HOME > 知って得する歯の知識 > 「ケガの時の対応」について

歯のケガの時の対応

歯のケガの時の対応(脱落した時)

転んだ、人とぶつかった・・・などで、
歯が抜けてしまった時、どうしたら良いかご存知ですか?

抜けた歯を救う最も良い方法は、まず自分で元の場所に戻してみることです。
その時地面に落ちた歯は、水道水で洗ってから戻します。
しかし、水道水での洗い過ぎには注意しましょう。
なぜなら水道水に長時間歯を着けると、歯根膜が死んでしまうからです、
洗うのは30秒以内にしましょう。

もし抜けた歯を戻せない場合は、口の中に入れて乾燥しないようにしましょう。
ただし飲み込んでしまわないように注意してください。
歯を、唇と歯ぐきの間に入れておくと飲み込む心配がありません。
すぐに牛乳が手に入るなら、牛乳の中に入れて下さい。
そしてできるだけ早く歯医者さんに行きましょう(30分以内がベストです)

 水道水で洗う(30秒以内)
      
 牛乳の中に入れる又はほっぺの内側に入れる
             
すぐに歯医者さんに行く
Google+