HOME > 知って得する歯の知識 > 「3Mix法」について

3Mix法について

3Mix法について

3Mix法は最近マスコミで取り上げられたこともあり、
問合せを頂いたり、来院時に希望される方もおられます。
内容をご存知ない方も多いと思いますので、ご紹介させていただきます。

3Mix法とは、3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で
歯の中の病原菌を殺菌・無菌化する方法です。

メリットは
1.感染した歯の部分を殺菌し、削る量を最小限にする
2.神経をとらずに残せる可能性が増える
3.歯の根の奥深くまで入り込んだ細菌を殺菌できる

虫歯を起こす菌は多くの種類があり、それらの菌を殺菌するためには
複数の抗生物質を使用することが必要です。

普通虫歯の治療では、虫歯の菌に感染してしまった歯の部分を
完全に取り除いて治療しますが、神経にまで感染が及んでいる場合
感染している部分を全て除去すると神経が出てしまいます。
そのため、神経を残すことは従来の方法では出来ませんでした。


しかし、3Mix法を応用すれば、細菌感染している歯の部分の細菌を殺菌し
削らず残すことが出来ます。
そのため神経をとらずに済むことが出来るわけです。

               
写真は実際に使用している抗菌薬です。

これらの薬を混和して、感染した歯の部分に使用します。
神経ギリギリのところに薬を置き、上からセメントで密封します。
これにより、(図を参照)神経に近い部分の菌が殺菌され、神経を残ることができます。
  
丸子歯科では「なるべく神経は抜かない、歯はなるべく削らない」方針をとっているため
この方法を必要で有効な場合には使用するようにしています。

「なるべく削らない治療」詳しくはこちら>>
Google+