発生し、口臭の原因になります。プラークや歯石がたまったり、歯周病菌が増加したり、歯周病が進行ぎみになるとメチルメルカプタンが発生します。
特に歯周病があると、硫化水素と比較してこのメチルメルカプタンの値が大きく出ます。また舌の汚れから発生することもあります。

対策

  1. 歯周病の治療
  2. ブレスケア対策グッズ

ジメチルサルファイド(CH32S)が高めの場合

ジメチルサルファイドは口臭の原因の1つですが、硫化水素やメチルメルカプタンとは異なり、消化器系や肝臓など、口の中以外の所が原因で発生することが多いです。原因として、常用する内服薬、ニンニク等の食品摂取、便秘、肺や肝臓疾患などが考えられます。

対策

  1. ニラ、ニンニク、ねぎ等は、一時的な口臭の原因になるので注意するとよいでしょう。
  2. 内服薬が影響していることが考えられる場合には、種類を変えてみるとよいかもしれません。ジメチルサルファイドが極端に多く出た場合は、一度内科医に相談してみるのもよいでしょう。

測定結果がすべて(-)だったが、口臭が気になる場合

測定結果が(-)の範囲なので、少なくとも口臭測定時では、「他人が不快に感じるほどの口臭は無い」と言えます。しかし測定結果が(-)でも、自分では口臭を感じることがあります。また、だれにでも普通の生活をしていればわずかな口臭が存在します。特に、起床時、緊張時、空腹時にはやや強くなり、生理的に口臭が最も強くなるのは朝起きた時です。

対策

  1. 歯磨きを行うタイミングを「寝る直前」と「起床直後」にすると効果があります。就寝時に口の中の細菌が活発になるのでこのタイミングでの歯磨きが口臭対策になります。
  2. 起床時や緊張時は、唾液が少なく口の中が乾燥し口臭が発生しやすい状態になります。この時に「水を飲む」と口が潤い唾液も分泌されるため口臭対策になります。また、シュガーレスガムをかむと唾液が分泌され口臭予防になります。
  3. 2~3回測定して結果がいつも(-)になるが、やはり気になる方は、愛知学院大学歯学部附属病院の「口臭外来科」を紹介させていただくこともあります。

▲口臭外来のTOPへ

口内乾燥の予防方法

口の乾燥を予防する?

お口の乾燥を自覚されている方は意外と少なく、乾燥している状態がご自身の日常の普通の状態であるために、口が乾いていると思っておられない方がたくさんいらっしゃいます。

乾燥しているのは、唾液が少ないということです。
1日に分泌される唾液の量は、通常0.5~1.5ℓと言われています。
唾液は体の中の水分です。
それだけの唾液を出すためには、それだけの水分を取り入れないとならないわけです。
それでは、コーヒーやお茶、アルコールを飲むのは水分を取ることになるのでしょうか。

残念ながらそれらは、利尿作用があるために体の水分、唾液にはならず尿として出て行ってしまいます。
一番良いのは、ただのお水を飲むことです。
一度にたくさんは難しいでしょうから、こまめに取ることをお勧めします。

唾液を出す方法

◎よく咬むこと
キシリトールガムのキシリトールは、虫歯にならない甘味料なのでキシリトールガムを咬むことでサラサラ唾液を出すことが出来ます。

◎唾液腺のマッサージ
三大唾液腺である耳下腺、顎下腺、舌下腺をマッサージすることでも唾液がたくさん出ます。
例えば、顎下腺を親指でグルグルと10回ほどマッサージをしましょう。

唾液腺のマッサージ

◎舌を口の中で、左右にグルグル回して舌の体操をすることで舌の周りの筋肉が鍛えられて唾液の分泌を促します。

massage002

右に回して

下に回して

下に回して

左に回して

左に回して

上に回す

上に回す

◎コーヒー・お茶・スポーツ飲料・アルコールを減らし、水をこまめに飲むようにすると体の水分が唾液となって出てきます。

舌のクリーニング

舌の表面には舌乳頭(ぜつにゅうとう)と呼ばれる無数の突起があるため舌苔(ぜったい)と呼ばれる白っぽい蓄積物が溜まりやすく、口臭の原因になることがあります。
1日に1回から1週間に1回程度のクリーニングをお勧めします。
その場合歯ブラシではなく、舌クリーニング専用の舌ブラシを使用してクリーニングされることが望ましいです。
舌ブラシは舌乳頭を痛めずに、クリーニングをするような形状と質になっています。

