豊田市・みよし市の歯医者、丸子歯科ではなるべく痛くない、削らない、抜かない治療を実践しあなたの歯の健康をサポートする医院を目指しています。
ブログ
  • HOME »
  • 小児矯正歯科

小児矯正歯科

小児矯正歯科

丸子歯科院長

矯正に関する疑問にお答えする矯正専門サイトです。

↑詳しくはこちらをクリックしてください。

皆さんからの疑問にお答えしていく、丸子歯科の矯正相談専門サイトが出来ました。
より詳しく矯正について知りたい方は、院長の顔写真をクリックしてください。

子供の笑顔

お子様の永久歯が裏側から出てきたり、ねじれた状態で萌出するとお母さん方はとても心配そうな表情で相談に来院されます。

「こんな所に歯が出てきてしまいました」
「乳歯をすぐに抜かないとダメですよね?」

こんな感じの質問を毎日のように聞いています。
この様なときに、すぐに治療に入ったほうが良いときもありますが何もしなくても改善していく場合もよくあります。

どんな状態の時にどんな対応をしたら良いのかをお母さん方が判断することは極めて困難だと思います。
このサイトには、おおよその目安が書いてありますので参考にして下さい。
でもよくわからないことや不安なこともあると思います。
そんな時は迷わず来院して下さい。
治療の必要性、開始するタイミング、日常生活で注意することなどきちんとアドバイスをさせていただきます。

1.小児矯正とは>>

2.小児矯正の時期>>

3.矯正期間の目安>>

4.保護者の方へ>>

5.出来るだけ歯を抜かない矯正治療>>

小児矯正とは

小児矯正が向いている方

こんな方にオススメ

  • 子どもの受け口、出っ歯を治したい
  • 歯並びがコンプレックスにならないようにしてあげたい
  • 将来むし歯や歯周病になるリスクを減らしたい
  • 将来人前に立つ仕事をさせてあげたい

長所

  • キレイな歯並びに仕上がる
  • 歯並びが悪く生えてくる歯を減らす
  • 顎の曲がりの程度を減らす
  • 手術の必要性が減る
  • 抜歯の可能性が減る
  • 中学生以上の時に装置をつける期間が短くて済む
  • 歯や顎への負担を減らすことができる
  • 歯並びにコンプレックスを感じることを未然に防ぐ

短所

  • 全体的な治療期間が長くなることが多い
  • 矯正期間中、一時的に歯並びが悪くなることもある
  • 大人になってから再度矯正が必要になることがある
  • お子さんと親御さんの治療意欲次第で結果に差が出る
  • きちんとブラッシングしないと、虫歯になりやすい
  • 歯根吸収が起こる場合がある

歯並びが気になる方へ

「永久歯が変な位置に生えてきたけど歯並び大丈夫かしら?」
「前歯のすき間があいてるけど閉じるかしら?」
「生えたての永久歯の歯並びがガタガタだけどこのままにしてもいいんだろうか?」

などと思われていませんか?
お子さんの永久歯が生えてすぐの時は、歯並びが気になりますよね。

1)何もしなくても改善する場合
2)すぐに対応した方が良い場合
3)そのまましばらく経過観察した方が良い場合
4)タイミングを見て矯正した方が良い場合

があります。このページでいくつか例を挙げますのでご参考にしてください。

何もしなくても改善するケース

《例1》乳歯が抜ける前に、後ろから永久歯が生えてきた場合

乳歯が抜ける前に、後ろから永久歯が生えてきた場合

乳歯を抜かないで自然に抜けるのを待ってもこの様にきれいに並びました。
永久歯が並ぶスペースがあれば自然に抜けるまで待っても舌の押し出す力できれいに並ぶことはよくあります。
ただ、生えるペースが狭いときれいに並ばない場合もあります。

《例2》正面の歯と歯の間にすき間がある場合

正面の歯と歯の間にすき間がある場合

正面の歯にすき間がある場合、糸切り歯が生えてくるまで様子をみても良い場合が多く矯正をしなくても閉じることがよくあります。
すき間が大きい場合(5mm以上)や個々の歯がねじれていたり、ガタガタしている場合は矯正が必要です。

矯正が必要なケース

《例3》永久歯が生えてきたがガタガタの歯並びの場合

永久歯が生えてきたがガタガタの歯並びの場合

この場合は自然と歯並びがきれいに揃うことは難しく、矯正が必要になります。
矯正をする場合、上下の前歯が4本ずつ永久歯に生え変わった時期に相談させていただきます。
それまでは定期検診などで経過をみていきます。

《例4》永久歯がねじれて生えてきた場合

永久歯がねじれて生えてきた場合

何をしてなくてもやや改善する場合もありますが、生えるスペースが足りなくとなりの歯と前後に重なっている場合や60度以上ねじれている場合は自然に治ることは難しく、矯正しないときれいにならないことが多いです。