舌クリーニングの仕方

1.舌を出来るだけ前方に突き出します

2.鏡で舌を見ながら、見える部分まで舌表面にブラシを当てます

3.軽い力でゆっくりと奥から前へ、一方方向へ撫でるように引き出します
2、3回ブラッシングします

奥から

奥から

手前へ

手前へ

4.1日1回か週に1、2回 夜の歯磨きの時にしてください

5.ご使用後は、ブラシや受け皿部をきれいに洗い流して保管してください

注意
力の入れ過ぎと、1日1回以上は使用しないでください。
やり過ぎると舌を傷つけ、逆に炎症を起こし口臭になってしまうこともあります。ご注意ください!!

▲口臭外来のTOPへ

気になる口臭セルフチェック

口臭チェック

加齢などによる口臭、気になることがありますか?

丸子歯科の口臭外来では、口臭検査機で検査をして原因を突き止め、それに応じた適切な処置をしていますが歯科での治療以外にも口臭を減らすことが出来るケアがいくつかあります。

まずはご自身で口臭セルフチェックをしてみてください。

口臭セルフチェック

□ 歯みがきは1日1回しかしない

□ 歯間ブラシやデンタルフロスは使わない

□ 入れ歯の洗浄はあまり使用していない

□ 舌に白っぽい汚れがある

□ 歯ぐきから血が出ることがある

□ 歯の掃除(歯石除去)を長い間していない

□ 歯ぐきを押すと膿のようなものが出るときがある

□ グラグラしている歯がある

□ 口の中が粘っこい

□ 口の中が渇きやすい

□ 治療していない虫歯がたくさんある

□ 鼻が詰まりやすい

□ 朝ごはんを食べない

□ 不規則な生活をしている

□ 睡眠不足である

□ ストレスを感じやすい

□ お酒をよく飲む

□ タバコを吸う

□ にんにくなどのニオイの強い食べ物を好む

□ 栄養ドリンク剤をよく飲む

いかがでしたか?
チェックが多いほど、口臭が発生する確率が高くなります。
チェックの多い方は、もしかしたら口臭があるかもしれません。
検査では口臭の有無とその原因を調べることができます。
正しいケアを行うために、まずは口臭の原因を知ることが肝心です。
そして一つずつ解決していくお手伝いをさせて頂きます。
気になる方は一度ご来院して頂いて、ご相談ください。

▲口臭外来のTOPへ

口臭以外のニオイ対策

気になる口臭

自分のニオイや他人のニオイが気になる事はありませんか?

体のニオイは生活習慣を改善するだけで、改善することもあります。
それには体の外面からと、内面からの二つのアプローチが必要です。
体臭を予防するには、体をキレイにするのは当たり前ですが体から出るニオイ自体を減らす事で予防になります。

1.積極的に摂りたい食べ物と避けたい食べ物

~体臭の原因になりやすい食べ物~

  • 動物性たんぱく質、乳製品
  • ニオイの強い食べ物
  • 極端に辛い物
  • 脂っこい食べ物

~予防になる食べ物~<野菜中心の食生活に!>

  • ビタミンA:海藻類、パセリ、人参、かぼちゃなど
  • ビタミンB2:うなぎ、レバー、たらこ、納豆など
  • ビタミンE:小麦麦芽、植物油、種実類など

その他、腸内を整える食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、しじみなど

2.生活習慣を改善して体臭予防

生活習慣病の原因として知られる乱れた生活は、悪いものが溜まりやすくなり便秘や体臭の原因となります。
体臭が強くなったなと感じた場合は、生活習慣の見直しをしましょう。

  • 不規則な食生活や、インスタント食品など偏った内容を改善
  • ストレスをためない
  • 適度な運動で汗を流す
  • 適度な睡眠
  • タバコや飲酒の量を減らす

3.全身疾患

全身疾患が原因で体臭が出る可能性もあります。
病気により、ニオイの特徴も変わってきます。

  • 胃炎や胃潰瘍など胃腸の悪い方・・・硫黄臭(腐った卵のニオイ)
  • 糖尿病・・・甘酸っぱいニオイ
  • 肝機能低下・・・カビ臭
  • 蓄膿症、扁桃腺・・・腐った肉のニオイ
  • 腎機能低下・・・アンモニア臭

4.お風呂で気をつけるポイント

  • 人は寝ている時に大量の汗をかきます。この寝汗が体臭の原因になるので時間がある方は、朝シャワーをおすすめします。
  • お風呂に5分以上浸かることで、体臭の原因になる「悪い汗」がでて体臭予防になります。出来るだけシャワーで済ませず、お風呂に浸かる習慣をつけましょう。
  • 体を洗うとき強い力でゴシゴシこすらないようにしましょう。
    ニオイが増加する理由のひとつは肌の乾燥です。
    湯船に使って皮膚が柔らかくなっている状態で、強い力でゴシゴシこすってしまうと皮膚にダメージを与えてしまい、かえって体臭の原因になります。
    出来るだけ、お湯とタオル中心にして、柔らかい素材のもので洗うのがおすすめです。
  • 市販のもので体臭を予防する石鹸(柿シブ)なども販売してますので利用してみましょう。

5.こまめな体臭予防

  • 汗を濡れたタオルでこまめに拭きましょう。
    濃度の違いはありますが、汗と尿の成分はほとんど差がありません。
    汗を流した後は素早く拭くようにしましょう。
    洗濯時には、少し長く漂白剤につけると、(1時間くらい)残りづらいです。
  • 毎日同じ靴を履かないようにしましょう。蒸れたまま乾かないうちに次の日に履くと、足も靴も靴下もニオイがどんどんひどくなってしまいます。2~3足でローテーションするなどの工夫をしましょう。

6.加齢臭

加齢によって腸内のバランスが変わったり、皮脂腺の酸化が進んできます。
また、肥満や疲労でアンモニアを分解する肝機能が低下します(疲労臭)
中高年の体臭は体の中に原因があることが多いようです。

7.その他

体臭を減らす作用のあるサプリメント(シャンピニオンなど)やお茶(なた豆茶など)を摂取する。

▲口臭外来のTOPへ

口臭検査体験者の声 1

当院で口臭検査をされた患者さんの声です。

口臭検査体験者の声 1 50歳代 女性

平成4年
2月17日(当時30代)
歯の裏の汚れを取りたい(歯石とタバコのヤニ)
歯茎が下がっている
時々冷たいものがしみる

平成21年12月
歯周病治療を開始

平成22年4月
タバコをやめた。口臭が気になるので検査希望。

平成23年3月23日
タバコをやめて1年くらいになる。話をしていると口を手で覆われる。
サプリメントを飲んでいる。口の中はネバネバしている。
水分を取らない。歯間ブラシはしている。

検査結果 (-、-、+)
食べ物、薬や内科疾患など、何らかの理由でやや口臭が発生しています。

タバコを吸っている間は免疫力も上がらず、歯周病や内科的にも口臭の原因が多かったが、禁煙をして1年位になると免疫力も上がり、いろんな所に良い効果が出てきました。
あとは水分をこまめに取ること、サプリメントを変えてみること、相手の態度を気にしないようにすることをオススメしました。

1.治療をおこなう前にはどんな悩みや不安がありましたか。または何か対策はしていましたか。

友達と会話する時のしぐさで自分の口臭がひどいと思っていた。
いつも洗口剤をつかっていた。
口臭検査はとても自信がつきましたし、参考になりました。
もっとはやくから歯を大切にすればよかったと後悔しています。

2.治療前に症状があった場合はその前後で変化はありますか。

臭いは     ⇒歯茎からの臭いもなくなった気がします。
ねばつき感は  唾液がネバネバしていた⇒今はなくなった
出血は     歯みがきしている時に時々出血していた⇒今はなし
家族からは   ⇒口臭を気にしていることを知らなかったようだが口臭はないといってくれました。

3.口臭治療中のつらさはどの程度ですか。

歯みがきは、歯間ブラシ・通常ハブラシ・フロスで力を入れずに起床時と毎食後にしっかりみがいている。歯科でクリーニングも忘れずに。
対人恐怖症になるくらい気になっていました。(会話をすることができない)

4.治療後のご感想をお聞かせください
まだまだ、まったく口臭なしとはいえないと思いますが、あまり神経質にならずに歯みがきをしっかりみがけたと思うみがきを心がけています。
丸子歯科の先生、スタッフのみなさまのアドバイスが心強いです。
これからもしっかりお口の中をきれいにしていきたいと思っています。