▲小児矯正歯科のTOPへ

小児矯正の時期

小児矯正

小児矯正は早いうちから・・・

歯並びがご心配な場合「いつから矯正を始めたらいいでしょうか?」という質問をよく受けます。
出っ歯や受け口など、顎の成長を利用して歯並び治療を行う治療もあります。そのため顎がほぼ発達してしまっている中学生から治療を始める場合は遅いです。

また歯並びに問題がある、もしくは永久歯が生えてくる際に悪影響を与える可能性がある場合は、永久歯が生えてくる前の段階から矯正治療を行います。これはしっかりとした土台を形成するためで、土台がしっかりしていれば永久歯も正常に生えてきます。

患者さんによってどのタイミングで治療を始めるべきかが異なります。

お子様の場合できるだけ早く治療を始めたほうがいい方もいれば、永久歯が生えそろってから治療を始めたほうがいい場合もありますので、ご心配な方は一度お気軽にご相談下さい。

年齢ごとの矯正治療の目安

個人により年齢に若干のずれがあります。

第1ステージ(5~8才)

  • 指しゃぶり、爪咬み
  • 舌癖(舌の突出)、口呼吸
  • 下顎前突(受け口)
  • 奥歯のクロスバイト(反対咬合)
  • 萌出位置の著しい変位や著しいねじれ

第2ステージ(8~11才)
とりはず式装置を使用して顎骨の成長コントロール

  • 上下の前歯4本萌出した時点で顎骨のスペース不足がある時
  • 上顎前突(出っ歯)
  • 前歯部の位置異常

第3ステージ(10~成人)
固定式装置を利用して本格的矯正治療

  • 奥歯の位置異常
  • 個々の歯の位置異常やねじれ
  • 歯の間のすき間(すきっ歯)

第4ステージ(12、13才以降)
動的移動終了後約3年間

  • 移動した歯の位置安定(保定)
第1ステージ(5~8才)

下顎前突(受け口)は5~7才くらいで矯正をスタートした方が良い場合が多く、前歯の永久歯が生えてきたらご相談下さい。
また奥歯(6才臼歯)の咬み合わせが反対の場合も5~7才で矯正した方が良い場合が大半です。
また、萌出位置の著しい変位とは永久歯のねじれが60度以上あり、咬み合わせのずれの原因になってしまっている場合です。
この場合も早めにご相談下さい。

第2ステージ(8~11才)

とりはずし式の装置を使って矯正する場合、上下前歯4本が萌出した時に矯正の相談をさせていただきます。
永久歯が生えるスペースが足りなくて歯並びがガタガタしている場合や、上顎前突(出っ歯)の場合はこのタイミングでスタートすることが多いです。
特に、永久歯同士が重なって生えてきた場合は上の前歯4本がみえてきたら早めにご相談下さい。

第3ステージ(10~15才)(~成人)

わずかなねじれやズレ、隙間がある場合や、咬み合わせが深いケースでは、犬歯(糸切り歯)の萌えた頃に相談さえて頂くことが多いです。
また、歯並びのガタガタが激しい場合にも、1~2本抜いてこの時期からの開始です。

▲小児矯正歯科のTOPへ

矯正期間の目安

1.第1ステージから開始した場合の期間

5~8才の早い年齢で開始する第1ステージでは、主に反対になっている咬み合わせ(受け口)を一旦正常に戻すことが主な目的です。
それだけなら、期間は半年から1~2年で終わりますが、その後の経過によっては更に期間が延びることもあります。

2.第2ステージから開始した場合の期間

8~11才(主に小学3~4年生)から開始する第2ステージでは、骨の成長期を利用して、顎の骨を拡げることが目的です。

顎の骨は、装置を正しく使って頂ければ約1mm/月、拡がります。ですから、仮に10mm顎の骨を拡げようと思えば期間は約1年かかります。
必要な顎の骨の拡大量によって期間は1年~3年と幅があります。

上記の目的を達成して、矯正終了(経過観察)となることもありますし、細かい仕上げのために第3ステージに進むこともあります。

3.第3ステージから開始した場合の期間

乳歯列から永久歯列に本格的に移行する時期(小学5年生くらいから)に開始するのが第3ステージです。
基本的には全ての永久歯が揃うまで診ていきます。(中学1~3年生くらいまで)

そのため、なかには小学5年生くらいから中学3年生くらいまで矯正装置がついているお子さんもおられますが、実際にはそれより短い(平均2~3年)場合も多いです。
また、永久歯が全て揃わなくても、歯並びが十分に良くなればそこで装置を外せる場合もかなりあります。

4.矯正期間のまとめ

第1ステージから第3ステージまで、いつから開始が必要か、によって期間は変わります。
以下、よくあるケースです。(平均的な年数)