▲口臭外来のTOPへ

口臭検査体験者の声 2

当院で口臭検査をされた患者さんの声です。

口臭検査体験者の声 2 60代女性

平成24年4月17日
ご主人とお孫さんに口臭を指摘され、口臭外来に来院。
仕事で接客することが多く、顕微鏡にてお口の中の菌を確認。
菌の量が多い事を確認した。

5月2日 口臭検査当日
前日から食事に気をつけてもらい、当日の朝は歯磨きをしない状態で検査をした。
結果は、全体的に数値が高く出た。

口臭検査体験者case002

※黄色い値が、他人が臭いを感じるかどうかの境目

6月1日
口臭の原因となる可能性があるものを、ひとつづつ相談したり、治療をして自宅でもやれることをやって頂く。
まずは、歯周病を治療するため、医院でのクリーニングで歯周病菌を減らしていく。
自宅では口臭予防用歯磨き粉を使用することになった。

7月23日
当院でのクリーニング、自宅でのセルフケアを約2ヶ月頑張って続けていたが、まだ人より口臭があると、指摘を受けたとのこと。
話をしていると、口臭はかなり減っているように感じたが徹底的に無くしたいとの事だったので、内服薬の併用をはじめた。
自宅では、歯間ブラシを使用してもらうよう、使用方法を確認した。

8月6日 再度口臭検査
結果は

再度口臭検査の結果

全体的に、数値がかなり減った。話をしていても、ほとんど臭いを感じなくなった。
本人に指摘をしていたご家族からも、「口臭がなくなった!」と喜びの報告をいただいた。

患者さんアンケートcase002

1.治療をおこなう前にはどんな悩みや不安がありましたか。また、何か対策はしていましたか。

口臭を強く子供、主人に数年前から言われていました。
シャンピニオン(市販の口臭薬)を2,3回いろいろかえてみました。
最終的には丸子さんのおせわになりました。

2.治療前に症状があった場合は、その前後で変化はありますか

臭いは:     ありました
ねばつき感は:  なかった
出血は:     ありました
家族からは:   うるさく言われました

3.治療中のつらさはどの程度ですか

薬を飲むだけですから気にならないです。

4.治療後のご感想をお聞かせください。

丸子さんに来てよかったです。

▲口臭外来のTOPへ

口臭検査体験者の声 3

当院で口臭検査をされた患者さんの声です。

口臭検査体験者の声 3 60代女性

平成25年8月7日
口臭が少し気になり、原因と治療方法が知りたいと口臭外来に来院
歯全体のX線写真を撮影

9月13日 口臭検査当日
当日の朝は歯磨きをせずに来院してもらい検査をした。
結果は(+++)

口臭検査の結果003

※黄色い値が、他人が臭いを感じるかどうかの境目

口臭の原因の説明と治療法を相談。
生活習慣・食生活・歯磨きの相談をし、歯周病治療のため当院でクリーニングをしていく。
唾液減少もあるので、その対処法も提案した。

10月9日
臭いのキツイ物、甘い物を食べないように気をつけたら胃の調子が良くなり薬を飲まなくても大丈夫になった、とのこと。
薬の副作用も口臭の原因となる可能性があると伝え、当院でのクリーニングを続けていく。

11月8日
食べ物を気をつけるようになったら、口臭がそんなに気にならなくなった、とのこと。
歯磨きを1日の中でいつでも良いので、ゆっくり優しくやってもらうよう伝えた。

平成26年2月3日
当院での3ヶ月ごとの検診とクリーニングを続けてもらい、自宅でのセルフケアで、口腔乾燥・口臭が気にならなくなった。

患者さんアンケート003

1.治療をおこなう前にはどんな不安や悩みがありましたかまた何か対策はしていましたか。

口臭がありました。

2.治療前に症状があった場合はその前後で変化はありますか

臭いは     ありました→ ほとんどなくなりました
ねばつき感は  ありました→ 毎日10分のブラッシングをしている
ほとんどなくなりました

出血は     なし
家族からは   口臭があると言われました→ 家族も喜んでくれてます

3.ブレス(口臭)治療中のつらさはどの程度ですか

ほとんど感じません

4.治療後のご感想をお聞かせください

知人と食事やお茶をするのが楽しくなり、自分からすすんでさそうようになりました

▲口臭外来のTOPへ

痛くない治療
削らない治療
抜かない治療

丸子歯科:Dr求人サイト

丸子歯科:Dr求人サイト

丸子歯科求人専用サイト

愛知県豊田市東梅坪町の丸子歯科では歯科医師・歯科衛生士を募集しています!!  
愛知県豊田市東梅坪町の丸子歯科では歯科医師・歯科衛生士を募集しています!!
PAGETOP