・第1ステージのみ→半年~1~2年
・第2ステージのみ→1~2年
・第3ステージのみ→2~3年
・第2ステージ+第3ステージ→4~5年

・保定期間(歯が動かないようにする装置を入れる期間)→2~3年

▲小児矯正歯科のTOPへ

保護者の方へ

保護者の方への注意事項

  1. 上下前歯が4本出そろう時期はかなり個人差がありますが、一般的には8~10才位のことが大半です。
    歯を抜かずに矯正を希望される方は、必ずこの時期に確認の来院をお願いします。
  2. 矯正治療を行うタイミングは技術的には早ければいつでも可能ですが、早く始めると治療期間がとても長くなってしまいます。
    スタートのタイミングは早すぎても遅すぎてもよい結果に結びつきませんので、1人1人ベストなタイミングをご相談させていただいております。
  3. ここまで説明させていただいたことはあくまでも一般的な場合です。
    個別に色々な要因がありますので、必ず3~6ヶ月ごとの定期検診をおすすめします。

▲小児矯正歯科のTOPへ

出来るだけ歯を抜かない矯正治療

「歯を矯正するには、抜歯しないといけないと言われた。歯を抜かないで治療はできないの?」
患者さんからはよくこんなご相談を受けます。

確かに歯科矯正治療では、歯をきれいな位置に並べていく治療なので並べる部分が無い場合、歯を抜いて並べる場所を作ることが必要になってきます。
しかし、だれでも健康な歯を抜くのは嫌なもので、出来たら抜きたくない人がほとんどでしょう。

そこで丸子歯科では、しっかりと事前に診断を行い、治療計画を綿密に立て、特に成長発育期の小児の場合は顎を広げることによって抜歯をできるだけしなくて済むように努めています。

一般的に抜歯が必要になる割合は大学病院の矯正科では7~8割くらいと言われておりますが丸子歯科では小児期より矯正治療を開始した場合、抜歯に至るケースを約2割くらいに減らすことに成功しております。

しかし、矯正治療の目的は多くの患者さんにとっては正しい咬み合わせとなり、バランスのとれた顔つきになることです。
歯を抜かないことを優先するがあまり、歯はきれいに並んだが、しかし、口元や顔つきのバランスが悪くなってしまっては、本来の治療の目的を達成できません。
患者さんのご希望や口元のバランスによっては抜歯を行った方が好ましい結果を得られることもありますので、抜歯をするかしないかについてはよくご相談させていただいております。

開始時期によって矯正治療の方法(抜歯するかしないか)は変わってきます

同じような歯並びの状態でも、矯正治療を開始する時期によって抜歯する場合と抜歯しないで出来る場合があります。
およそ小学校半ば(8~9歳)までにご相談いただくと、顎の成長教育を調整することによって抜歯せずに治療できることも多いです。
そのため歯並びが心配な場合は、その時期(小学校3年生ごろ)までの定期検診を強くお勧めします。
治療開始の時期が遅くなってしまったために、抜歯の治療となるのは出来れば避けたいと考えています。

なぜ歯を抜く場合があるの?

中には抜歯をした方が好ましい結果を得られる場合もあります。
虫歯でもない健康な歯をなぜ抜かなければいけないのでしょう。それは、主に受け口や出っ歯などを改善させるために出過ぎた前歯を後ろに移動するための空間を確保するためであったり、奥歯を後方に動かすのが難しい場合です。
特に、顎の骨がすっかり成長してしまった成人の場合には顎を広げる治療が無理なので抜歯が必要になってしまうことが多くなります。この場合の抜歯は、例えば5人掛けの椅子にはどんなに詰めても6人は座れないので1人が席を譲らなければバランスがとれない、というような状態に似ています。

このとき抜く対象となる主な歯は、前歯から数えて4番目か5番目の歯になることが多いです。
この歯が選択される理由としては、咀嚼に影響が少ないこと、前歯を動かしやすい場所にあって日本人に多い八重歯のとなりに位置していることなどがその理由です。

誰だって健康な歯を抜きたいなどという気はないでしょう。
治療する歯科医師にとってもそれは同じ事です。
丸子歯科では、なるべく削らない・抜かない治療を心がけていますので矯正歯科治療でもそれは同じ事だと考えています。
そのため、歯を抜くか抜かないかについては、患者さんのご要望をお聞きした上で慎重に検討させていただいております。

▲小児矯正歯科のTOPへ

痛くない治療
削らない治療
抜かない治療

丸子歯科:Dr求人サイト

丸子歯科:Dr求人サイト

丸子歯科求人専用サイト

愛知県豊田市東梅坪町の丸子歯科では歯科医師・歯科衛生士を募集しています!!  
愛知県豊田市東梅坪町の丸子歯科では歯科医師・歯科衛生士を募集しています!!
PAGETOP